« 発表会、終わる。(クリスマス編) | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

X'maro コンサート

昨日はX'maroコンサートに行ってきました。
念のためですが、X'masではありません。"Xまろ"です。

尚、"Xまろ"とは、N響のコンサートマスターの篠崎史紀さん率いる、弦楽室内楽団のことです。("まろ"の云われは、篠崎氏が「麻呂っぽい」からだそうですが、確かに的を得てるかも。)

たまには、ピアノではなく弦楽もいいかな、と思い、
銀座の王子ホールまで足を運んできました。
この「まろ」集団(正確には、"Maro Company"というらしい。)、錚々たるメンバーで構成されていて、N響の首席級奏者多数、他のオーケストラのコンマス、首席奏者など、とにかく日本のトッププレイヤーが一同に会すという、非常にぜいたくな室内楽団なのです。

今回のテーマはバロック。
バッハ、ヴィターリ、ヴィヴァルディといった、
クリスマスイヴの夜に「厳かな」気持ちになるプログラムでした。

 バッハ:ブランデンブルグ協奏曲6番 変ロ長調
 ヴィターリ:シャコンヌ ト短調
 ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲「四季」
 他、3曲
 
テーマは堅いのですが、でも、さすが室内楽。途中でトークがあったり、
メンバーが変わるがわるソロをやったり、何しろ私にとって最も嬉しかったのは、
シャンパンwine飲み放題というサービスがあったり、と、
さながらクリスマスショーのようで、とても楽しめましたnotes

肝心の演奏の感想ですが、一言でいえば、

  弦楽もいいですね~!

「四季」はもちろんよかったのですが、私はブランデンブルグの方が心に響きました。
このブランデンブルグの6番はヴァイオリンがなく、
2台のヴィオラがカノンの形式でメロディを奏でていくのですが、これが渋い・・。
改めてバッハはいいなぁー・・・、と実感しました。

「四季」はメンバー全員(13人)での演奏だったのですが、
独奏のピアノとは違い、チームワークが求められる「合奏」という演奏形式において、
当たり前なのでしょうが、みなさん、本当に息がぴったりでした!
緩急のつけかた、強弱のつけかたなど、まるで「1人」の人が演奏しているんじゃないかと思えるくらい、それはそれは完璧なものでした!
特に「p」で演奏する部分は、13人もいるのに消え入るような音で、
でもすごくきれいな響きで、素直に感激しました。
ピアノと同じく弦楽器でも、美しい「p」の音を出すのは、
どんな種類の「f」の音を出すのよりも難しいのだと思われますが、
13人の「p」の音は本当に美しかったです。

まぁ、日本を代表する奏者の方々ですから、当たり前なんでしょうけど・・。

でもなによりもみなさんがとても楽しそうに演奏されているのが
とても印象に残りました。
ピアノにはない音楽の楽しみ方なんだろうなー、とちょっと羨ましくなりました。

X'maroコンサート、来年も開催されるそうなのでまた来ようっと。

コンサートの最後に、メンバーのみなさんからクリスマスプレゼントを頂ける、
というイベントがありました。
要は、メンバーのみなさんが観客席の座席番号がかかれたくじを予めに引いて、
その人の席にプレゼントを持ってきてくれるというものなのですが、なんと、
N響ヴァイオリン奏者の白井篤さんが私の席の番号を引いて下さったのです!!
超感激!!もちろん握手ですよ!!!

(白井さん、ありがとうございました!N響のコンサート、聴きに行きますから!!)

ちなみに、頂いたのは、コレ↓でした。

Xmasgift2

クリスマスのいい思い出になりましたnote

|

« 発表会、終わる。(クリスマス編) | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

たまにはピアノを忘れて・・」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、お邪魔しま~すhappy01
マロ様のコンサートにお出かけになったのですねheart02X'maroコンサートとは、笑えるネーミングです(笑)
私、ブランデンブルグ大好きです。特に6番の第3楽章が好きで、ちょうど25日に連弾譜を入手したところでしたxmas室内楽の生演奏、聴きたかったなぁ。

ぽりぃさん、素敵なデザインのプレゼント(お菓子ですね)まで当てられて、思い出に残るクリスマスになったことと思います。羨ましい♪

投稿: ruvhana | 2010年12月27日 (月) 22時53分

ruvhanaさんへ:
こんにちは、コメントありがとうございます!
マロ様のコンサートに行ってきましたよ~!
記事にも書きましたが、すっごくよかったですheart04
マロ様のヴァイオリンの音はひときわ美しくshine、さすが!って感じでした。
ブランデンブルグ協奏曲いいですよね。
私も今回のコンサートに先だって初めてきちんと聞いたのですが、
改めて、バッハっていいなーcatface、って思いました。
私も6番では3楽章が一番いいな、って思います。
これって、ピアノ連弾に編曲されてるんですか?
それもまたよさそうですね!
ピアノバージョンも聞いてみたいですnote

投稿: ぽりぃ | 2010年12月28日 (火) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発表会、終わる。(クリスマス編) | トップページ | あけましておめでとうございます。 »