« 演奏会デビュー ~番外編:酷い音源~ | トップページ | サボっていると・・・? »

レッスン(32回目)-2 -- 攻略:ロンカプ(その10)

先日の記事に書ききれなかった、ロンドカプリチョーソの注意事項を纏めました。
備忘録のつもりなので、コメント欄は閉じさせて頂きます。

何かお気づきの点等あれば、コチラの記事からコメント下さいませ。m(_ _)m

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

pencil攻略:ロンド・カプリチョーソ(その10)

(1)1-3小節目
左手の和音は叩くのではなく、鍵盤の近くから押す感じで。1

(2)10小節目
右手をもっと滑らかに。
幽霊の手の形(?)で弾く。
手の甲、手首を少しに上げて、上から鍵盤をなぞる(触れていく)イメージで。
(特に、親指の音がいつもドスンとなるので注意。)10

(3)13小節目
印のところでいつも、一瞬固まっている→NG!
溜めてもいいが、体まで固まって音楽を止めてしまわないこと。13

(4)15-17、20,21小節目
この部分だけ急に遅くならないこと!15

(5)26小節目
印の2音にはフェルマータはついていない。
伸ばしすぎに注意!
26

(6)38小節目
diminの指示のところでいきなりPにしない。徐々に。38

(7)43小節目
フレーズの区切りは43小節目の第一音。41

(8)43小節目
指使いは以下の通りで!
43

(9)44-46小節目
きちんと強弱をつけること。右手は特に。
一定の音量だと、耳障りに聞こえてしまう。44

(10)66小節目
レ・レはスタッカートじゃない。(テヌートで。)66

(11)79小節目
ペダルはこの位置で切り替え
79

(12)82小節目~
右手はあくまでもPP!指は伸ばし気味で、鍵盤に触れるだけ!
左手がメロディー。ここもスタッカートじゃない!(10)と同じ音型。82

(13)102,103小節目
右手の上の音を出す。
その中に内声が隠れていることを意識。
レの音はスタッカート。でも、ファはきちんと伸ばすこと!(ムズイ!)
104,105小節目も同様で。
102

(14)116小節目
指使いはこの通りで!
116

(15)119小節目
ペダルのタイミングを変更。
このとき、右手のファの音はきちんと保持しないと
ペダルの切り替えのタイミングで切れてしまうので、注意!119

以上でーす。

|

« 演奏会デビュー ~番外編:酷い音源~ | トップページ | サボっていると・・・? »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事