« 演奏会デビューに向けて⑦ ~きらきら星レッスン#4~ | トップページ | 後に引けない・・・! »

演奏会デビューに向けて⑧ ~人前演奏の心得~

先日のレッスンで、コンクール、受験、リサイタル(?)と、
人前演奏ついては、百戦錬磨のわが師匠に

"人前で演奏するときの心得"

なるものを教えて頂きました。

(1)椅子に座ったら深呼吸

(2)速いテンポの部分の速度を頭でイメージし、その速度から冒頭部分を逆算し、
弾き始めのスピードを決める

(3)但し!"それって、遅すぎない??"くらいのスピードで弾き始めるのがミソ!
→それくらいで、実はちょうどよい。

特にスピードについては・・・・・
人前に出ると、普段よりずっと速い速度になってしまうのが常。
(緊張で心臓がバクバクheart01するので、当然のこと。)

いきなり速く弾き始めてしまうと、こうなるそうです。

「あっっっ!こんなに速く弾き始めちゃって、どうしよう・・・!!」
→この時点でオロオロする。

「こんな速さで弾いちゃったら、途中のあの部分、ちゃんと弾けるのかなぁ・・・」
→ますます焦る。

そして、案の定、途中でコケると、
「うわ~~sweat01やっぱり、やっちゃったよ~~~!!」
「でも、いまさら速度落とせないし・・・・」

→さらに焦る。

修復不可能なまま、

「またやっちゃった・・・!」
「またやっちゃった・・・!」
「またやっちゃった・・・」
「またやっちゃった・・・」

大崩壊

これを避ける為に、

自分の中でゆとりがもてる速度で弾き始めるのが肝要!

だそうです。
経験者の言葉は身に染みます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

せっかくなので、番外編。

"人前演奏に向けてのメンタル面における事前準備"

についても。

1."人前"というシチュエーションに慣れるために・・・

家で、家族に「観客モード」で聞いてもらう

たかが家族とはいえ、観客がいるというシチュエーションに緊張感を味わえる。(らしい)
個人的には、
「録音一発勝負」
という方法でも、充分緊張感が味わえるとも思います。

2.微妙な環境変化に動揺しないようにするために・・・
対象:普段、グランドで練習している人のみ(哀しいかな・・・))

本番のピアノの状態と全く同じ状態を再現し、練習する。

具体的には・・・

(1)譜面台を立てるか、倒すか、そもそも取っ払うか
→普段譜面台を立てていて、本番のピアノに譜面台そのものがなかったりすると、
普段見えることのないダンパーの動きが目に入り、意外と気が散る。

(2)ホコリ防止用のカバーなども取っ払う
→それだけでも、視界が変わる、らしい。

(3)わかるのであれば、ピアノの蓋の開き角度なども本番と同じにする。

これだけでも、練習と同じ精神状態(=リラックス)に持っていけるそうです。

まぁ、これは、グランドがないと実践不可能なので、私には無関係なのですが、
念のため・・・。

|

« 演奏会デビューに向けて⑦ ~きらきら星レッスン#4~ | トップページ | 後に引けない・・・! »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンこぼれ話」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、こんにちはー。
これは! とっても役に立つ記事をありがとうございます。

レッスンの時先生のお宅のGPの譜面台の位置が、私の家のデジピよりもずっと高くて、それでいつも調子が狂うというのはありました。
そういう視界の違いって、けっこう大きいですよね~。

「またやっちゃった」のリフレインが・・・他人事には思えません(汗&爆笑)

投稿: gezkaz | 2008年12月22日 (月) 03時11分

gezkazさん、こんにちわ~
そちらは寒くないですか?
こちらは今日はまだマシですが、昨日は-8Cまで行きました。
(いきなり、天気ネタすみません・・)
>先生のお宅のGPの譜面台の位置が、私の家のデジピよりもずっと高くて
これ、私も同じです。
譜面-鍵盤の距離が微妙に長くなるので、
譜面を見て鍵盤の位置を確認する、という行動に若干のタイムラグが発生し、
そのうち、ついていけなくなって、演奏ストップend、なんてことがよくあります。
それ以前に、そもそも練習不足なのですけどね~・・・。
>「またやっちゃった」のリフレインが
自分でも、「デジャヴ」になりそ~・・、と思いながら書きました・・sweat02

投稿: ぽりぃ | 2008年12月22日 (月) 03時55分

ぽりぃさん、こんにちは。
そちらはもう極寒なのですね。

記事、とても参考になりました。

特に「それって遅すぎない??くらいのスピードで始める」というのが目から鱗です。
思い出せば、子供のころの発表会で小犬のワルツを弾いたとき、
「あっ しまった」と自分でも思うくらいのハイスピードで弾き始めてしまい、
最後まで浮ついた気持ちのままだったのですが、
この方法で落ち着いてイメージを作ってからなら、大丈夫そうですね。

グランドピアノの譜面台とデジタルピアノの譜面台(アップライトもこっち側ですよね)の高さの違い、
あれって、なんとかならないものですかねぇ。
あの高さの違いが、曲を弾くときにもかなり影響していると私も思います。

