その他ひとりごつ。

ご無沙汰しておりました&お知らせ

なんと、9か月ぶりの更新になります。
その間も、信じられないことに、日平均で100ほどのアクセスを頂いておりました。
ほぼ閉鎖に近い当ブログにご訪問下さった皆様、
心からお礼申し上げます。

以下、その空白の9か月間についてのご報告とお知らせです。
興味のある方はどうぞ・・。

続きを読む "ご無沙汰しておりました&お知らせ"

| | コメント (8)

大人書き(9か月分の活動報告!?)

前回の投稿からずいぶんを時間が経ってしまいました。
なんと、年が明け、2012年も半分が過ぎてしまっているではないですか!

その間のことを「大人買い」ならぬ、「大人書き」で纏めておきたいと思います。
(その間、こちらへ訪問して下さった方、本当にありがとうございます。
&更新が滞っていたことをお詫びします・・m(_ _)m)

ピアノは続けているのか!?
ハイ。もちろん続けております!
相変わらず、2人の先生のもとでレッスンを続けております。

前記事「グレード試験を終えて」の結果はいかに!?
ハイ。落ちましたです。もう遠い過去のことですが・・。
ピアノ道は決して易くない道デス。

あれから9カ月間、何してたの?
[新先生の下で]
2011年12月:
グレード試験の後、クリスマスコンサート@先生宅に参加しました。
大人だけのミニ発表会です。
2011年は大人の生徒さんが大幅に増え、緊張感が数倍に跳ね上がりました。
私は、ブラームスの「間奏曲op118-2」を弾きました。出来は相変わらず30点くらいですた・・。

2012年4月:
今度は子供も含めた教室全体の発表会に参加しました。
私は、ドビュッシーの「ベルガマスク組曲から前奏曲」を弾きました。
ドビュッシーはこれまで何曲か弾いてますが、キレイなんだけど、やっぱりわかりにくい・・。
あんまり好きな作曲家じゃないなぁー。
ちなみに、大人の部に交じって登場した中3男子の「革命のエチュード」が
別格でうますぎますた!あれは、反則ですよ。
でも、男性の弾く革命はホントかっこよかったですーー。

その後~現在:
またグレード試験に挑戦するか、という話にもなりましたが、
諸事情あって今年は試験は見送ることにしました。
その代わり、持ち歌ならぬ、持ち曲を増やすということで、

・メンデルスゾーンの無言歌から「op.19-1」
・ショパン「スケルツォ2番」

をレッスン中です。

[NY先生のもとで]
NY先生のもとでは、発表会や試験はないので、これまでと同じぺースで持ち曲増やし(?)です。
前記事の「シューベルト即興曲」以降、挑戦してきたのは・・、

・先生自作の曲(バッハっぽいバロック的曲調の曲)(済)
・シューマン「ノヴェレッテン作品21の第1番」(済)
・バッハ「イタリア協奏曲全楽章」(1,2楽章=>済、3楽章=>レッスン中)
・ラフマニノフ「前奏曲Op.23-6」(レッスン中)

です。
今現在、ラフマニノフと"かなり"悪戦苦闘中です。
曲に聞こえるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです・・。

その他
飼い犬が大人になりました。
私が練習を始めると、私の足元に移動してねそべってくれます。
(たまに、ペダルワークの邪魔になりますが、かわいさ100倍デスheart04
Pianostyle20120712_1

いつも私のトンデモ演奏を聞かせてしまってゴメンよー。
Pianostyle20120712_2


以上、大人書き近況報告でした。
次の更新はいつになるかな?coldsweats01

| | コメント (2)

グレード試験を終えて

またご無沙汰してしまいました。

実は昨日、グレード試験を受けてきました。
手ごたえはまったくなし。
練習段階から、
「ここは絶対に外しちゃいけない」
と先生にも何度も言われ、自分でも注意してきたところを、
見事に外し、不協和音連発。(もちろん弾き直しも)
それで、頭真っ白→投げやりになってしまい、
とにかく雑な演奏に終始・・。

と、試験や発表会の後はいつもこんな記事ばかりですみません・・。

----

ここで、はたと気がついた。
いまさらだけど、やっぱりこれが私の実力なんだなぁ、と。

ミスしちゃいけないところで、大ミス。これも実力。
練習不足もしかり、集中力不足もしかり。
「絶対ミスしない!」という強い意志が足りないこともしかり。

テクニックで追いつかない部分は、年齢もあるし、ある程度致し方ないとしても、
練習不足だったり、集中力不足だったりは、年齢関係なく克服できるものでは?
と思うのだけど、それも足りていないってことは、要は意志が弱いんだろうなぁ・・。
意志が弱いのも「実力」と割り切ってしまいそうな自分がいて、嫌になってしまいます。

