« あれから3年が経ち・・ | トップページ | 感じるままに、気持ちよく。 »

PRAMBERGERピアノ

GWですが、法事などあり、ピアノから遠ざかっておりました。
ようやく少し時間ができたので、近くの島○楽器で生ピアノ練習をしてきました。

グレード試験に向けた「仕上げ段階」のつもりでしたが、
まぁ、いつものごとくミスタッチや暗譜飛び多数で、
とてもとても仕上げの段階でないことを認識させられたわけですが、
それにしても、今日のピアノ、弾きづらかった・・・。

Pa0_0010

茶色の木目調で見た目はとてもナイスなピアノでしたが、

・ペダルが甘い(ダンパーが離れるタイミングがわかりづらい)
・高音が響かない
・タッチがオルガンっぽい

という、久々の外れピアノでした・・orz

もちろん、私の腕の悪さをピアノのせいにしているわけではないですが。(したい気持ちはヤマヤマですけど・・)

ちなみに、PRAMBERGERというピアノでした。
初めてお目にかかったので、早速調べてみると、

遡るとPRAMBERGER家は1700年代からピアノの設計に携わっているようで、
1867年にはパリで賞なども獲得しているそうです。
1913年にスタンウェイに弟子入りし、1987年にその技術をそれまでのPRAMBERGERピアノに融合し、現在に至る、
だそうですが、スタンウェイとはだいぶ違いますた・・。(調律のせいかもしれないけど。)
尚、スタンウェイの過去記事はコチラ

いずれにしても、下手っぴ加減をピアノのせいにしてはなりません。(自戒)

|

« あれから3年が経ち・・ | トップページ | 感じるままに、気持ちよく。 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

ぽりいさんお久しぶりです。
グレード受けられるのですね!真摯に向き合っていらっしゃる・・
私も再会して数年経ちましたが、上達したなあ・・グッジョブ!という実感が全くありません・・強いていえば、もっと音楽を好きになれた事だけが財産でしょうか・・

さて記事のピアノ、こやつ、かなり苦手です(爆)
弾き難いでしょう?個人的に外国製のピアノは・・実はスタインも私には扱いにくい・・・スタインがいい音といってらっしゃるのは弾く人が上手、つまりぽりいさんの音が素晴らしいということなのですよ。この楽器は上手な人でないと鳴ってくれません。私の師匠は珍しく薦めません。(でも北米では主流か・・)
日本製のピアノが大好きで、タッチはヤマハ、音はカワイを好んでおりますよ。

投稿: デイジー | 2011年5月 7日 (土) 01時25分

デイジーさんへ:
コメント頂きありがとうございます!
(お返事が遅くなってしまってすみません・・)
更新頻度がすっかり落ちてしまっているのにもかかわらず、
遊びに来て下さってありがとうございます。
グレード試験はですねー、成り行き的なところもありまして・・、
「真摯に」と言われてしまうと、申し訳ないというか、こっぱずかしいというか・・。
>強いていえば、もっと音楽を好きになれた事だけが財産でしょうか・・
いいじゃないですか~!それだけでも素敵なことだと思います!
>さて記事のピアノ、こやつ、かなり苦手です(爆)
デイジーさんもそう思われますか!?
やっぱり弾きづらいですよねー・・。
>スタインがいい音といってらっしゃるのは弾く人が上手
いやいや、スタンウェイのピアノは誰でも上手に弾けているような
錯覚を起こさせてくれる、魔法のピアノなんですよ!
と、思うのですが、私の耳が悪いだけなのかも・・。
>日本製のピアノが大好きで、タッチはヤマハ、音はカワイを好んでおりますよ。
私も日本製なら、カワイのピアノが好きです。特に音はカワイですね!

投稿: ぽりぃ | 2011年5月 8日 (日) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれから3年が経ち・・ | トップページ | 感じるままに、気持ちよく。 »