« カルメン | トップページ | レッスン(34回目)-2 攻略:ロンカプ(その12) »

レッスン(34回目)-1 攻略:ワルトシュタイン①(その3)

【現在の進捗】
●課題曲#1
ロンドカプリチョーソbyメンデルスゾーン:譜読み開始から16週目/レッスン12回目
●課題曲#2
ワルトシュタインソナタ①byベートーベン:譜読み開始から7週目/レッスン3回目

昨日はレッスンでした。本当に一週間なんてあっという間です。

bell今週もロンカプから。

今日は先生のスケジュールも詰まっているご様子だったので、
雑談は最小限に、サクサク始めることにしました。

私「え~っと、どっちから始めましょう・・?」

先生「(間髪入れずに)メンデルスゾーンから行きましょう」
先生「ワルトシュタインの方は、わかっていらっしゃるみたいなので」

・・・・・・?

一瞬誉められたような気もしましたが、それって

=私はメンデルスゾーンがわかっていない

ということですね???(いや、まぁ仰せの通りなのですけど・・・sweat02

という小話はさておき、先生のご指示通りロンカプから弾き始めました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先生「だいぶ、弾き込まれました??先週よりよくなってますよ」

と、予想外の嬉しいお言葉!!
確かにこの1週間は、親の敵とばかりに、この曲ばかり弾いておりました。
やっつけ仕事的練習でも、小マシにはなるのかもしれません(?)

でも、

先生「まぁ、言い出せばキリがないんですけど・・・」

といつもの前置きに始まり・・・

やっぱり今週も、余裕で1時間が経過。
そして先週と同じく、

30項目にも及ぶ宿題が出ました!!!

先生「この曲は内容が濃い分、注意も多くなっちゃいますよねー」

私「先週、注意点を数えたら30個もありました。」

先生「ええええ~~~~っっ!よく覚えてましたね!?」

私「それは、貴重なレッスンですから、聞き逃すまいと・・」

ここで、師弟愛が育まれた、・・・かどうかはわかりません(笑)

指摘事項は今週もまた別記事(コチラ)にします。

crown今週もこちら(ワルトシュタイン)は30分弱のスピードレッスン

時間がないので、通し弾きは省略して、都度止めてもらいながらのレッスン。
とりあえず、コーダの部分までみてもらったところ・・

先生「こちらは順調ですね♪まぁ、わかりやすいですもんね、あっちと違って」

やっぱり、先生もそう思いますよね???
ロンカプ=複雑怪奇、という感覚は私だけのものではなかったということがわかっただけでも、一安心致しました。

攻略は後ろにたたんであります。

horse思わぬところからダークホースが!

レッスン後、引継ぎの先生の話になりました。

先生「実は、もう一人、女性の先生でコンタクトをとってみているんです」
先生「多分、○○さん(←私)のご自宅にも近いので、通うのもラクなのでは?」
先生「さらに、その方は演奏学科も出ていらっしゃいますし。」
先生「それに、ご自宅にグランドピアノも持っていらっしゃるようですし」

私「えっ、そうなんですか?私はてっきり、先生のご友人という方(若い男の子)が
引き継いで下さるのかと思っていましたが・・」

先生「お任せしますが、大人の方を教えるという意味では、その方がいいのでは、とも
思っているのですよねー。ご経験もおありだそうですし。」
先生「実は、私は、彼が大人にどう教えているかまでは知らないんです」

いきなり、大きな問題を投げかけられてしまいました。

以下は、私の心の中の葛藤です。(★は私の中でのポイント)
*ちなみに、若い男の子先生は今の先生のピアノと住居ごと引き継がれます。

1.家からの距離
 女性の先生:近い ★★★★
 若い男の子先生:遠い、でも通い慣れている ★★★
2.大人に教えた経験の有無
 女性の先生:有 ★★★★★
 若い男の子先生:不明 ★
3.演奏学科卒?
 女性の先生:Yes ★★
 若い男の子先生: No ★
4.レッスンに使用するピアノ
 女性の先生:グランド(どこのだろ?)★
 若い男の子先生:グランド(1年でだいぶ慣れました)★★★★
5.新たに人間関係を築くにあたって・・・
 女性の先生:親近感(私と歳が近いそうです) ★★★
 若い男の子先生:安心感(先生のご友人ですから) ★★★★
6.興味のほど
 女性の先生:特になし
 若い男の子先生:なんといっても10も年下ですよ!! ★×10・・・・・????
  煩悩!!!却下!!

