« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2/2 ≠ 4/4 (=2/4?)

発表会が終わって一息つく間もなく、変わらずピアノは弾いています。
(ブログはサボってます・・coldsweats01

最近はもっぱらベートーベン(=テンペスト1楽章)が楽しくてそればっかり弾いてます。
(一方で、他にも課題曲(シューマンとやら)がありますが、そちらはほぼ放置。好き嫌いが顕著に出ている例ですね。)

好きな曲は譜読みもどんどん進むわけで、今日は楽しいレッスンだったはずが・・。

新先生「この曲、何拍子?」

私「4/4!」(⇒自信たっぷりに)

新先生「違う!!良く見て!!」

私「あっ、Cに縦線が入ってる!("¢"ね。)ってことは、2/2・・」

新先生「なんか、4拍子で弾いてる、って感じだったのよねー。やっぱりそうだったか・・。」

私「・・・・・・sweat02

だって、1小節に四分音符が4つ入っていたら、4拍子と思っちゃいますよね!?
これを「2拍子」と感じろ、と・・・。

だったら、最初から2/4とかにしてくれた方がわかりやすいんだけどなぁ、
ベートーベン先生~・・・。
(でも、そうすると、この曲は月光3楽章みたいに16分音符だらけになってしまうってことかも!?それはそれで、嫌な威圧感があるのも事実・・)

ベートーベン、奥が深いです。

cafe余談cafe
新先生「個人的には、ベートーベンって苦手なんですよねー・・」
だそうです。
そういえば、NY先生も「ベートーベンは苦手」って言ってたなぁー。
ベートーベンって嫌われ者なのかしらん?

| | コメント (2)

ノーミスの怪

先日の発表会で録音に失敗した家人について思わず両親にグチったところ、

「録音しておいたわよnote

当日、韓流スターのイベント、やんごとなき事情により、
発表会を聞きにこれなかった母に代わり、
父が録音役として駆り出されていたのでした。
(やっぱり、頼るべきは肉親ですねー。夫婦なんて、所詮赤の他人。)

その音源を送ってもらい、早速きいてみたところ・・

「こりゃ、酷い・・」

音抜け、ミスタッチがあるわあるわ。
しかし、同封されていた母からのメッセージは

「ミスもなくて、よかったんじゃないのぉ~?」

といった、今年のGWの天気のようにノー天気sunなものでした。

もちろん、母はピアノには詳しくなく、私の弾いたブラームスのラプソディなんて、
おそらく未だかつて聞いたことなどないはずで、
そういういわゆる「完全な素人」にノーミスと錯覚してもらうには、

「演奏を途中で止めない」

これに尽きるのかなぁー、と改めて感じた次第です。

これは、NY先生には何度も言われており、

  間違っても、とにかく止まらずに、弾き続けること!!!
  止まったら、「間違いました~coldsweats01」と自分でアピールするようなもの。
  音楽は流れているものだから、止まるのは厳禁!!

この教えを忠実に実践した甲斐があったようです。

でも、あちこち不協和音も奏でていたんだけど、
母の耳には和音に聞こえたのかなぁー。それはそれで、別の問題かも・・。

----

どうでもいいつぶやき:
今日、髪を切りました。(30cmほど)
そうしたら、ちびまるこちゃんみたいになってしまった!!
月曜日、会社行きたくないよー・・・

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »