« カーネギーホールにて | トップページ | レッスン(36回目)-2 攻略:ロンカプ(その14) »

レッスン(36回目)-1 攻略:ワルトシュタイン①(その5)

●課題曲#1
ロンドカプリチョーソbyメンデルスゾーン:譜読み開始から19週目/レッスン14回目
●課題曲#2
ワルトシュタインソナタ①byベートーベン:譜読み開始から10週目/レッスン5回目

月曜日はレッスンでした。
先週は来客があったので、練習不足でのレッスンとなってしまいました。

pouch先生の中に"のだめ"を見た

(以下は"のだめカンタービレ"を見てない方、読んでいない方には、?な部分があると思います。ゴメンナサイ・・・)

以前から部屋の散らかり具合整理整頓の具合がどこかのマンガの主人公の部屋に
通じるものがあるなぁ、と感じていたレッスン室(=先生の自室)。
来月にはお引越しとのことで、今回はダンボールが置いてありました。

改めて、部屋の中を見回すと・・・。

ここは”のだめの部屋”か??

私「持ち帰られるものは、大体決められたんですか?」

先生「服とか、本とか、そのくらいですよ。家具は全部売りますし。」

家具を売っていくというのは、日本へ引っ越す際には通常のことなので、
それには何の疑問も持たなかったのですが、

先生「ただ、一つ、クリスマスツリーxmasをどうやってもって帰ろうかと・・」

ク、クリスマスツリーxmasですと!!!?????

これこそ、普通は持ち帰らないものNO.1ですよ!!

先生「ほら、結構大きいんです。組み立て式なので半分になるんですけどね・・
ダンボールに入るかな、と思って・・・」

と言って、カーテンの陰に隠れていたツリーxmasを見せて下さいました。

確かに、大きい・・・。

これにはさすがに突っ込まずにはいられない私。

私「ええっ、なんでまたクリスマスツリーxmasなんですか???」

先生「頂いたものなので・・・」

先生にとっては、とても大切な品なのでしょう。
しかし、クリスマスツリーを遠く日本まで持ち帰る人というのは初めて聞きました。
(そういえば、のだめもパリにひじきとか持ってきてたよね。)

そして、レッスンが始まり、今日もなんとなくまったりモードの先生。
ロンドカプリチョーソのレッスン中、私がようやく先生の言うとおりの弾き方ができた、
そのとき、

先生「そうそう、そんな感じですぅ~~

この「ですぅ~~」の部分が、のだめの

のだめ「すぇんぱ~~い(先輩)、のだめ、○○ナンデス~~~heart04

「デス~~~heart04

に完全にオーバーラップしました!!
(上野樹里ちゃんの喋り方に似ていた、というだけですけど・・)

やっと先生の本当の姿が見えてきたというのに、
お別れが近いのはとても残念なことです・・

bell今日もロンカプから

練習不足であることを事前に言い訳して演奏スタート。
褒めるでもなく、けなすでもなく、淡々とレッスンが始まります。
そして、自分でもダメダメだなぁと思っていた部分で、
思いもよらない暴言きつい指導が!!

先生「ここねー、なんか、しまりがない、っていうか・・」

先生「そう、しまりがないんですよ」 (←2回目)

先生「だらしない、っていうか?」 (←とどめ)

この暴言無垢な言葉3連発に、私、完全にKOデス。

これがどこかは、別記事に致しマス・・・。

crownワルトシュタイン

これは、だいぶマシになってきているそうです。
あとは、ミスを減らしていけば、合格も近いとのこと。

うん、これが今日のレッスンの唯一の救い・・。

レッスン内容は下にたたんであります。

cafe残りのレッスン

本来は、あと2回ということだったのですが、
無理を言って、もう1回増やしてもらいました。
先生がこちらを発たれるその週にも、レッスンをしてくださるそうです。

先生ありがとうございます!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

pencil攻略:ワルトシュタイン①(その5)

今週は速度を100に固定して、それ以上は上げないことを大原則として練習していきました。それが、奏功したようです。

全体注意:
・ワルトシュタインはとにかく最初から最後までインテンポで。揺らしは無し。
(軍隊のようなイメージ)
・ppの連打(冒頭など)の弾き方は、肩から下に力を入れて、腕全体を固定した上で、
腕全体を動かして打鍵する。(手首などの余計なぶれの防止)
少しでもぶれてしまうと、気を抜いたところでいきなりfの音が出てしまう。