獲得★数:
女性の先生:15
若い男の子先生:13

というわけで、「女性の先生」にお願いしてみようかと・・(笑)

すぐに決めなくてはいけないわけではないそうなので、少し悩んでみます。
(あ、不純な悩みじゃないですよ!説得力ないって?)

来週は先生が一時帰国されるため、次回レッスンは2週間後です。
その間に宿題消化して、V字回復だっ!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

wrench攻略:ワルトシュタイン①(その3)

(1)9,10小節目
cresc.は右だけでなくて、左手も
9_2

(2)82小節目
左の和音はもうちょっとしっかりと
82

(3)96小節目~
低音ー高音でかけあいになってる部分(Q&A)、Aの方はもうちょっとハッキリと。
まだぼんやりしている感がある。
96

(4)134小節目~
ここまでの緊張感が途切れてしまっている。
もっと緊張感を持続させて。
133

(5)154-156小節目
再現部手前までは、ffを持続させること
154

(6)170-173小節目
右手の休符はきちんととること。(伸ばさない)170

(7)203~206小節目
右手の下の音がメロディーとなっていることに注意203

(8)262小節目~
左がメロディーになっていることに注意262

(9)271小節目~
よく練習しておくこと!
271

(10)290小節目~
ペダルは右手の打鍵のタイミングで
(但し、左手は必ず保持しておくこと。そうでないとペダルのタイミングで音が途切れてしまう)
290

(11)299-301小節目
最後の和音にもペダルをつける。(ペダルなしだと、音が軽くなりすぎる。)299

今週のワルトシュタインは以上です。

|

« カルメン | トップページ | レッスン(34回目)-2 攻略:ロンカプ(その12) »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、こんにちはーーー。
今回も中身の濃いいぃレッスンだったんですね!
1時間半! すばらしいですね~。
しかも注意点をちゃんと覚えて、書きとめてらっしゃるのも、ほんといつもながら、すごいなぁと、書きとめておくのって大切ですよね!
自分が同じ曲を弾くことになったら、まっさきにぽりぃさんのブログに飛んできます! でも、こんな高度な曲を弾く日は、まだ何年もこないだろうなぁと思いつつ・・・なので、ぽりぃさん、ブログを閉じたりせずに、ずっとつづけてくださいね(笑)。

さて、「煩悩却下」に爆笑してしまった私です。いいじゃないですか、却下しなくても。どうせだったら、どちらの先生もトライアルで一度ずつ受けてみたらどうですか? 
私だったら、若い男の子のほうのレッスンは、少なくとも一度は(顔を見るために)受けます(断言!)。

その感想もうかがいたいですし(結局そこ? 笑)。

投稿: gezkaz | 2009年1月28日 (水) 11時39分

gezkazさんへ:
いつもコメントありがとうございます!
>どうせだったら、どちらの先生もトライアルで一度ずつ受けてみたらどうですか? 
きゃ~~、gezkazさん、それは言わないでっ!
って、本当にそういう選択肢があったのですよーー。
(来週を休みにしないで、男の子先生に見てもらう、という・・)
でも、宿題があまりにも多くて消化しきれないのと、
途中で先生が変わると、さらに混乱するかな、などと、
ガラにもなく真面目に悩んでしまいまして、結果、「一週お休み」にしたのです。
う~~、そういわれると、「やっぱりトライアルしておくべきだったか・・」
と真剣に後悔してしまうではないですか!!(←おばちゃん丸出し!)
ところで、レッスンの内容ですが、どこかに書いておかないと忘れてしまう
というのもありますし、ブログに書いておけば、写真もつけられますし、
検索もラクかな?、と思って、敢えてそうしてます。
(きっと、こいつ相当暇だなぁ、と思っている方も多いかもしれませんが・・)
なので、参考になるかはわかりませんが、どうぞ遠慮なくご利用下さいな!
(今のところ、ブログ閉鎖の予定もありませんしhappy01

投稿: ぽりぃ | 2009年1月28日 (水) 12時18分

煩悩は却下されてしまったのですね!
★10個の煩悩に従ってみるのも一興かと。。。笑
あ、でも、もちろん、他のファクターもいろいろありますもんね^^;

レッスンメモ、本当に丁寧に作られてますよね。
僕は、レッスンメモつけたことなくて、
皆さんのようにレッスン終わったら、記事にするってことも
面倒でなかなかできないんですよ。
思い出したように書くときもありますが。。。汗

