« レッスン(20回目) -- 攻略:月光③(最終回)&ショパンノク#16(その2) | トップページ | 音源です。~月光3楽章~(β版) »

ドン・ジョバンニ

オペラシーズン到来です!
というわけで、昨日、今シーズン初のオペラ鑑賞に行ってきました。
う~ん、やっぱりオペラはいいですheart04
なんといっても、オーケストラ、歌、劇がフルセットですから!!

演目は・・・
タイトルにある通りです。モーツァルトの3大オペラの一つ。
(あとの2つは、「フィガロの結婚」と「魔笛」。魔笛じゃなくて「コジ・ファン・トゥッテ」とする説もあり。)

モーツァルトを題材にした「アマデウス」という映画を見た方はご存知かもしれませんが、
モーツァルトを死に至らしめる作曲依頼をする、黒ずくめの男のテーマ曲(彼が登場するたびに流れるおどろおどろしい音楽)がこのオペラのクライマックスに使われています。

一行ストーリー
女たらしの主人公「ドン・ジョバンニ」がその品行を改めず、地獄に落ちていくお話。

と書くと、怖い話のようですが、喜劇です。
でも、主人公が地獄に落ちるという結末から、悲劇とも言われるそうですが、
個人的には、完全なる喜劇です。だって、おもしろいんだもの。
(ストーカー女:エルヴィラがいい味出してました)

余談ですが、ドン・ジョバンニは地獄からの使者(自分が過去に殺してしまった騎士長←夜這いをかけた女の子のお父さん)
  「女遊びは止めろ、さもないと地獄行きだ」
と言われても、
  「止めるか、これがオレ様の生き方だ!」
と突っぱねて、結果、地獄に落ちて行く潔さは、逆にかっこよくも思えたりして。

キャスティング
ビジュアル、最高でした!大満足。
だいたい、いつもどこかに

・もてもてのお姫様役なのに、"ド"ブサイク(トゥーランドットの姫役)
・病気で死んでいく役なのに、非常にふくよかで健康的(椿姫のヴィオレッタ役)
・一番人気の闘牛士役なのに、線が細くてバーテンっぽい(カルメンのエスカミーリョ役)

のようながっかりキャストがいるのですが、今回は完璧でした!
なにせ、主役(ドン・ジョバンニ)のErwin Schrottさんがよかった!!
(彼のHPはココ
この役をはまり役にしている歌手らしく、いやいや、素敵でしたぁ~lovely
ストーカー女のエルヴィラもそれっぽかったし、結婚前の田舎娘、ツェルリーナも本当に若くてか細い歌手で、雰囲気が出てました。
もちろん、皆さんの歌もとても素晴しく、ビジュアルとともに、とても楽しめました。
やっぱり、オペラにとってビジュアルも非常に重要な要素だと、改めて感じた次第。

ちゃんと書き始めると長くなりそうなので、以下、まとめ
ご存知の通り、モーツァルトはピアノ曲、交響曲、協奏曲など、
さまざまな曲を作曲していますが、
私はモーツァルトの「真のキャラ」が最もよく出ているのはオペラだと思います。

オペラでも彼の天才ぶりはいかんなく発揮されていますが、遊び心も満載です。
例えば、このドン・ジョバンニの中に、自身の「フィガロの結婚」のお気に入りのフレーズを「最近の流行曲」として入れて、宣伝してみたり。
他の作曲家の流行曲も「ついで」で入れてみたり。
そして、どれも、心から楽しめちゃう音楽ばかり。

一方、ピアノや交響曲は、彼の「本当は破天荒なキャラ」を抑えた
お行儀のよいものが多いかな、と思います。

モーツァルトを知りたくば、オペラを観るべし!デス!

|

« レッスン(20回目) -- 攻略:月光③(最終回)&ショパンノク#16(その2) | トップページ | 音源です。~月光3楽章~(β版) »

オペラ・コンサート」カテゴリの記事

コメント

オペラですか!
芸術の秋という感じでいいですね♪
以前先生にモーツァルトを弾くならオペラとかオーケストラとか勉強しないとと言われてモーツァルトを習うのは敷居が高いのねと思った事があります。
「アマデウス」はとても好きな映画で、何度も見ました。
なのでドンジョバンニは確かに、黒尽くめのサリエリがモーツァルトを精神的に追い詰めるイメージがあっておどろおどろしい物かと思ってたのですが喜劇だったんですね!
ぽりぃさんの文章を読んでましたら機会があったら見に行ってみたいと思いましたよ。

投稿: tamao | 2008年10月 3日 (金) 15時10分

ぽりぃさん、はじめまして。
かねてから楽しく拝見していたのですが、はじめてコメントさせていただきます。

ぽりぃさんのオペラ鑑賞記がとっても楽しくて、今まで歌が入ったとたんに気持ちよくなって眠ってしまうため、積極的にオペラに行こうとはしていなかったのですが、ぜひ観に行きたいと思うようになりました。

一行ストーリー、素晴らしいです。これさえあれば、観に行けますhappy01

これからもよろしくお願いします~。

投稿: gezkaz | 2008年10月 3日 (金) 18時07分

ぽりぃさん、こんばんは!

