« メリークリスマス! | トップページ | 演奏会デビューに向けて⑨ ~きらきら星レッスン#5~ »

レッスン(30回目) -- 攻略:ロンカプ(その9)

【現在の進捗】
課題曲#1(ロンドカプリチョーソbyメンデルスゾーン):譜読み開始から12週目/レッスン9回目
課題曲#2(きらきら星変奏曲byモーツァルト):演奏会デビュー用特別レッスン5回目

月曜日(12/22)のレッスン記録です。
いろいろと立て込んでおりまして、すっかり遡り更新となってしまいました。m(__)m

shine今週もきらきら星から。
今週は暗譜でトライ。
第10変奏まではなんとか辿りつくものの、
その、第10変奏でズタボロになった動揺を収め切れず、第11変奏でついに暗譜飛び。

先生「(第10変奏の)ここ(ボロボロになったところ)ねーー。」
先生「それで最後崩れちゃいましたね。」

は、はい・・・。その通りです・・・。
些細なミスで簡単に動揺し、その後は平常心に戻れない、チキンchickな私なのです。
本番が思いやられるなぁ~・・・・。

そんな私の心のつぶやきはよそに、

先生「じゃぁ、もう一度最初から弾いてみましょうか」

と、楽譜を譜面台に広げ、レッスン開始。

今週もあれこれ指導がありました。
本番まであと3週間なのですが、もはや頭がパンク状態です。
「完成」という名の山の頂は何処やら・・・。

指導詳細は、別記事「演奏会デビューに向けて」シリーズにて。(コチラ

bellロンカプ(久々)見参!
今週も1時間みっちりきらきら星だったのですが、
先生の「弾いてみます?」のお言葉に甘えて、
途中まで弾かせてもらっちゃいました。

先生「おーー、だいぶ弾けるようになりましたねーーnote

と、本日の初嬉しいお言葉!
まぁ、3週間くらいブルペンで投げ続けていたようなものなので、
それなりに弾けるようになっていてくれないと、困るのですが・・・。

延長戦に突入していたので、本当に少しだけの指導でおしまいとなりました。

それが以下です。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

wrench攻略:ロンド・カプリチョーソ(その9)

(1)1ページ目のあちこち
ペダルのタイミングがおかしい。
「弾いたら、踏む」このタイミング。
(どうやら、私は弾くのと同時に踏んでいるっぽい。)4

(2)103、105小節目(同じ音型のところは全て)
スタッカートじゃないので、きちんと長さ分伸ばすこと。103

以上です。(ほんとにちょっとだ・・・)

cafeレッスン後に、生バラ1!!!
実は、先生が密かにショパンのバラード1番を練習されているのを知っていた私。
もとはといえば、私が観客で参加した演奏会でバラード3番を演奏している人がいて、

  「すげかった!!!!」

とお話したのがきっかけ。そのとき、先生は

「1番なら、すぐにメロディが出てくるんですけどねー。」

と仰っていたのですが、まさか、翌週には楽譜(←パデレフスキ版、さすが~)を調達され、
3週間後には既に半分くらいまですらすら弾けるようになっちゃうだなんて、
さすが、先生なのです!
そこで、お願いしてみました。

私「先生、バラード弾いてくださいよ~!」

先生「え~~、でも、まだ途中までなんですよーー」

といいながら、ピアノに向かう先生。

そして・・・・

ユニゾンで始まる序奏、なんて深い響き・・・
どこまでも哀愁が漂い、まだスピードは抑え気味ながらも、
右手の旋律がきらきらと光る第一主題・・・
私がこのバラードの中で一番好きな部分の、第二主題は、
たっぷりと歌い上げられ、あまりの美しさに思わず涙がこぼれそうに・・・

先生「ごめんなさい、まだここまでなんです。」

私「ブラボーです~~~~!!あぁ、生バラードが聴けるなんて!」
私「先生、本当にありがとうございます!!」

先生から、思わぬクリスマスプレゼントを頂いてしまった、
そんな気がしたレッスンでした。
そして、バラード1番、いつか弾くぞ!と心に誓ったレッスンでもありました。

次回のレッスンは来年です。
先生もクリスマス&お正月はお休みしてもらわないとね。

|

« メリークリスマス! | トップページ | 演奏会デビューに向けて⑨ ~きらきら星レッスン#5~ »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、こんにちは。

練習ではなんてことない部分でも、
レッスンだと、いきなり暗譜飛んだり、
いつもとは違うところで間違えて動揺したり・・・ってありますよね。
私も、先日、レッスンでバッハ暗譜して弾いていたとき、
突然左手がわけわからなくなりました。

普段から、人前で弾く機会を作るようにすればいいのかもしれませんが、
なかなかそういうわけにはいきませんよね。
ここは旦那さん相手に、年末年始特別リサイタルを・・・。

それにしても、先生の生バラード、いいですねぇ。
結局、先生も1月の演奏会に出演されるんですか?

投稿: はな | 2008年12月27日 (土) 11時12分

はなさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
バッハの暗譜は難しいですよ~。
しかも一回つっかかるとどこから始めたらよいか、
いきなりパニックになりませんか?
バッハの暗譜なんて、今の私にはムリかも・・・。
>ここは旦那さん相手に、年末年始特別リサイタルを・・・。
それも考え中です。
でも、うちのは少しでも間違うと、間髪いれずに野次を入れてきそうなので、
弾いている方も逆ギレしそうで・・(苦笑)
>結局、先生も1月の演奏会に出演されるんですか?
残念ながら、先生は演奏されないのです。
いろいろとお忙しいらしく・・ご帰国の準備もあるでしょうしね・・。
でも、今度は、先生の別のレパートリー(スケルツォ#2)でも
ねだってみようと思ってますcoldsweats01

投稿: ぽりぃ | 2008年12月27日 (土) 11時51分

>バッハの暗譜は難しいですよ~。
しかも一回つっかかるとどこから始めたらよいか、
いきなりパニックになりませんか?

