« 「同じ」もある | トップページ | 勿体ないよ! »

一曲入魂

発表会の予定曲、ブラームスのラプソディ#2もさすがに譜読みも終わり、
いよいよ、曲の色づけの段階に入ってきました。

実は、昨年末の発表会でのショパンのワルツ2番もそうでしたが、
音は出せても、どうしても「その先」に行けない私・・。
平たくいえば、
「弾くことに精いっぱい(=テンパってる感丸出し)で、表現力のカケラなし」
また、同じ壁にぶつかっているような気がしています。
前回の発表会では、大先生に見事にそれを見抜かれ、
辛辣な貴重なお言葉を頂戴することとなりました。(詳しくはココ

今回は、この壁をなんとしても打破したい!!

「音を出す」その先にあるものを、自らの手で掴み、感じ、
聴いてくれる人と共有したい・・。

その為には、インスピレーションが必要。

ってわけで、本日はiTunesストアでブラームスラプソディ#2を買い漁り~notes
(マネするつもりじゃないですよ、参考にするだけです、あくまで参考に)

以下、ピアニスト別聴き比べ雑感です。

 ・粘着度(テンポの揺れ)
 ・萌え度(「ここが命」的部分(=後述)の心への響き)
 ・暴走度(ラストの盛り上がり部分)
 ・個性的度(全体)
 ・入魂度(インスピレーションを受けた度)
で勝手に★(1~3)をつけてみました。

●Glenn Gould
一番最初に聴いたのがグールドの演奏。
私自身がグールド贔屓なのもあり、とにかくこればっかり聴いてました。
(年末から130回超も聴いてました。)
いろいろなピアニストの演奏と比較すると、割と単調な感じ。(軍隊調(?))
脳裏に焼き付いている演奏なので、これで弾いたら、新先生からは
「アーティキュレーションがなってない」とバッサリ。

35

でも、私はグールドの演奏の(右⇒)は彼らしくて結構気に入っているのです。
(=左のメロディが強調されすぎて、右がほとんど聞こえない。)
粘:★
萌:★★
暴:★
個:★★
魂:★★★(⇒単にグールドが好きだからです)

●Valery Afanassiev
全体的にテンポがゆっくりで、私向き♪
でも、「やり過ぎ!!」ってくらいの粘っこさ。
さすがにブラームスもここまでは求めてないだろー、って感じで、本当の「ご参考」程度。
粘:★★★
萌:★★
暴:★
個:★★★
魂:★

●Wilhelm Kempff
ベートーベン弾きだというので、軍隊調をイメージしていたのですが、
意外にも粘着度がありました。
ただ、10小節目~14小節目の強拍の位置に違和感(ずっこけ感)があり、
これも「ご参考」程度にしかならず。
粘:★★
萌:★★
暴:★
個:★★
魂:

●Martha Argerich
超高速の軍隊調かと思いきや、これが意外や意外、とっても色っぽかったのでした!15

特に、「この曲はここが命!」と思える萌え部分(右⇒)は女性ならではの艶っぽさがあって、惹きこまれました。
こんな風に弾けたらなぁ~・・・。(インスピレーションをもらいました)
ただ、ラストの部分はTHE・アルゲリッチ様のごとく、どんどん加速!!
誰か彼女を止めてあげて!!!
というわけで、私には決してマネできません。
粘:★★
萌:★★★
暴:★★★
個:★★
魂:★★

●Andre Laplante
初めて聴くピアニストでしたが、かなりGOODでした!
全体的にちょっとテンポが速いのが気になりましたが、萌え部分もキラ星のごとく美しく、一方で、暴走も最小限で、目指すはここかな、という理想的な演奏でした。
粘:★★
萌:★★★
暴:★★
個:★★
魂:★★★

と、勝手に評してみましたが、結局は自分のブラームスを創らなくては意味がないので、あくまでインスピレーションをかきたてる為の参考演奏ですから・・。

|

« 「同じ」もある | トップページ | 勿体ないよ! »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、こんばんはーーー。

発表会でブラームスのラプソディの2番を弾かれるのですね~。すばらしい~!! 日本でお仕事も忙しいと思うのに、ピアノもがんばってらっしゃるのですね!!

