« ウィーン・ザルツブルグ駆け足探訪記 ~音楽編~ | トップページ | ウィーン・ザルツブルグ駆け足探訪記 ~モーツァルトに逢いたくて編~ »

ウィーン・ザルツブルグ駆け足探訪記 ~食べ物・買い物編~

前記事に引き続き、ウィーン・ザルツブルグ探訪記を少々・・・。
今回は、食べ物、お買い物のお話などを。

cake食べ物
とりあえず、海外旅行のバイブル「地球の○き方」に載っている「これは!」というものは食して来ました。

Wien1①ソーセージ
ソーセージ屋台があちこちにあるのですね。
20cmくらいの長さのさまざまな種類のソーセージがソーセージ焼き器(?)の上でゴロゴロ。
「コレ!」と指差すと、その場で一口サイズに切ってくれ、
ケチャップとマスタードをつけて、立ち食い。(パン付き)
結構イケます。

②シュニッツェル
薄いトンカツもどき。
お隣の国イタリアのミラノから伝わった料理(ミラノ風カツレツ)だそうですが、
なんだかイマイチ。

③グラーシュ
これもお隣の国ハンガリーから伝わった牛肉煮込み料理。
ビーフシチューのようなものです。寒かったので、体が暖まりました。
味の方は、まぁまぁです。

Wien2④カフェ(ケーキ&コーヒー)
かつてのオーストリア皇后エリザベートが大の甘いもの好きだったことから、その名残りもあり、さまざまな種類のスィーツを振舞うカフェが街中に乱立軒を構えています。
有名店はどこも観光客だらけで、昼下がりにはどこにも長蛇の列ができていました。
これは、昼前の空いている時間帯を狙って入ったお店での一枚。
味は、品のある甘さでとてもおいしかったです。
といっても、比較の対象はアメリカの激甘ケーキなので、
日本のケーキの方が実はおいしいかも(?)

Wien3 boutiqueお買い物
お土産や以外で狙いだったのは、楽譜屋さんです。
いや~、とにかく種類が豊富でした。
「ここなら、一日時間を潰せるかも~heart04」と思えるくらい、
個人的には一番盛り上がったのですが、
連れ(=夫)が5分で飽きてきた様子だったので、
サクサクっと選んで買ったのがコレ。

・本棚の肥やしになる可能性大のショパンエチュード集(ウィーン原典版)
・今更買わなくても・・というショパンノクターン集(ペータース版)

もう一冊、マズルカ集もほしかったのですが、よくよく値段を見ると、NYで買ってもさして値段が変わらなかったので、荷物が重くなるだけ、と思い留まりました。
(ちなみに、パデレフスキ版、コルトー版はむちゃくちゃ高かったです。なんで?)

問題は・・、これら楽譜が鑑賞専用とならないよう、日々精進しないといけない、という点ですね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

探訪記はこの記事で終わりにするつもりだったのですが、
もう一つだけ書かせて下さい!
題して、~モーツァルトに逢いたくて編~ (次回記事にて・・・。)

|

« ウィーン・ザルツブルグ駆け足探訪記 ~音楽編~ | トップページ | ウィーン・ザルツブルグ駆け足探訪記 ~モーツァルトに逢いたくて編~ »

その他ひとりごつ。」カテゴリの記事

たまにはピアノを忘れて・・」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、こんにちは。

そうでしたか~。ご旅行でしたか~。
音楽に食に、充実した3日間を過ごされたようですね。

本場で買った楽譜、というのも、モチベーションアップには欠かせないものですよね。
それに、全音とかのと違って、原典版などは
飾っているだけでサマになるというか。

モーツァルト編も楽しみにしています☆

投稿: ももりん | 2008年12月 4日 (木) 09時45分

おいしそうですね!
ウィーンはとても好きな街ですhappy01

投稿: エスタ | 2008年12月 4日 (木) 10時21分

カフェのケーキ・・・おいしそうです!
イギリスの激甘ケーキと比べてみたい・・・。

楽譜は、そうですか~。次の機会にはぜひロンドンにもお立ち寄りください。ロンドンもなかなか豊富ですよ。ぜひいつか、一緒にロンドン楽譜屋ツアーしましょう~♪

投稿: gezkaz | 2008年12月 4日 (木) 11時56分

楽譜のなんとか版とかなんとか版っていうのは、なんの違いなんだろう…?楽譜の内容が版によって違うとか?
…なんて、素人風な質問ですみません(笑)

ショパンのエチュード集とか、いいなー。エチュード、憧れ~lovely
好きな曲が多いけど、私はどの曲も弾けるようになる気がしませんwobbly

投稿: のっち | 2008年12月 4日 (木) 13時06分

ももりんさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
>充実した3日間を過ごされたようですね。
そうなのです、ちょっと現実逃避してきましたhappy01
>原典版などは飾っているだけでサマになるというか
以前、モーツァルトの原典版を買ったのですが、
既に、装飾品になってますので、
これらショパンもそのうち仲間入りの予感が・・。
じゃなくて、楽譜としての本来の役割を果たしてもらうようにしないと!
ですね(笑)

投稿: ぽりぃ | 2008年12月 4日 (木) 13時49分

エスタさんへ:
ウィーンはとてもよかったです♪
でも、もうちょっと暖かければもっとよかったのですが・・(苦笑)

投稿: ぽりぃ | 2008年12月 4日 (木) 13時50分

gezkazさん、こんにちは!
毎度コメントありがとうございます!
イギリスのケーキも激甘なのですか?
でも、こちらに比べたら、見た目は品があると思うのですけど・・。
(こちらのケーキは砂糖の溶解限度を越える量の砂糖が入っているとしか
思えないくらいのとてつもない甘さです)
>ロンドン楽譜屋ツアーしましょう~♪
豊富な品揃えの楽譜屋さんですか!いいですね~~note
その節は、ぜひとも宜しくお願い致しますデス!

投稿: ぽりぃ | 2008年12月 4日 (木) 13時51分

のっちさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
楽譜の版による違いって、私も正直言って、よくわからないのです・・・sweat02
(版によって違いがあることすら、半年前までは知らなかったクチです。あはは。)
ただ、原典版というのだけは、「作曲者が書いた楽譜を忠実に再現したもの」らしく、
私の先生は「原典版では・・」とよく言っています。
その他の版は、編集者の解釈が入っていて、曲想記号や強弱記号、
はたまた音符そのものが、原典版とは違っているケースもあるそうです。
そこまでくると、私には何のことやらさっぱり??です。
>私はどの曲も弾けるようになる気がしません
私にもどの曲も弾ける気がしませ~ん・・sweat01

投稿: ぽりぃ | 2008年12月 4日 (木) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/43315190

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン・ザルツブルグ駆け足探訪記 ~食べ物・買い物編~:

« ウィーン・ザルツブルグ駆け足探訪記 ~音楽編~ | トップページ | ウィーン・ザルツブルグ駆け足探訪記 ~モーツァルトに逢いたくて編~ »