« スタンウェイ弾き散らかし! | トップページ | 演奏会デビューに向けて⑧ ~人前演奏の心得~ »

演奏会デビューに向けて⑦ ~きらきら星レッスン#4~

来る、2009年1月10日の演奏会デビューに向けての雑多な記録です。

お披露目予定曲:モーツァルトの「きらきら星変奏曲」

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

お披露目予定曲の特訓記録"その4"です。(少し更新が遅れましたが・・・)

今週もみっちり指導頂きました。
演奏そのものだけではなく、人前演奏にあたっての心得なども伝授頂き、
いつも以上に実りあるレッスンでした。(人前演奏の心得は別記事で。)

攻略の前に、暗譜の話を。

先生の「当日は暗譜で弾かれるのですか?」の質問に、
「一応そのつもりです」と答えた私。

本当は楽譜を持ち込みたいのだけど、
譜めくりが面倒だし、譜めくりで音楽が途切れるのもイヤだし、
なにしろ暗譜の方が見た目かっこいいしねsmile
(↑不純な動機・・。でも、それで暗譜が飛ぶのが最もかっこ悪いのだけども・・・sweat01
すると、

「絶対にその方(暗譜)がいいですよ。」

とのこと。見た目云々ではなくて、(そりゃそうだ・・・)

「楽譜を見る」という行動に余計な神経を使うことなく、演奏に集中できる

という理由から。
自分の音を聴く余裕がうまれ、鍵盤を見れることで、タッチにも気を遣えるとのこと。

暗譜は人前で演奏するにあたっては、当然のことなのでしょうけど、
自分の備忘録の意味で、記事にしてみました。

では、以下、まだまだ出てくるきらきら星攻略です。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

(1)25小節目~(第1変奏)
左手の音量は一定で。
腕に力を入れて"ぶらぶら"しないように腕を固定。
手が"ぶらぶら"すると、余計な動きが出てしまい、打鍵の強さにムラがでる。
=音量にムラが出る。
25

(2)33~36小節目(第1変奏)
指121→131へと変更。
手は固定し、変に上下させない。
33

(3)第3変奏冒頭
出だしはもっと堂々と。(fなので)
73

(4)76,77小節目~(第3変奏)
右手の音の長さを一定に。
同音打鍵のところ(?)が焦っているように聞こえる。77

(5)77小節目~(第3変奏)
左手は少し歌う感じで。音量は一定に。772

(6)第4変奏冒頭
出だしはもっと堂々と。(fなので)
97

(7)120小節目(第4変奏)
左手はdcresc.で終わること。
120

(8)201~208小節目(第8変奏)
揺れ過ぎ。もう少しインテンポで。
201

(9)219小節目~(第9変奏)
左手の音量を一定に。(1)と同じ要領。
同音打鍵部分は、指が替えをするのも方法。217

(10)236小節目~(第9変奏)
右手がバラバラしているので、もっとまとめてハッキリと。236

(11)244小節目~(第10変奏)
相変わらず、右手の3度の和音がバラバラ。
3音まとめての和音練習で、腕の位置、指の位置を体に覚えこませる。
和音ごとに手が奥←→手前、と前後させない。245

(12)274小節目(第11変奏)
右手はdcresc.で
274

(13)280小節目(第11変奏)
ド-ソは279小節目の最後にritをかけたテンポでの1.5拍分の長さを意識
「3連-3連」はコロコロと転がるように。(鍵盤を触る程度。)279

(14)297小節目(第12変奏)
同音打鍵の2音目はハッキリと。
2音目は少し上から叩くことを心がけるとよい。
(1小節の強弱バランス、強-弱-中強は忘れないこと)297

(15)315小節目(第12変奏)
左手最後の音が抜けるのできちんと打鍵すること315

(16)316~319小節目(第12変奏)
音型に従って、
盛り上がって-落ち着く
盛り上がって-落ち着く
の抑揚をつける。
316

(17)320小節目(第12変奏)
最初の音はスタッカートにしない。
(18)322~333小節目(第12変奏)
一瞬の間をおいて、フィナーレを印象付けるとよい。320

今週の特訓はここまで。

|

« スタンウェイ弾き散らかし! | トップページ | 演奏会デビューに向けて⑧ ~人前演奏の心得~ »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事

コメント

これだけ細かい所まで注意するには楽譜無しでは弾けないんじゃ??って思いましたが、逆なんですね。
暗譜の方が演奏に集中できるって、しかも指のタッチにも神経を使えるなんて、驚きですeye
ぽりぃさんの記事読んで、私まで緊張して来ました!!

投稿: ポチ☆ | 2008年12月20日 (土) 17時36分

そうですよね。私もこれだけの指示を守るためには楽譜がないとできないのではと思いますが、それを全部記憶して演奏するってすごいですよね~~~~。
つまりは指導されたことを言われたとおりにして、さらに自分のものとして咀嚼して、自分の演奏にするってことですよね。
がんばってくださいね。
また音源アップ楽しみにしています~~~。

投稿: のぞみ | 2008年12月20日 (土) 20時42分

ぽりぃさん、こんにちはーー。
演奏会に向けて、先生のご指導も力が入っているご様子。
人前演奏の心得の記事も楽しみにしています。

皆さん↑おっしゃってますが、私も音源が楽しみです! ぜひアップしてくださいー。

投稿: gezkaz | 2008年12月20日 (土) 21時56分

ポチ☆さん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
>楽譜無しでは弾けないんじゃ??って
その通りです!!
注意事項を全部忠実に守っていこうとしたら、
楽譜がないと絶対にムリです!!
(楽譜があってもムリです~wobbly
だから、半分くらい守れたらいいかな、くらいの気楽な気持ちで
臨もうとおもってます。
(って、それじゃレッスン受けてる意味がない??)

投稿: ぽりぃ | 2008年12月21日 (日) 00時53分

のぞみさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
>これだけの指示を守るためには楽譜がないとできないのでは
ぜ~~~んぶ忠実に守ろうとしたら楽譜があっても、
とてもとてもムリです~wobbly
すぐにできそうな部分だけは確実にして、
そうでない部分はムリに直していくのは避けようと思ってます。
(特に、指使いの変更は、いまさらの修正が結構大変なので・・)
音源は、録れたらとってみますね。
(もうちょっと大胆さが必要になりそうで・・)

投稿: ぽりぃ | 2008年12月21日 (日) 00時58分

gezkazさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうござます!
お、音源ですねぇ・・・・・。
発表会本番の録音は無条件で録られるようなので、
そちらで・・、ということになるかもしれませんが・・・。

投稿: ぽりぃ | 2008年12月21日 (日) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/43452414

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会デビューに向けて⑦ ~きらきら星レッスン#4~:

« スタンウェイ弾き散らかし! | トップページ | 演奏会デビューに向けて⑧ ~人前演奏の心得~ »