家では「電子ピアノ」という人の素晴らしい演奏を聴き、
「電子ピアノ」を言い訳にできないこともまざまざと見せつけられた今回の試験。

これもいまさらだけど、「試験」を通じていろいろなことに気づかされました。
本当に勉強になりますなぁ。(結果より、経過です!!←またもや言い訳・・orz)
受験料+レッスン室レンタル+追加レッスン
など、結構な出費になったけれど、それなりのリターンはあったと思う(と信じたい)
万年素人ピアニストなのでした。

-----

2か月後のクリスマス会@新先生の曲はブラームスの間奏曲にしました。
(この曲、いつか人前で弾きたかったのでnote
NY先生とのレッスンのことは、新先生には相変わらずヒミツにしてあるので、
初回レッスンでいきなりフツーに弾いてしまったら驚かれるかな(笑

| | コメント (2)

旅行と来年の発表会の話

また更新をさぼってしまいました。
ちょっくら旅行に行っておりました。
行き先は、「キューバ」です。

6

なぜ、キューバ???
友人は皆そう聞きます。
答えは、「単なる家人の趣味」です。
私は拉致られただけです。

キューバはとってもミステリアスな国でした。
私が50年前に生まれていたら、懐かしい!!と思えるような国でした。
クラシックなアメ車がフツーに街を走っておりました。

C5

50年前の革命のヒーロー(チェ・ゲバラ)が、
未だヒーローとして人々に愛されておりました。

29

徹底した社会主義国なので、街に「広告」というものが一切なく、
かえって物足りない感じがしました。
また、アメリカとけんか中なので、アメリカ製品が一切ありませんでした。
マクドナルドはもちろん、コカコーラさえも。

33

一言でいえば、「素朴な国」です。
「古き良き時代のなんとやら」というのかもしれませんが、
ものに溢れる世の中に慣れてしまっている私にはキューバはやっぱりムリっ。

-----

さて、久々の新先生のレッスンにて、早くも来春の発表会の話が出てきました。
その前に、「10月のグレード試験」「クリスマスコンサート」の2イベントが
控えているのに、さらにその先の話ですよ。
新先生、イベント多すぎっす。

本題は、先生の子供生徒さんのお話。
大変ピアノの腕がいい、将来を嘱望されている生徒さんがいるのですが、
その子がどうやら、
「私、この間の発表会で大人の人が弾いてたブラームスが弾きたい」
と言ってくれたそうなのです。

えらいぞ!!
そして、しぶいぞ!!

ショパンの曲とかに比べれば、かなりマイナーな曲(ラプソディ#2)でしたが、
彼女の印象に残ったのですかねー。
いや~、嬉しい限りです。

おそらく、というか間違いなく、私より素敵に弾いてしまうのだろうなぁ。
今から彼女のブラームスが楽しみになってきましたnote

して、私は何を弾こうか・・。

| | コメント (2)

試験前なのに。

グレード試験がいよいよ明日に迫りました。

実はここ一週間、あまり練習してません。

正確に言うと、「電子ピアノ」での練習をしていません。
一方、レッスン室を借りての練習は時間をお金が許す限りしてきましたが、
それでも一日10時間とか借りるわけにもいかず、
ほそぼそと一日おきに1時間くらいのペースで借りて練習してきました。

生ピアノで練習すると、家の電子ピアノで弾くのが怖くなります。
今までも発表会前は練習室を借りて練習することがありましたが、
電子ピアノに戻るのが怖いと思うのは今回が初めてです。

今回の曲は、今までのように勢いで弾ききる曲
(ベトベン:テンペスト3楽章、ショパン:ワルツ2番、ブラームス:ラプソディ2番)
とは違い、Andante Cantabileかつ非常にメロディアスな旋律で始まる曲。
タッチやペダリングに非常に気を使うのです。
(自分としては気を使っているつもり・・・)
生ピアノの練習でようやく掴んだ感覚を電子ピアノに戻ることで
「無」にしてしまうような気がして、どうにも弾けない・・。

なので、前日だというのに、家で練習する気はほぼゼロ。
(昼間はレッスン室で練習してきましたよ。さすがに・・)

というわけですので、このまま明日の試験に臨みます!!
かかってこい!!
当たって砕けろ!!

