« 2011年9月 | トップページ | 2012年7月 »

2011年10月

グレード試験を終えて

またご無沙汰してしまいました。

実は昨日、グレード試験を受けてきました。
手ごたえはまったくなし。
練習段階から、
「ここは絶対に外しちゃいけない」
と先生にも何度も言われ、自分でも注意してきたところを、
見事に外し、不協和音連発。(もちろん弾き直しも)
それで、頭真っ白→投げやりになってしまい、
とにかく雑な演奏に終始・・。

と、試験や発表会の後はいつもこんな記事ばかりですみません・・。

----

ここで、はたと気がついた。
いまさらだけど、やっぱりこれが私の実力なんだなぁ、と。

ミスしちゃいけないところで、大ミス。これも実力。
練習不足もしかり、集中力不足もしかり。
「絶対ミスしない!」という強い意志が足りないこともしかり。

テクニックで追いつかない部分は、年齢もあるし、ある程度致し方ないとしても、
練習不足だったり、集中力不足だったりは、年齢関係なく克服できるものでは?
と思うのだけど、それも足りていないってことは、要は意志が弱いんだろうなぁ・・。
意志が弱いのも「実力」と割り切ってしまいそうな自分がいて、嫌になってしまいます。

家では「電子ピアノ」という人の素晴らしい演奏を聴き、
「電子ピアノ」を言い訳にできないこともまざまざと見せつけられた今回の試験。

これもいまさらだけど、「試験」を通じていろいろなことに気づかされました。
本当に勉強になりますなぁ。(結果より、経過です!!←またもや言い訳・・orz)
受験料+レッスン室レンタル+追加レッスン
など、結構な出費になったけれど、それなりのリターンはあったと思う(と信じたい)
万年素人ピアニストなのでした。

-----

2か月後のクリスマス会@新先生の曲はブラームスの間奏曲にしました。
(この曲、いつか人前で弾きたかったのでnote
NY先生とのレッスンのことは、新先生には相変わらずヒミツにしてあるので、
初回レッスンでいきなりフツーに弾いてしまったら驚かれるかな(笑

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年7月 »