投稿: はな | 2008年12月22日 (月) 06時56分

はなさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございま~すw
>そちらはもう極寒なのですね。
そうなのですよー。というより、温度差が激しくて、
たった2-3日で20Cくらい上下したりします。(←これは本当に困ります。)
>小犬のワルツを弾いたとき
小犬dogを発表会で!
これも暴走runを誘う曲ですよね~。
かといって、遅すぎると小犬じゃなくなっちゃいますし・・。
難しいところですが、はなさんなら、美しく演奏されたのでしょうねshine
譜面台の高さはやっぱり戸惑いますよね。
普段グランドで練習されている人は、首が疲れたりしないのかな?
なんて思ってしまいます。

投稿: ぽりぃ | 2008年12月22日 (月) 10時24分

「またやっちゃった」
「またやっちゃった」
「またやっちゃった」
ピアノに限らずあるあるあるある(笑)とパソコンの前でニヤついちゃいました。
人間、心のゆとりって大事よね~coldsweats01

投稿: のっち | 2008年12月22日 (月) 13時46分

のっちさん、こんにちわ!
>「またやっちゃった」*3
負の連鎖、ってやつですね。
私なんて、日常茶飯事ですよーー。
でも、発表会でこれだけはしたくないっ!
でも、しそう・・・。(いや、そう思うからいけない!)
あ、お返事コメントなのに、ひとりごちてしまいました。
スミマセン・・・。
のっちさんはこんなスパイラルにはまらないようにしてくださいね~happy01

投稿: ぽりぃ | 2008年12月22日 (月) 14時24分

ぽりぃさん、こんにちは!

人前演奏の心得3つ、なるほど~flair
納得しました。
練習ももちろん大事だけれど、メンタル部分が大きい
のかな なんて感じています。それは、今までの私の
経験からですけどね・・特に私は人前で話したりするのも苦手なほうですので、あがりやすいのですよwobbly 
あとは、家族でも友達でも聴いてもらうというのも
いいですよね。やはり一人で弾くのとは違いますし。

先日のミュースで、NYで大寒波 とありましたが、
相当な寒さなんでしょうね!ぽりぃさんのお住いの
ほうは大丈夫でしょうか??気になりました・・・

投稿: ひろ | 2008年12月23日 (火) 14時05分

ひろさん、こんにちは!
こちらは寒いですっ!(ご心配頂き恐縮です。)
今朝は、-13Cで、さすがに仮病を使いたくなりました。
明日はだいぶ和らぐみたいなので、よかったです~・・。
ひろさんはもう何度も人前演奏をご経験済みの
私からすれば、大先輩なのですが、それでも、まだ緊張されますか?
いくつになっても、人前で何かするというのは緊張するものなのですね。
しゃべりなどは、適当にごまかせますが、
演奏のときの緊張は並々ならぬものなのでしょうねぇー・・・
(想像するのも恐ろしいデス・・・・shock

投稿: ぽりぃ | 2008年12月23日 (火) 14時46分

「あっっっ!こんなに速く弾き始めちゃって、どうしよう・・・!!」

↑ 
私もよくこうなります!!
私だけじゃないんですね(~_~;)

前の先生が言ってましたが、どんなに場数踏んでも緊張するものらしいです。先生も緊張するって言ってました!!特に練習不足や自分の苦手な箇所があると緊張が倍増するらしいです。
なので、暗譜で目の前にそのままコピーした楽譜が出てくるぐらいに弾き込んで、注意書きまで一緒に覚えてしまうと良いそうです♪
“私はこんなに頑張ったから大丈夫”って自己暗示にかけるといいのかもしれないですね♪
あと、手の平に人という漢字を3回書いて飲むとか、観客をじゃがいもやかぼちゃやと思うとか・・・
がんばれ~!!!

投稿: ポチ☆ | 2008年12月23日 (火) 20時49分

ポチ☆さん、こんにちは!
>あっっっ!こんなに速く弾き始めちゃって
え!?ポチ☆さんも?
ポチ☆さんの音源を聞いている限りでは、とてもとてもそうは思えないのに。
>特に練習不足や自分の苦手な箇所があると緊張が倍増
なるほどねぇ~。自信を持って臨めば、大丈夫ってことですね。
>暗譜で目の前にそのままコピーした楽譜が出てくるぐらいに弾き込んで、
>注意書きまで一緒に覚えてしまうと良いそうです♪
ほほーー、それくらい弾き込む必要があるということですね!
>私はこんなに頑張ったから大丈夫”って
>自己暗示にかけるといいのかもしれないですね♪
最後は、これですね!!私も当日はこれで行こうと思ってます。
(でも、過信は禁物ですよねー。これでよく失敗する私なのですが・・)
>手の平に人という漢字を3回書いて飲むとか
これは定石のおまじないですね!
変な日本人と思われても、これもやろうと思ってます!
ポチ☆さん、いろいろとありがとうございます!
すっかり勇気付けてもらっちゃいました!!武者震いがしてきたぞ~~。

投稿: ぽりぃ | 2008年12月23日 (火) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/43452521

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会デビューに向けて⑧ ~人前演奏の心得~:

« 演奏会デビューに向けて⑦ ~きらきら星レッスン#4~ | トップページ | 後に引けない・・・! »