なります。
「あれ??あれ??」みたいな感じで。


>でも、うちのは少しでも間違うと、間髪いれずに野次を入れてきそうなので、
うちもです。
というか、「練習したら、CDみたいに弾けるようになるやろ」と思っている節があって、
間違えると、失笑されるんですよね。。。
いやいや、CDみたいに弾けたら、
ここで、君相手に、電子ピアノで弾いてないから!って言いたい気分ですよね。

あ でも、ぽりぃさんの旦那さんやうちみたいに、
間違いに厳しいほうが、リサイタルみたいな緊張感で弾けていいのかな!?
それとも、穏やかな家庭生活のためには、スタインウェイのサロンとかになるんですかねぇ。

>でも、今度は、先生の別のレパートリー(スケルツォ#2)でも
ねだってみようと思ってます
おぉ~。
いいですね!

投稿: はな | 2008年12月27日 (土) 12時09分

はなさん、再びコメントありがとうございます♪
>なります。
>「あれ??あれ??」みたいな感じで。
あ、やっぱりそうですよね?
途中から弾きなおすより、最初から弾きなおした方が確実っていう・・。
(だから、バッハって苦手なんですよね~・・・)
>「練習したら、CDみたいに弾けるようになるやろ」と思っている
うちもそうですよーー。全く。
最近、月光3のアシュケナージ版が気に入ったらしく、同じものを強要してきました。
ムリだっちゅーねんannoy。(そんなことができたら、私はここにはいません、ですよ。)
>間違いに厳しいほうが、リサイタルみたいな緊張感で弾けて
音大受験の疑似体験とかにはいいかもしれませんね。
有無を言わさず途中で止められるかもしれない、緊張感を味わうには・・(苦笑)
発表会のリハには、やっぱり野次はいやだなぁ~・・・・。
「うんうん、よかったよ♪」と聴いてくれる
やさしい旦那様がほしいですよねぇ~・・。

投稿: ぽりぃ | 2008年12月27日 (土) 14時26分

私はカラオケで普通の曲すらまともに歌えない両親のもとに育ったので、両親が私のピアノをきいて「へたくそだ」というのは慣れましたが、正直私のハノンはうんざりしているようす・・・・・。
なのでサービスで毎日エリーゼのためにを弾いています(そういう誰でも知っている曲を弾いてちょっと近所の人にサービスしたつもりだけど、騒音被害をまき散らしているかも・・・・)

夫がいたらと思いましたが、そうですか。
ヤジがとぶのですか(笑)?
それは困りますね~~~~~。
羊のようにおとなしいダンナさんならいかがでしょうか。何を演奏しても、
「んーーーー上手だねえ。さすが君のやることは違う」なんていわれたら、いかがでしょうか。
そんな男性は想像できませんが(笑)。

投稿: のぞみ | 2008年12月27日 (土) 21時45分

のぞみさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
>毎日エリーゼのためにを弾いています
エリーゼの為にって、私は真ん中のちょっと速いところが弾けなくて、
いつも挫折してますよー。
そういう小曲のレパートリーがあるのもいいですよね。
ご両親の為にだなんて、なんて親孝行な!
>羊のようにおとなしいダンナさんならいかがでしょうか。
ピアノを聴いてくれるときはそれでいいのですが、
それ以外でいつも羊くんだと、今度は、
「はっきりせんかいannoy男のクセに!!」
ということになるのは目に見えてますcoldsweats01
女も勝手なもんです。あはは。

投稿: ぽりぃ | 2008年12月28日 (日) 00時34分

 発表会のリハには、やっぱり野次はいやだなぁ~・・・・。
 「うんうん、よかったよ♪」と聴いてくれる
 やさしい旦那様がほしいですよねぇ~・・。


  ↑
うちの旦那はこんな感じで、何を弾いても
『上手やなぁ』しか言いません。
それはそれでイラっときますよ(苦笑)
なので『具体的に何がどう良かったのか?100点中何点か?』を聞くようにしてます♪
でも、上手って言ってくれるわりに、今まで一度も80点を超えたことはないんですよね~(~_~;)

投稿: | 2008年12月28日 (日) 17時23分

上のコメント、名前記入忘れました!!

投稿: ポチ☆ | 2008年12月28日 (日) 17時24分

名無しのポチ☆さんへ(笑)
いつもコメントありがとうございます!
ポチ☆さんの旦那様はお優しい方なのですね~heart01
「上手だな~note」なんて、うちの旦那の口からなんて、
一度たりとも出たことがないですよーーpout
(実際、上手じゃないんだろうけど・・sweat02
でも、100点じゃない理由(なんで減点されてんの!?)も知りたいですよね。

投稿: ぽりぃ→ポチ☆さん | 2008年12月29日 (月) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/43541393

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン(30回目) -- 攻略:ロンカプ(その9):

« メリークリスマス! | トップページ | 演奏会デビューに向けて⑨ ~きらきら星レッスン#5~ »