(1)1小節目
上のppの弾き方で一定の音量(pp)を保つ1

(2)57-58小節目
3連符→16分音符でいきなりテンポが上がらないように57

(3)81-88小節目
右手が跳躍するときに、もっと歌う81

(4)90小節目(156、294小節目も同じ)
1音目と2音目はきちんとインテンポで。間を空けない。90

156

294

(5)96小節目~
”答え”の部分が相変わらずぼやけている。印の第一音をもっとハッキリと。96

(6)140小節目
上の音を出していくこと。
140

(7)168,170小節目
フェルマータがついているので、もっと思うままに伸ばしていい。168

(8)206小節目
3度の和音のスケールはテンポが落ちないように。206

(9)274,275小節目
右手は最高音を強調する。
274

(10)290-291小節目(292-293小節目も同様)
291小節目の最後の音は>で。
このフレーズの中で収まるように。290

今週は以上です。

|

« カーネギーホールにて | トップページ | レッスン(36回目)-2 攻略:ロンカプ(その14) »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、こんにちはーーー。
レッスンの回数増えたんですね! よかったですね~。

先生、なかなかおちゃめですねぇ~。
クリスマス・ツリーですか・・・ぽりぃさんのおっしゃるとおり、もって帰らないものナンバー1でしょうねー(笑)。

それにしても、この難しそうなワルトシュタイン、まだレッスンは5回目だったんですね!
それで、もう合格が近いとは、さすがぽりぃさん~!!! 底力が違いますねー。
先生もさぞや教えがいがあることでしょう・・・それだけに暴言も、時として・・・(?)。

ところで「家具を売る」というところで、はっと思ったのですが、NYのフラットは、家具つきで貸しているところって少ないんですか~?
ロンドンは、家具つきっていうところも多くて、日本から来る方はたいてい家具つきのフラットに住むことが多いんです。
家具つき物件だと、食器とかベッドカバーとかまで全部ついているんですよー。
私も独身学生時代は、家具つきのフラットに住んでいましたが、さすがに枕カバーなどは、自分のものを買いました(笑)。

投稿: gezkaz | 2009年2月19日 (木) 08時52分

gezkazさんへ:
いつもコメントありがとうございます!!
>レッスンの回数増えたんですね! よかったですね~。
そうなんです。
ちょっと無理を言ってお願いしてみました。
厳しい言葉(?)で指導されても、今の先生への信頼は絶大なので、
どうしても今の先生に合格を頂きたいな、と思いまして・・。
>この難しそうなワルトシュタイン
と思われるでしょう??
確かに、追求すれば、いくらでも追及可能なのでしょうが、
ハ長調ってだけで、精神的には、ラクなのですよー。悲愴よりもラクなのでは?
と思ってしまうくらいです。gezkazさんも、ぜひ挑戦してみてくださいよ!
>NYのフラットは、家具つきで貸しているところって少ないんですか~?
もちろんあります。でも、ヨーロッパほど一般的ではないかもしれません。
ウィークリーマンションとか、一時的な住まいにはあるのですが、
Permanentで住むとなると、やはり1から調達しないといけないのが普通です。
(家電はだいたい備え付けなのですけどね。)
なんといっても、消費大国ですから、アメリカは・・・。
こういうところも、エコ後進国だなー、と思える一面ですよねー・・・。

投稿: ぽりぃ | 2009年2月19日 (木) 10時29分

ぽりぃさん こんにちは。

先生、天然?系ですか、
のだめの部屋といっしょって、すごいですね。
なんか、かわいい。

でも、「だらしないって!」
悪気なくいってしまうところも、なんかいい感じですね。

発表会で大失敗した私に、
「でも、よかったじゃないですか。」って
声をかけてくれた先生は、優しさの表現なんでしょうけど、やっぱりお客さんともおもってるなってと思って微妙な感じになったことがありました。

その点、
1. しまりがないというか
2. いや、しまりがない
3. いや、だらしない

の3段オチは、先生のキャラとレッスンへの真剣さがででて面白いです。

でも、レッスン受けるとなると、、、微妙かも。。。私にはハードル高すぎる気がする。

投稿: rikima | 2009年2月19日 (木) 12時45分

rikimaさんへ:
いつもコメントありがとうございます。
>先生、天然?系ですか、
私も最近そう感じるようになりました。
約1年レッスンを受けて、そう感じるようになったので、
のだめ要素の潜在期間が長かったかもしれません(笑)
>悪気なくいってしまうところも、なんかいい感じですね。
そうなんですよ、悪意というものが全くないので、
聞くほうも「あ、やっぱり・・?」と受け取るしかなくて・・。
でも、怒られるよりもそうやって率直に言って頂ける方が、
逆に素直に受け止められますcoldsweats01
スパルタは嫌だけど、でも正直なレッスンを受けたいという人には
適当なバランスを備えられているいい先生かもしれません。
先生自身の技術はもちろんしっかりされていますし、理論も完璧ですしね。
日本に帰国されてしまうのが、本当に残念でなりません・・weep

投稿: ぽりぃ | 2009年2月19日 (木) 13時16分

部屋の汚さと奇妙な敬語だけならのだめになれそうなわたしです。私は神経質なんだけど、部屋がとっても汚いのです。(それを神経質というかどうかは別として・・・・・。いや私と接した人は10人のうち6人は神経質というと思いますが)