私もグールドのラプソディしか聴いたことがないのですが、GGのアーカイブから、彼が82年にこの録音をしたときの模様を録音した音源(ややこしくてすみません)を聴くことができます。

http://www.collectionscanada.gc.ca/glenngould/028010-700-e.html

同じフレーズを何度も何度も何度も、まるで魂を削るように弾き続けるグールドの気迫が伝わってきて、正直言って、最終録音よりもこっちの音源をRPで落として、iphoneで聴く回数のほうが私は多いです(グールドにとっては本意じゃないでしょうけれども・笑)。

まるで録音スタジオに椅子を置いて、同じ空間を共有しているような、リアルなものが伝わって来ます。

いま思考錯誤されているぽりぃさんならでは、なにかひらめくものが見つかるかもしれませんよ~。

よかったらぜひ聴いてみてください。

投稿: gezkaz | 2010年3月 8日 (月) 08時11分

gezkazさんへ:
こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
グールドのアーカイブ情報ありがとうございます!!
早速、聴いて感動に浸っておりますデス~~~~~!!!!cryingcryingcrying
いつも「出来上がった」完璧な演奏を聴いているので、
こんなに「生身」の演奏が残っていて公開されているだなんて、
本当に感激してます!!
完璧を追い求めるグールドの姿勢に神を見るような、そんな感じすらします。(大げさ?)
たまに遊び弾きしたり、音を間違ったり、音が抜けたりするところなんて、
「やっぱり、グールドも人なんだ~」なんてほほえましく思えてしまいますが、
でも、プロの魂を感じますねー。
聴き慣れたレコーディングバージョンとはどれも少しずつ違って、
それもまた親しみを覚えますね。
ますます、グールドに惹かれました!
(インスピレーションを超越しました!!)
他の曲も聴いてみようと思います!ありがとうございました!

投稿: ぽりぃ | 2010年3月 9日 (火) 01時06分

こんにちは。
萌え度って・・・ピアノに萌えが存在していたなんて初耳です笑、今度から萌えに注意して曲探ししてみます。

昔ピアノの発表会で「愛の夢 第3番」を弾いたとき、最後のほうでミスをしたのですけれど
その時に「うあ、やべッ」っていうな顔を僕がしたから「あァ、間違えたんだな」って周りは判断したらしいです。
とにかく止まらないことが大事で、間違いをしたとしてもそのままスルーしちゃえばきっと気づきませんって笑
そう思ったらけっこう気持ちが楽になりましたよッ!

暗譜して、指が曲を覚える状態になれば表現力は絶対につきますッッ!!!!

投稿: しゅー | 2010年3月 9日 (火) 09時14分

しゅーさんへ:
こんばんは!
いつもコメントありがとうございます!
>ピアノに萌えが存在していたなんて初耳です笑
あはは、こういう書き方をするとやっぱり変かもしれませんねー。
つまり、どれだけ「あぁ~、いいなぁ~・・shine」と思えるか、です。(笑
>昔ピアノの発表会で「愛の夢 第3番」を弾いたとき
あんな、素敵な曲を弾かれたのですねー!
いつか弾いてみたいなぁー、と思うのですが、リスト=難曲というイメージが私を寄せ付けません・・
>とにかく止まらないことが大事で、間違いをしたとしてもそのままスルーしちゃえば
私の先生も同じことをおっしゃってました。
とにかく、止まるな!だそうですが、レッスンでこれをやると、先生の方から止められてしまいます(爆
でも、プロも間違っても、何食わぬ顔して弾いているのを見ると、これが王道なんだな、って思いますねhappy01
>暗譜して、指が曲を覚える状態になれば表現力は絶対につきますッッ!!!!
ありがとうございます!
まずは、暗譜ですねーー。まだまだ道のりは長いですが、私なりの素敵な曲に仕上げたいと思います!

投稿: ぽりぃ | 2010年3月10日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「同じ」もある | トップページ | 勿体ないよ! »