投稿: dyne | 2009年1月28日 (水) 19時35分

dyneさんへ:
コメント頂き、ありがとうございます!
>煩悩は却下されてしまったのですね!
一応、「良識ある大人」のフリをしてみました。(笑)
逆に、男性の場合、
「経験豊かな年配の女性の先生」と「音大出たての若い女の子先生」
という二者択一を迫られた場合、どうなさるのでしょう?
やっぱり、悩みどころでしょう???(⇒ようこそ、煩悩ワールドへ!?)
レッスンの記録は細かく残しておきたいな、と思って、
これだけは、こだわりながら書いています。
でも、このブログが先生に見つかってしまったら、
アクセスをパスワード制にするかもしれませんけど、
今のところはその心配はなさそうなので、公開してしまっています。

投稿: ぽりぃ | 2009年1月28日 (水) 23時34分

またまた失礼します。

>「経験豊かな年配の女性の先生」と「音大出たての若い女の子先生」
>という二者択一を迫られた場合、どうなさるのでしょう?

非常に的確な問題設定ですねー。
煩悩ワールドにどっぷりつかってしまいましたよ。
僕ならば、「音大出たての若い女の子先生」に★をせっかくなので108個つけて、煩悩と戦うことにします(笑

投稿: | 2009年1月29日 (木) 00時51分

↑名前書くの忘れました。

投稿: dyne | 2009年1月29日 (木) 00時52分

dyneさんへ:
再びコメントありがとうございます。
>「音大出たての若い女の子先生」に★をせっかくなので108個つけて、
>煩悩と戦うことにします(笑
大爆笑!
まぁ、いずれにしても大晦日にはそれも削ぎ落とされるわけですから・・。
・・・?でも、今からMAX値(=108個)までいってしまったら、
残りの11ヶ月にまみえる他の煩悩たちはどうしましょうか?
ということは、dyneさんは今年は仙人生活ですね。
(すみません、話がどんどんとあらぬ方向へ行ってしましました・・coldsweats01

投稿: ぽりぃ | 2009年1月29日 (木) 01時07分

ぽりぃ さん、こんにちは。

V字谷の上りを駆け上がり始めたようで、
よかったですね。このまま、順調にいきますように。

ちょっと、先生問題で悩み事?ですかね。

私も、去年の4月に先生が変わりまして、
まさに、音大出たての、若い先生に変わりまして(まあ、やめる以外に他の選択肢はなかったのですが。。。)


煩悩系の感想は。。。no commentですけど。。。

初めての原曲、月光1弾けたし、今、月光3練習させてもらってるし、
その先生は、大人のレッスンはたぶん、初めてだったと思うのですが、万事うまくいってますね。

ただ、先生との相性ってあるかもしれませんので、いい選択になればいいですね。

投稿: rikima | 2009年1月29日 (木) 09時16分

rikimaさんへ:
いつもコメントありがとうございます!
>よかったですね。このまま、順調にいきますように。
いつも、励ましてくださって、本当に感謝しています。
かなり凹んだこの曲も、少しずつではありますが、
「弾く楽しさ」を取り戻してきているような気がしています。
「練習すれば、何でも弾けるようになる」を体現できればいいな、
と思っています。将来的な自信にも繋がると思いますしね。
(あんなに愚痴っていたにも拘らず、ゲンキンな私です・・coldsweats01
rikimaさんはとてもいい先生に出会えたのですね。
先生-生徒とはいえ、結局は人間対人間ですから、相性ってすごく重要ですよね。
だから、年齢とか講師としての経験とかって、本当はあまり関係ないのでしょうけど・・。
表の情報だけで、判断するのってとても難しいです・・。
>いい選択になればいいですね。
ありがとうございます。私もそう願っています。

投稿: ぽりぃ | 2009年1月29日 (木) 09時33分

ブログパーツいいですね~
はい。臨場感を味わえます(笑)

レッスンに記録もとても丁寧に残されていて、
素晴らしいなといつも感心しております。
(私には、曲が難しすぎるので、いつか弾ける日がくるのかな~
と思って拝見していますが)
それよりも(?・笑)… 
ぽりぃさんの煩悩ワールドへ引き込まれました~。
「若い男の子先生」この言葉、いや、表現力は感動です!!
「若い男の先生」ではないところが、可笑しくて、何度も読んで笑ってしまいました。
私だったら、トライアルは受けてしまうだろうな・・・(笑)