先生はっきりいわれて気持ちよいではないですか。
私は奥歯にもののはさまったような人が苦手ですので、きいていて気持ちよいです。
だけど自分がいわれたらどうかはわかりません(笑)。

ワルトシュタイン是非音源アップしてくださいね。
大好きなんです。

投稿: のぞみ | 2009年2月19日 (木) 23時10分

のぞみさんへ:
いつもコメントありがとうございます。
>奥歯にもののはさまったような人が苦手ですので、
>きいていて気持ちよいです。
そうですね、私もそう感じています。
「ごめん、何が言いたいか、よくわからないんだけどannoy
という言い方よりは、スパッと言ってくれる方が私も好きです。
例え、その言葉自体が「キツイ」ものであったとしても、
その人が、悪意をもって言っているか、そうでないかは、
それまでのお付き合いでわかるものですしね。
私の先生の場合は、100%悪意はないです。
だから、許せてしまいます。(笑)
ワルトシュタインは、そうは言っても、まだまだなんですよー。
音源アップですか・・?う~ん、自信がないですが、アップできるようにがんばりますcoldsweats01

投稿: ぽりぃ | 2009年2月19日 (木) 23時27分

ぽりぃさん、こんにちは。

今回も、ロンカプのレッスン記録、しっかり読ませていただきました~。
といっても、私の譜読みは、後半の転調部分で躓いていますが・・・。
Presto入ってからは#が1つなので油断していたら、後半で#4つ・・・。

ぽりぃさんの先生のご指導内容、なるほど~と思うのですが、まずは間違えずにすらすら弾けるようにならなくては・・・。

のだめだけど、歯に衣着せぬ言動(のだめもどっちかっていうとそうなのかな)のぽりぃさんの先生。
どんな方なのか、すごくイメージが膨らんできます。

投稿: はな | 2009年2月20日 (金) 09時32分

はなさんへ:
いつもコメントありがとうございます!
私の先生、おもしろいでしょう?
以前から片鱗を垣間見る瞬間はあったのですが、
先日、「この人は天然系だ!」と確信しました。
芸術家らしくて、いいですよねー。(と、良い方に捉えています。)
ロンカプは、過去の分を読んで頂くとお気づきになるかもしれませんが、
同じことを何度も注意されています。(学習能力のない私・・)
私も、いつもそのときは「なるほど~」と思うのですが、
その週に注意された点でも、私の中で勝手にプライオリティー付けがされて、
順位が低くなってしまったものは忘れ去られ、何度も注意される結果になっています。
だから、はなさんも適当に読み流してくださいね・・coldsweats01
>Presto入ってからは#が1つなので油断していたら、後半で#4つ・・・。
これ、騙された感がしませんか~?音型は同じなのに、妙に弾きにくくて・・。
でも、最後はまた#1コに戻りますから~(笑)
私もまだミスなしでなんて、弾けませんよーー。(そんな日は来るのだろーか?)
ほんと、この曲ってトリッキーですよ!
でも、はなさんなら、大丈夫です!!
譜読み、がんばってくださいね、応援してます!

投稿: ぽりぃ | 2009年2月20日 (金) 10時15分

・ppの連打(冒頭など)の弾き方は、肩から下に力を入れて、腕全体を固定した上で、
腕全体を動かして打鍵する。(手首などの余計なぶれの防止)
少しでもぶれてしまうと、気を抜いたところでいきなりfの音が出てしまう。

↑ ↑
これって手首もガチガチに固定して肘から下を動かすってことですか??それとも手首を軸に上下に動かすの??
とっても興味深い打鍵方法です~♪
私、PPの連続打鍵って同じ音量で均等に音を出せないです・・・
ぜひ教えてくださ~いhappy02

投稿: ポチ☆ | 2009年2月20日 (金) 17時28分

ポチ☆さんへ:
いつもコメントありがとうございます!
ここの弾き方は、肩から手首も含めた指先までの全部を固定して、
肩を動かすことで打鍵するのだそうです。
たとえば、子供(というか赤ちゃん?)が、子供用椅子に座って、
食事をするとき、はしゃいで食卓を手でバンバン叩くようなイメージ?
(あんな風に叩いちゃったら、フォルテの音が出ちゃうので、
小刻みな動きにすると、ppになるかな?)
こんな説明でわかりました?
説明が下手ですみません・・。

投稿: ぽりぃ | 2009年2月20日 (金) 22時38分

ありがとうございました♪
早速やってみますhappy01

投稿: ポチ☆ | 2009年2月22日 (日) 15時20分

ポチ☆さんへ:
いつもコメントありがとうございます!
ご理解頂けたのならよかったですnote
お互い、安定した弱音を出せるようにがんばりましょうね!

投稿: ぽりぃ | 2009年2月23日 (月) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カーネギーホールにて | トップページ | レッスン(36回目)-2 攻略:ロンカプ(その14) »