ではなく・・、今のイメージのまま、感じるままに弾いてきます。
審査員の方に

「こんなキレイな曲が世の中にあったのねcatface

と思って頂けるような演奏をしたいと思いますnote

---

ちなみに、試験で使用するピアノはスタンウェイ。
先日、実物を試弾してきました。
やっぱり、スタンウェイはとってもよく響く素敵なピアノですねnotes

| | コメント (4)

あれから3年が経ち・・

前記事と似たようなタイトルですが、中身は無関係です。

先日、ふとピアノを再開して3年が経っていたことに気がつきました。
この3年間を振り返って、思ったほど上達してないな、
というのが正直なところです。
こなした曲数もそれほどでもないし・・・。(敢えてここでは書きません)
再開した頃、3年後にはこの曲を弾けるようになっていたい!
と目標にしていた曲があったわけではありませんが、
もうちょっとショパンの難曲が弾けるようになっていたかったなぁ。

でも、ピアノを通して、この3年間でいろいろな出会いもありましたし、
発表会とか、人前で演奏したり、非日常を経験することもできました。
ピアノは、基本的には毎日練習しなくてはならない趣味ですが、
その練習が苦じゃなく、寧ろ練習時間がなかなかとれないことが苦だと思える自分が
3年前と変わらず、今もここにいる、というのが
自分にとっては、一番の驚きであり収穫だったかも!?

もちろん、これからもピアノは続けていきます!

一方、先日、ちょっと時間があったので、これまでいろいろと励みにさせて頂いてきた、
大人ピアニストの皆さまの近況(ブログ)を改めて拝見したところ・・・、
(参考記事はコチラ

なんと、かなり多くの方が、「ブログ閉鎖」「更新ストップ1年以上」
という状況になっており、とても寂しくなりました・・down
私のブログにもよくコメントを下さっていた方々のブログが、知らない間に、
「リンク先のコンテンツが見つかりません」
となっていると、どうしちゃったのかな・・?と心配になります。

みなさん、ピアノを愛している方ばかりだと思うので、ブログの更新はやめても、
ピアノは続けていらっしゃると信じています。

みなさん、引き続きピアノを楽しんで行きましょうね!

ちなみに、
3年間で一番「マジかよ」的事象といえば、
未だに電子ピアノで練習している自分です!!

グランドほしい!せめてアプライトでもいい!!

その前に、ピアノ可の物件に引っ越したい!!!

以上!
というわけで、今後とも宜しくお願い致します。m(_ _)m

| | コメント (2)

あれから1か月以上が経ち・・・

ほぼ月一のペースになりつつあります。
しかもこの一カ月はいろいろなことがあり過ぎました。
何から書いたらいいか、わからないのですが、
ピアノのブログですので、ピアノの話から・・

グレード受験
新先生のもとで、グレード試験を受けることになりました。
(前記事にも書きましたが、一応再掲です。)
YAMAHAでもなく、ピティナでもなく、PIARAというグレード試験です。
今日まで、完全にYAMAHAのグレードだと信じ切っていたら、
先生にパンフを見せられ、初めて「PIARA」であることがわかりました。
曲は、ストラウスのソナタOp.5-2です。
何といってもマイナーですから。粗も目立たないし。という不純な動機です。
(ちなみに、級はナイショ。)

NY先生、国外に脱出!?
311の大震災の後、日本国民のみならず、日本にいる外国人たちも原発による
放射能に翻弄されていることは周知の通りですが、NY先生がその煽りをうけ、
国外に脱出されてしまいました!(先生の意思ではないです。念のため)
よって、レッスンが2回ほどキャンセルになりました。
一時、NY先生とはお別れか!?と不安になりましたが、無事帰国されて、
先日は久々のレッスンに行ってきました。

そして、この1か月の最大の出来事といえば・・・、

家族が増えました。
といっても、全身毛むくじゃらの「ワン」としか言わない四足歩行の哺乳動物です。
これが、何しろ本当に手のかかること、かかること・・。
私のピアノの練習時間はほぼ全て彼に奪い取られたような状況でして・・、
彼の寝ている時間にどれだけピアノに触れるかが勝負となっている今日この頃であります。

でもね、カワイイんですよnote(親バカ全開でスミマセン。)

3・11当日
一応触れておくと、多くの方がそうであったように私も帰宅難民になりました。
ただ幸い、3時間歩いて帰宅することができ、うちの新入り家族の無事を
確認することができました。
(被災地の方の状況からすれば、本当にとるに足らない出来事で申し訳ありません・・)

----

ここのところ、近況報告ばかりになってしまっていますが、
これからは「犬ネタ」もぼちぼち入れさせて頂きながら、
リアルタイムでの更新を目指したいと思います。

続きを読む "あれから1か月以上が経ち・・・"

| | コメント (0)

ペトルッチに感動!!

