« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

旅行と来年の発表会の話

また更新をさぼってしまいました。
ちょっくら旅行に行っておりました。
行き先は、「キューバ」です。

6

なぜ、キューバ???
友人は皆そう聞きます。
答えは、「単なる家人の趣味」です。
私は拉致られただけです。

キューバはとってもミステリアスな国でした。
私が50年前に生まれていたら、懐かしい!!と思えるような国でした。
クラシックなアメ車がフツーに街を走っておりました。

C5

50年前の革命のヒーロー(チェ・ゲバラ)が、
未だヒーローとして人々に愛されておりました。

29

徹底した社会主義国なので、街に「広告」というものが一切なく、
かえって物足りない感じがしました。
また、アメリカとけんか中なので、アメリカ製品が一切ありませんでした。
マクドナルドはもちろん、コカコーラさえも。

33

一言でいえば、「素朴な国」です。
「古き良き時代のなんとやら」というのかもしれませんが、
ものに溢れる世の中に慣れてしまっている私にはキューバはやっぱりムリっ。

-----

さて、久々の新先生のレッスンにて、早くも来春の発表会の話が出てきました。
その前に、「10月のグレード試験」「クリスマスコンサート」の2イベントが
控えているのに、さらにその先の話ですよ。
新先生、イベント多すぎっす。

本題は、先生の子供生徒さんのお話。
大変ピアノの腕がいい、将来を嘱望されている生徒さんがいるのですが、
その子がどうやら、
「私、この間の発表会で大人の人が弾いてたブラームスが弾きたい」
と言ってくれたそうなのです。

えらいぞ!!
そして、しぶいぞ!!

ショパンの曲とかに比べれば、かなりマイナーな曲(ラプソディ#2)でしたが、
彼女の印象に残ったのですかねー。
いや~、嬉しい限りです。

おそらく、というか間違いなく、私より素敵に弾いてしまうのだろうなぁ。
今から彼女のブラームスが楽しみになってきましたnote

して、私は何を弾こうか・・。

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »