« ボタン+クリップ+マッチ箱 | トップページ | 人前演奏 »

レッスン(22回目) -- 攻略:ショパンノク#16(その3)&ロンカプ(その2)

【現在の進捗】
課題曲#1(ノクターン#16byショパン):譜読み開始から5週目/レッスン4回目
課題曲#2(ロンドカプリチョーソbyメンデルスゾーン):譜読み開始から2週目/レッスン2回目

sun今日もショパン(ノクターン#16)から・・・
今週は、部分練習ツールを各所で多用し、かなり練習を積んでいったつもりでした。
が・・・・、弾くなり、

「う~ん、左手だけ、最初から弾いてみましょうか。」

とのお言葉。(確かに、あちこち間違ったしなぁ・・・crying
というわけで、片手ずつ間違いやすい部分を指使いとともに再度見直して頂きました。
弾けない自分がいけないのですが、
「かなり練習したんですけどね・・。」
ちょっとだけ恨み節などを言ってみると、

「音は出てるのですが、歌えてないんですよねー
とにかく、左手だけで十分歌えるように練習してみてください。」

とのことでした。
メトロノームで練習した後に、左手を揺らす練習でもいいです。」
だそうです。
メトロノームさん、満を持しての登場!、ですかね??やった!
(いやいや、本当はまだ譜読みも後あと12小節も残しているのです・・)

そして、最後に、
「この曲、辛いですか?」
などと、聞かれる始末・・。
「いえいえ、とんでもないです!今週になって、だいぶ楽しくなってきましたnote
(先週まではかなり辛かったですが・・)
と答えましたが、辛そうに弾いてるように聞こえるのでしょうかね・・
それもまた哀し・・・coldsweats02

そして、今週もまた「歌うnotes練習は続くのでした。
(グルードさんみたいに、本当に歌いながら練習してみるかな?)

bellロン・カプの状況
今週は、殆どショパンに時間を割いてしまったので、
こちらは先週と同じページを繰り返し練習しただけで、譜読みは進みませんでした。
先生も自身が学習した際の楽譜をわざわざ日本のご実家から取り寄せて下さったらしく、当時の記憶&記録を辿りながらの追加注意事項を頂きました。
詳しくは「攻略:ロンド・カプリチョーソ(その2)をどうぞ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

wrench攻略:ショパンノクターン#16(その3)

基本的には「とにかく歌う」ことが大命題です。
その他の注意事項は以下。

(1)53小節目
53
今の指使い(青)について、あまりにも弾きづらいので別案(黄色)を頂きました。
ただ、手は丸めて鍵盤と手の間に空間を多く作って、指が動きやすくすること。

(2)54小節目
54
ここは、左の♭シ と右の♭ラを同時に押さえる。(ペダルに収めるため)

(3)61小節目
61
ペダルを踏むタイミングは青色の通り。黄色の音をきれいに響かせる目的。


続いて、pencil攻略:ロンド・カプリチョーソ(その2)

(1)1-6小節目
16
・最初の3小節目まではrubatoかけてもよい。(青文字の感じで)
・同時に、u.cペダルを踏む
ちなみにウナ=1本の弦という意味だそうです。だから弱音になるのね。
・左の低音の和音は大きくなりすぎないこと。

(2)12,13小節目
1212
・ここはどんどん盛り上がっていくイメージ

(3)14-17小節目
1417
・左手の64分音符は、先生の楽譜では全て32分音符で記載されていた。
結論としては、どっちでもよい。(先生は32分音符で弾いていたらしい。)
・左手のffのついてない和音は小さく!(ピアノで!)
・17小節目はcresc。左手もそれに準じて大きくしていく

(4)22小節目
22
担当の手を変更。一部、右手で弾くように。
同時に、左の指使いも変更

(5)25小節目
25
この和音は手を降り落とさない。鍵盤の近くからそっと押すように

今日は、こんなところでした。

cafeレッスン後・・・
いきなり、こんな質問をしてみました。

1ヶ月後に人前で何かを演奏するのって、無謀でしょうか?」

先生sign02」(先生ビックリ。皆様もビックリ?)
ことの経緯はといいますと、とある方に
「素人に限定した音楽好きサークルのようなもの」に声をかけて頂きまして、
その次回の活動予定が1ヶ月後、というわけなのです。
皆様が過去に弾かれた曲や、時間制限等について説明すると、

先生「え~、いいじゃないですかぁ~、今まで弾かれた曲を弾いたらどうですか??」
と、前向きなお返事note
先生「でも、1ヶ月後というのは、確かに急ですよねぇ~・・」とも。
(うんうん、私もそう思う。)
「かなり、悩んでて、弾くとしたら"きらきら星"あたりしか思い浮かばないのですが、その時にはまたレッスンに持ってきてもいいですか?」と聞くと、
先生「もちろんです!」と快諾頂きました。
先生「なんなら、この間終わった月光でも?
「いや、月光は結構デス・・。」(相変わらずくだらなくてすみません・・sweat02

というわけで、もうしばらく悩んでみることにします。
顛末はまた後日の記事で・・・。

ちなみに、帰り際にこんなやりとりが。
先生「え~~、私も聴きに行こうかな~♪」
sign03」(私ビックリ)
「いや、それだけは、なにとぞなにとぞご勘弁下さいませ・・・」

ですよね、ふつ~・・。確実に心拍数heart02が100倍に跳ね上がりますって。

|

« ボタン+クリップ+マッチ箱 | トップページ | 人前演奏 »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事

コメント

いつものことだけど詳しいご指導で、手も足もいっぱいっぱいになりそうなレッスンですね。
私は自分がドビュッシーのアラベスクをするにあたり、ぽりぃさんのレッスン記録を昨日読み返してみましたが、詳しくて頭が「?」になりました(小節番号が手元に楽譜がないためよくわからなかったせいでもあるけれど)。あんなに詳しくなったらわたしはがちがちのロボットみたいになるのではと思ってしまいました。

ところで、その発表会楽しみですね。
そういうことがあると励みになりますよね。
私は隣のおうちのおじさんがお庭でお花の手入れをしていただけで「今日はギャラリーがいる」と思ったらそれだけでも緊張して演奏ががちがちになるくらい小心者です。

投稿: のぞみ | 2008年10月14日 (火) 19時46分

のぞみさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
私の先生も細かく指導してくださいますが、
のぞみさんの先生も細かいなぁ、と思いますよ。
ドビュッシーはわかりづらくてすみません・・。
でも、もしよければ、参考にしてみて下さい。
発表会はまだ出るかどうか悩み中です。
来月、というのはやっぱり尚早な気がして・・。
(どのくらいあがるのか想像もつきませんしね・・sweat02

投稿: ぽりぃ | 2008年10月14日 (火) 22時23分

うわぁ、ノクターン、音を追うだけでも大変そうなのに、
ペダルについての細かい指示まで出されると
頭がこんがらがりますね。
でも、ノクターンの曲想って、ペダル命!美しい響きよ!みたいなところもありますよね。

私は、いつもペダルの練習をしているときに、
一番、電子ピアノの限界を感じます。
ハーフペダル対応にはなっているんですが、
ある程度踏まないと響かないんですよね。
生ピアノだったら、踏んだら踏んだ分だけ、ちゃんと反応がありますもんねぇ。

投稿: ももりん | 2008年10月15日 (水) 06時55分

ももりんさん、おはようございます!
朝早くから、コメントありがとうございます!
>ノクターンの曲想って、ペダル命!
本当にそうなのですよ~。
先生は細かいところにまで気を配って、すごく響きを気にされます。
にごらないように、ここで外して、また入れて、みたいな・・
でも、これってももりんさんもおっしゃっているように、
電子ピアノと生のピアノとの一番の相違部分ですよね。
電子ピアンのは決して音がに濁ることがないので、
ついつい、いい加減に踏んでしまって、
先生のお宅で注意の嵐typhoon、みたいな・・。
濁りを想像しながら踏むのは、素人の私には至難のワザですよ~~weep
そうなると、やっぱり生のピアノが欲しくなってしまうのですよねcoldsweats01

投稿: ぽりぃ | 2008年10月15日 (水) 07時14分

“素人に限定したサークル”なのに、先生同伴で行くのはちょっとねぇぇ・・・coldsweats01(苦笑)
でも、そこまでぽりぃさんを大事に思ってくれてる積極的な先生って素敵ですよねhappy01note

ノクターン練習、辛い域からの脱出おめでとうございます!!ポチ☆は今亜麻色の髪の乙女が辛い真っ最中ですbombぽりぃさんを追って早く脱出できるようにがんばるぞ~up

投稿: ポチ☆ | 2008年10月15日 (水) 10時10分

ポチ☆さん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
素人限定サークル、観客としてなら先生も参加OKだとは思いますけどねー。
いや~、自分の演奏を先生に聞かれることを考えたら、超恥ずかしいですよね~wobbly
(先生にお聞かせするのは、レッスンだけにしたいところ・・sweat01
亜麻色の髪の乙女は、辛い域に入っちゃっているのですか?
ドビュッシーって、途中で投げたしたくなりますよねー、わかりますわかります。
私も今日から、ショパンの最後の12小節に取り組み中ですが、
再び辛くなってきましたぁ・・・shock
なので、こうやって、ネットに逃避中です。
でも、お互いがんまりましょう!!!

投稿: ぽりぃ | 2008年10月15日 (水) 10時40分

ぽりぃさん、こんばんは!(^^)!
わぁお!!来月、サークル活動があるのですねぇ!
みなさん、上手そう・・(汗)って私が汗かくこと
ないですね。なんだかドキドキしちゃいました。
ぽりぃさんの生演奏お聴きしたいですわnote
きっと、ぽわわぁぁ~んとしてしまうんだろうな・・

バイオリンもピアノも歌えなければダメなんですよね・・・
まだまだ修行が足りませんです(>_<)

投稿: ひろ | 2008年10月15日 (水) 20時57分

ひろさん、こんにちは!
体調の方はもう大丈夫ですか?
ムリしてコメント下さっているのなら、すみません・・。
サークルへの参加は降って沸いたお話で、
来月の演奏者としての参加は多分見送りです。
(演奏準備はもちろん、心の準備もまだまだですし・・)
ヴァイオリンも歌うのは難しそう・・
ピアノ以上に、「ポジション」(ってやつ?)に神経が行ってしまって、
歌うどころの話ではなくなりそう・・
でも、ひろさんのヴァイオリンとピアノ、いつか必ず聴かせて下さいね~note

投稿: ぽりぃ | 2008年10月15日 (水) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/42784698

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン(22回目) -- 攻略:ショパンノク#16(その3)&ロンカプ(その2):

« ボタン+クリップ+マッチ箱 | トップページ | 人前演奏 »