« 音源です。~月光3楽章~(β版) | トップページ | NY流ストレス発散法 »

レッスン(21回目) -- 攻略:ロンカプ(その1)

【現在の進捗】
課題曲#1(ノクターン#16byショパン):譜読み開始から4週目/レッスン3回目
課題曲#2(ロンドカプリチョーソbyメンデルスゾーン):譜読み開始から1週目/レッスン1回目

sun今日もショパン(ノクターン#16)から・・・
なんというか、この曲、本当に進みませんっ!
なんせ、指も覚えなければ、頭にすら入ってこない・・shock
譜読みもまだ終わってないし。そんな状態でレッスンに臨みました。
スーパースロー(1音/秒くらい)演奏で、多数間違えながらできるところまで弾くと・・

「片手ずつ、つっかえなくなるまで、徹底的に練習してきてください。特に左手。」
「左手が余裕で歌えるようになったら、両手をゆっくり合わせて下さいね♪」

との二言で、レッスン終了。

今の私は楽譜にかじりつき状態。そして、間違える。それじゃダメなんです。
「歌うnotesこれがこの曲のミソです。

というわけで、今週はこの曲の攻略はナシ。(攻略不能です。)

bell新曲(ロンドカプリチョーソ:ロンカプ)を弾く
ショパンに比べ、なんとわかりやすい楽譜。
なので、こっちばかりやってました。(ショパンからの逃避)
でも進んだのはたったの2ページなんですけどね。

先生はこの曲を中三のときに弾いたのだそう・・。(スゴイ・・)
かなり特訓されたそうで、細部にわたって注意を頂きました。
最後に、

「あ~、やっぱり、この曲いい曲ですね~~♪」

と、感慨深げにおっしゃいました。
きっと、さまざまな思い出があるのでしょうねー。

というわけで、今週から「ロンカプ」の攻略も書いてみます。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

wrench攻略:ロンド・カプリチョーソ(その1)

最初のレッスンなので、指使いや譜読み間違いも直されましたが、それは割愛します。

(1)1小節目
1
・左はつなげる。そのために、5の指の指がえをする。
鍵盤を押している間に5-4-3-2のように。そして、4拍目の音に移行

(2)4小節目
4
・この音は、響かせる。上から「ストン」と手を落とす感じで。

(3)13小節目
13
・ここの右手もできるだけつなげていく。(ポンポン切らない)

(4)14小節目
14
・右手の装飾音符は左手と同じタイミングで(前に出さない)

(5)17小節目(他)
17
・この2つの音符は長さが違うことに注意。64分音符と32分音符できちんと弾き分ける。
(ちなみに64分音符なんて、生まれて初めて見ました。)

(6)18小節目
18
・この小節内でルバートしてもよい。↑こんな感じで。

(7)22小節目
22
・印をつけた音がメロディー。この音を響かせる。
弾き方としては、小指の第一関節を曲げ、指先に力を入れる
そのことで指先がコントロールできるのでPPの中でもしっかりと音をつかめる。

(8)26小節目
26
・スタッカートに見えてしまった、フェルマータ。ちゃんと伸ばすこと。

以上です。この曲も全12ページ。先が長いですが、がんばります。

cafeレッスン後・・・
ピアノの後ろに並んでいる、先生のお手持ちの楽譜に目が留まりました。
どれも、ずいぶん年季が入っています。
セロテープで止めてある楽譜を見て、
私:「これ、すごい練習された、って感じですね~」
先生:「あ~、これ、バッハですねー。私、うまく弾けないと楽譜を投げるクセがあって」
私:「投げる!!??」
先生:「これはまだマシな方なんですけどね、ツェルニーなんてよく投げてました。」
私:「じゃぁ、"キーーーーッ!!"&ピアノの鍵盤"バーーーン!!"(ぶっ叩き)、なんてことも・・・?」
先生:「あ~、よくやりましたねー。そして、練習室から立ち去る、みたいな。」
私:「・・・・・・・・・・、それでも止めなかったのはすごいことですよ・・」

と纏めてみましたが、先生のイメージが変わった今日のレッスンでした。
ちなみに、先生の先生もレッスン中に怒ってメトロノームを壊したそうです。(こわっ・・・)

先生方、
・楽譜は投げるものではなくて読むもの
・メトロノームも投げるものではなくて、拍子を刻むもの
・そして、ピアノは叩くものではなくて、弾くもの
デスよ・・。

異種格闘技:ピアノレッスン室編、みなさまはいかが・・?私は遠慮しておきます・・。

|

« 音源です。~月光3楽章~(β版) | トップページ | NY流ストレス発散法 »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事

コメント

64分♪と32分♪のちがいに私はたいへん関心を持ちました。もともとの曲を聴いたことがないのでわからないのですが、いろいろな音符があるのですね~~~~~~。
そしていつものことながら先生の詳しい指導に脱帽です。
私ならこんなに言われたら注意することで頭がいっぱいになって演奏まで手が行き届かないだろうなって思います。そもそもロンカプみたいな難しい曲を譜読みすること自体できるかどうかわかりませんけど。。。。。(多くの方が弾きたい曲として挙げているくらい難しい曲なのでしょうからねえ~~)
オクターブの指をかえるのとか手が大きいぽりぃさんならではで私は21でオクターブはどうも押さえられないのではと思います。(そういう意味ですよね?違いますか?)
大曲二曲で練習もたいへんだと思いますけど、夜中に叫ばない程度に(?)頑張ってくださいね~~~~。秋の夜長だし~~。

投稿: のぞみ | 2008年10月 7日 (火) 20時46分

ぽりぃさん、こんばんは!

ショパン、恐ろしいくらい大変そうですね(>_<)
ロンカプ ってなんだか可愛いかんじ(笑)
でも、楽譜は可愛くないかんじデス(@_@;)
12ページもあるんですかぁっsweat01
私、その半分でも多いと思ってるのにぃ~down
頑張らなくては!!!
それにしても、先生、破壊魔だったのですねwobbly 本を投げるなんて!ツェルニーも・・
今のところ、私は大丈夫だわ(笑)
でも、「どうしてこの指が、動かないのannoy」ってキィ~ッ
てなる時あります。お気持ちはよくわかりますdash

投稿: ひろ | 2008年10月 7日 (火) 21時40分

先生、子供の頃に楽譜を投げてたんですかcoldsweats02!?
私だったら、その投げた楽譜を自分で拾うことで余計にムカつきそうなのでやらないですね(苦笑)

でも、出来なくてイラーって来る時が多々あるので、気持ちわかりますng

私の場合、そんな時はピアノから離れてPCしたり、何か食べたり、違う事します。
それで気持ちが落ち着いたらまたピアノの部屋に戻ります・・・

投稿: ポチ☆ | 2008年10月 7日 (火) 23時46分

のぞみさん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます。
64分♪って、なんじゃ!?って感じですよね。装飾音符じゃだめなのか?
という気もしますが、メンデルスゾーンさんは、
きっと敢えて64分音符にしたのでしょうから、それに従わなくてはですね。
>21でオクターブはどうも押さえられないのではと思います。
>(そういう意味ですよね?違いますか?)
私も21ではオクターブはムリですよ~(さすがに(笑))
2で鍵盤を押さえるときには1は鍵盤から離れていてもいいのです。
つぎの和音に行くときに、1つの音でもいいので少しでも音が繋がるように、
という意味での指変え、だそうです。
>夜中に叫ばない程度に(?)
いやいや、ほんとにそうです。私の場合は、いったん深いため息をつき、
全身でうなだれてから、「あぁ~~、もうっっ!!!」と叫んでます。(夫ピックリ)

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 8日 (水) 00時20分

ひろさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
ショパンは、きれいな音楽のくせに、ほんとにほんと、曲者です!!
(挫折寸前、風前のともし火デス・・。いやいや、諦めないぞ~~rock
ロンカプは思ったより長かったですねー。
ショパンに比べたら、譜読みがしやすいので、"今のところは"楽しくやってますよ♪
ところで、ひろさんも「キィ~~~ッannoy」ってなることがあるんですか?
そんなイメージ、全然ないんですけどぉ~。
(でも、私の先生も見かけによらず、癇癪もちだということがわかったので、
ひろさんももしかして、ひょっとして・・・・?)