オペラ観劇ですかぁ!いいなぁ~~lovely
何年か前に、お手頃な価格で見れるということで
「コジ・ファン・トゥッテ」を見ました。初めての
オペラでしたが楽しくて面白かったですnote
そちらでは、気軽にオペラを楽しめるようで羨ましい
です。いろいろなオペラがあって見に行きたいけれど
すごい金額だったりする事もありますよ。
前にも書いたと思いますが、日本はなんでも高くて・・ 
芸術系は特に。美術館やコンサートは、もう少しお手頃価格にしてほしいものです。

投稿: ひろ | 2008年10月 3日 (金) 19時56分

tamaoさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
tamaoさんも「アマデウス」ファン(?)なのですね!
私も、この映画は何度も見ました。
モーツァルトのイメージがぶち壊れましたけどね~(笑)
でも、私はこの映画で完全に「モーツァルトファン」になりましたよ~。
(弾く側としての"ピアノ曲"はちょっと別ですけど・・。だって、ムズイ・・sweat01
ドン・ジョバンニは私も最初は、悲劇(というか、ホラー?)かと思っていました。
でも、おどろおどろしいのは地獄落ちのシーンだけで、最後のオチも
「放蕩してるヤツはこんな目にあっちゃうので、みんな気をつけよう!」
という、主人公抜き(なぜなら地獄に落ちちゃったので)のフルキャストでの
大合唱で締めくくられます。
ドンジョバンニに限らず、モーツァルトのオペラはどれも本当に楽しいので、
機会があったら、ぜひご覧になってみてくださいね!

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 3日 (金) 22時59分

面白そうなオペラですね。
ストーリーが面白そう。

だけど、私は実はファンタジーの映画とか、宝塚とか、ディズニーランドとかのテーマパークなどなどが苦手なので、オペラもその世界に入れるかどうかとっても不安なんですよね。ミュージカルもものによっては苦手です。
(歌舞伎やふつうの日本のお芝居は大丈夫なのですが。だけど登場人物が少ない芝居とかはわざとらしく感じられて苦手だったりすることもある)

というわけで、不安ですが、ぽりぃさんの記事を読んでいたら行きたくなりました。

投稿: のぞみ | 2008年10月 3日 (金) 23時16分

gezkazさん、はじめまして!
ご訪問ありがとうごさいます!
いつもこんなまとまりのないブログをご覧頂いていたのですね。(恐縮デス・・)
オペラは、私も「人について行く」状態だった頃は、全く予習もせず、
いつも、どこかで寝ちゃってました・・sleepy
でも、今思うと、「なんてもったいないことをしたんだろう!」と思います。
ストーリーだけじゃなくて、音楽や、そのオペラが書かれた経緯、
時代背景、あとはその日のキャスティングなんかも予習をしていくと、
楽しくて本当にあっという間に時間が過ぎてしまいます。
そして、リピーターになってしまうのですよね~(多分宝塚みたいなもんです。?)
gezkazさんも、機会があれば、ぜひぜひご覧になってみてくださいね。
オペラの魅力にとりつかれること、間違いなしです!
これから、gezkazさんのブログにもお邪魔しますね~happy01

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 3日 (金) 23時29分

ひろさん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます!
ひろさんは、「コジ・ファン・トゥッテ」をご覧になっているのですね!!
私が次に見たいな~、と思っているオペラです~
(でも、今年もNYではやらないんですよ~・・・weep
これも、喜劇ですよね。というか、モーツァルトは悲劇は書いてなかったはず。
日本は、芸術系は本当に敷居が高いですよねー。
だからなのかな、こちらでのオペラやクラシックコンサートには、
結構日本人が多いです。
私みたいに「こっちにいる間に、しこたま行っておこう!」という人が多いのかなぁ。
それと、日本人は、基本的にクラシック音楽が好きな国民なのだと思います。
(だから、日本でのコンサートも需要>供給で値段が高いのは・・・・)

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 3日 (金) 23時31分

のぞみさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
>ストーリーが面白そう。
そうですね、単純なストーリーなので、見ていてもわかりやすくていいですよー。
オペラも「ありえないことだらけ」の設定なので、宝塚とかディズニーランドとは
その点は同じですが、日本の歌舞伎と同じで、格式高い芸術だと思います。
逆に、「ここ、絶対にありえな~~~~い」という目で見るのも面白いですよ。
楽しみ方はいろいろあると思います。
DVDとかでもぜひ一度ご覧になってみてくださいな。

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 4日 (土) 05時17分

オペラ鑑賞いいですね♪
私は本当に部分、部分でしか観たことがないんですよ~(テレビで)。もちろん生オペラ鑑賞経験もなし。生は圧巻だろうなあ・・・!オペラ音楽は好きなのに何故か劇場にはなかなか足が向かいません(^^;。

月光③、自主練習がんばれ~!
↓でぽりぃさんが弾きにくい、と挙げてる部分・・・私がいつも「あーもう、弾きにくいなぁ~」とぶちぶち言ってる部分と同じです(笑)。なんかこう、指密度(?)が高くてまどろっこしいんですよねぇ。

投稿: | 2008年10月 5日 (日) 14時31分

宙さん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
>もちろん生オペラ鑑賞経験もなし。
クラシック音楽に造詣の深い宙さんなので、これは意外です。
いやいや、機会をみて、是非ご覧になってみてくださいな。
オペラを見てしまうと、普通のコンサートがなんとなく物足りなく
感じてしまうほどです。(もちろん、普通のコンサートも素晴しいですけどね。)
月光③のあの部分、宙さんもそう感じられますか?
そうそう、指密度が高い、って言い得て妙です(笑)
何度練習しても、この部分はグダグダなままです。あぁ~~annoy

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 5日 (日) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/42668210

この記事へのトラックバック一覧です: ドン・ジョバンニ:

« レッスン(20回目) -- 攻略:月光③(最終回)&ショパンノク#16(その2) | トップページ | 音源です。~月光3楽章~(β版) »