こんなサイトがあるなんて、私、今日まで知りませんでした!!

ペトルッチ

こんなサイトがあったら、楽譜買うの、バカバカしくなりますな。
ほぼ、網羅されてますもん。

| | コメント (2)

全社デビュー!?

私の勤めている会社では、「組合報」なるものが配布されており、
その内容はというと、やれ、「給料上げろ」だの「業務量減らせ」だの、
「自分たち(=組合幹部)は、君たち社員のためにこんなにも経営と戦っているんだぞ!」
ということを知らしめる(だけじゃないですが)ものとなっております。

まぁ、どこの会社でも似たようなものかもしれませんが、
「効率よく仕事して、なるべく残業はしないようにしましょう」(=労基法対策)
というスローガンが設定されており、先日、

「ワークライフバランスを実現するために~あなた流自分磨き~」アンケートなる、

(こんなアンケートなんて書かせるから、残業が増えるんじゃないかannoy

とも思える、アンケートに答えるハメになりました。機会がありました。
(答えないでいると、組合の方から「まだ回答してないでしょ」と突っ込みが入ります。)

時間がない中で深く考えることもなく、どちらかと言うと、かなりなげやりな感じで

「趣味のピアノの練習時間を増やして、ショパンのバラード1番を弾けるようにする。」

と書いたところ、なんと、

今月の組合報に載ってしまった・・・sweat02sweat02
(しかも、一番上に。)

曲名のところは、「バラード1番」から、ただの「曲」に変えられておりましたが、
他にもっとまともな回答があったでしょうに。

唯一の救いは、匿名だったことです。ホッ。
(でも、バラード1番なんて、まだまだ夢のまた夢ですよ。本当に。)

| | コメント (0)

近況など。

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
いろいろと忙しくしておりました。

■出張Shanghai

仕事で上海に行ってました。
例の尖閣問題で、中国国内の暴動が派手に報道されている最中、
「○○さん、行って来てよ」
なんて軽く言う上司に、内心(マジかよannoy)とプチ切れながらも行ってきましたが、上海においては、暴動なんてどこ吹く風?でした。
(⇒結果オーライ)
右は、某所から望む上海の高層ビル群。

■自己啓発活動(?)
なんでもいいから資格をとれと会社がうるさいので、自己啓発のため、
かの有名なTOEICなるものを受けました。
在米9年ともなれば、そりゃ相当な点数いくだろうとお思いの方(含:数か月前の自分)
それは、大きな間違いです!!
「はぁ~?」な結果に、在米9年⇒在米9日くらいに経歴を詐称しようかと
本気で考える今日この頃です。

■ピアノの話
そうそう、ここはピアノのブログでした。

①発表会、1カ月後に迫る!
去年も開催された新先生宅でのクリスマスコンサートが今年も開催されることに。
本番は1カ月後。そして、時は忘年会シーズンに突入・・。
仕上がるのか???マジ、ヤバい・・。
(ちなみに曲は、ベートーベンのテンペスト3楽章です。難しいよー・・)

②シューマンにさようなら。
NY先生のもとで春から苦労してきたシューマン(幻想小曲集:寓話)がようやく終わりました。かれこれ半年以上かかったかなぁー・・・。
いやー、それにしても苦労しました。
シューマンとはしばらく(=ほぼ永遠に)サヨナラしておきたいです。

③新曲もやってます
シューマン、バッハが終わったので、今は、
・ショパン:ワルツ9番(別れのワルツ)
・ハイドン:ソナタ49番(嬰ハ短調)
やってます。
ハイドン先生は人生初の試みです。
モーツァルトさんや、ベートーベンさんとも違って、結構いいですね。

もっとピアノを弾く時間が欲しいなぁ~・・(前から言ってるけど・・)

次は、発表会の顛末レポートにてお会いしませう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