投稿: alice | 2009年1月29日 (木) 21時04分

aliceさんへ:
コメントありがとうございます!
ブログパーツ、気に入って頂き、ありがとうございます!
(思った以上に好評だったようで、よかったですhappy01
>レッスンに記録もとても丁寧に残されていて
ありがとうございます。これもある意味「こだわりの趣味」になってしまいました(笑)
>私には、曲が難しすぎるので
いえいえ、そんなことありませんよ~!
私こそ、背伸びしすぎているので、このような注意事項の嵐なわけですから・・
(もっとちゃんと弾けていれば、こんなに注意はされないはずです。)
>「若い男の子先生」この言葉
だって、10違うということは、自分が二十歳のときに、
相手は小学校4年生ですから、「男の子」でしょう~。
って、こういう例えって、タブーですよね・・(生々しすぎ!)
>私だったら、トライアルは受けてしまうだろうな・・・(笑)
やっぱり、aliceさんも????
今からでも間に合うかな・・。

投稿: ぽりぃ | 2009年1月29日 (木) 21時32分

レッスンお疲れさまです♪相変わらず充実したレッスン内容で、読んだだけでも知的欲求がもう満足、なんか私まで弾ける気になるくらい!

ぜったい無理だけども(笑)

ところで私の教室の先生も、私より14歳も下の若い男性なんですが、
若いだけに「弾けない人に対して教えた経験の少なさ」は心配の種でしたが、
若いだけあってかいかにも先生っぽいキツさが全くないので、
いい意味でゆるーくのんびりレッスンしたい私にとっては合ってる気がします。
でも、恐らく先生からしたら私は歳の離れた大人の生徒だし、
どこまではっきり言ったらいいのだろう?厳しくしたらいいのだろう?という裏返しだったら、
しっかりレッスンしたい人にはちょっと物足りないかもしれないですね。
先生も生徒を見て、指導方法変えてるか(笑)ここまで書いてふと、思っちゃいましたが。

投稿: のっち | 2009年1月30日 (金) 21時38分

ぽりぃさん、こんにちは。

こちらにこっそり報告です(笑)

ぽりぃさんに背中を押していただき、やっと発表会の曲を決めました。
そう、例の曲にしますよ!!
youtubeでいろんな方の演奏を聴いて、3人目でビビビときました(素人の方でしたが)。

次回のレッスンで、先生に最終確認してから、自分のブログの記事にする予定ですが、
いろいろアドバイスいただいたので、こっそりぽりぃさんにはご報告です☆
一緒にがんばらせてくださいね♪

投稿: はな | 2009年1月30日 (金) 22時58分

のっちさんへ:
いつもコメントありがとうございます!
のっちさんの先生は14も年下の男性方なのですか!?
(文面から女性なのだとばかり思ってました。)
でも、のっちさんと合っているのなら、それはいいですね!
結局、レッスンは1対1ですし、人対人なので、
年上、年下、性別は本当のところ、あまり関係ないのでしょうね。
私も今の先生がずいぶん年下だなぁ、と感じたときには、
不安もありましたが、でも今では「どこまでもついていきます!」
くらいに信頼しています。(残念ながらもうすぐお別れなのですが・・weep
のっちさんも今の先生のもとで、めきめきと上達されてくださいねhappy01

投稿: ぽりぃ | 2009年1月31日 (土) 00時23分

はなさんへ:
いつもコメントありがとうございます!
そうですか、アノ曲に決断されたのですね!!!
(私があんな無責任な煽りコメントを残したにも関わらずcoldsweats01
仲間ができてと~~~~~~ってもうれしいです~~!!!!
これで私のモチベーションも一気にあがりそうです!!upupup
(いや~、仲間がいるというのは、本当に励みになります!)
youtubeでは、私も何人もの演奏を見ました。
きっとはなさんがご覧になったものともかぶっていると思いますが、
素人の方でも、素敵に、かつかっこよく弾きこなされているのを見て、
練習すればこんな風に弾けるようになるのかな、と自分を奮い立たせて
みたりもしていました。
はなさんもあんな風に弾いて、演奏会での輝かしいデビューを飾って下さいな!
聴きにいけるものなら、聴きにいきたいなぁ~(←気が早いですか・?)
>一緒にがんばらせてくださいね♪
こちらこそ、宜しくお願いします!

投稿: ぽりぃ | 2009年1月31日 (土) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルメン | トップページ | レッスン(34回目)-2 攻略:ロンカプ(その12) »