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 8日 (水) 00時22分

ポチ☆さん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
>先生、子供の頃に楽譜を投げてたんですか?
そうらしいのですよ~、笑顔でそうおっしゃってました。
(見かけによらず意外と凶暴でした。なんて、書いたら
先生がこのブログを発見されたときに相当ヤバイですよね・・)
>投げた楽譜を自分で拾うことで余計にムカつきそうなので
その通りですね~。暴れた後の、後始末を自分ですることほど惨めなことはないかも。
私も、ピアノに飽きたらPCの前に座ります。(家事は?って聞かないで下さいね~^^;)

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 8日 (水) 00時24分

ぽりぃさん、こんにちは。

ロンカプ、12ページもあるんですか!?
大曲ですねぇ。和音とかも多くて譜読みも大変そうですし。
月光3もたしか10ページくらいありましたよね。

月光3とかロンカプのような曲がお好みとなると、
ショパンノクターンって弾きにくいですよね。
私もそのタイプです。

私もうまく弾けなかったときのストレス発散は、ピアノの前から離れることです。
幸い、我が家ではピアノはリビングに置いてあるので、
すぐにピアノの前から離れては、お茶を飲んだりネットしたりしてます。

投稿: ももりん | 2008年10月 8日 (水) 06時20分

ももりんさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
ロンカプ、思ったより長かったです・・(月光の11ページより長かったですね・・sweat02
先生曰く、「繰り返しが多いですから、大丈夫ですよ」
とのことだったのですが、よくよくみると、同じメロディーラインでも、
調が違う!!これもまた、とりあえず、小マシなレベルまで行くのに、
3ヶ月コースとなりそうです。気が遠くなりそうです・・shock
>ショパンノクターンって弾きにくいですよね。
>私もそのタイプです。
ももりんさんもそうですか?なんか、ちょっと安心(なんて)
なんというのでしょうか、古典の楽譜の方が、す~っと入ってくるみたいです。
(あ、でも、バッハは別ですけど・・)
>すぐにピアノの前から離れては、お茶を飲んだりネットしたりしてます。
みなさん、そうなのですね~。
私もPCと冷蔵庫とピアノの三角形行動ですよ。
(たまにトイレも入って四角行動、かな・・?)

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 8日 (水) 11時57分

おはようございます!
ロンカプ、実は私も曲名だけは知ってたのですが(ブログ徘徊してるとよく目にするので)、どんな曲は知りませんでした。ぽりぃさんが取り組まれるとの事で、音源聴いてみました。素敵な曲ですね!私もいつか習ってみたいです。その前にしなきゃいけないことが一杯なのが辛いのですが…。”きらきら”も習いたいですし。。。
あー、それにしても譜読みが進みません!
2曲並行するとどうしても好きなほうか、読みやすいように偏ってしまいます。頑張りましょうね♪

投稿: tamao | 2008年10月 9日 (木) 08時52分

tamaoさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
ロンカプ、って私も先生から紹介されるまでは、
全く知らなかったのですよーsweat02
メンデルスゾーンといえば「無言歌」くらいの知識しかなくて。
でも、聴いてみると、迫力も軽快さも兼ね備えていて、一目(耳?)惚れでしたlovely
しかし、また長い曲に手を出してしまいましたよ・・・。
年越しはロンカプとともに・・、って感じです。
>2曲並行するとどうしても好きなほうか、
>読みやすいように偏ってしまいます。
tamaoさんもそうですか?人間ならそうですよね~。
ケーキと青汁、どっち先に行く?と言われたら、ふつうはケーキcakeですよね。
あ、決してショパンが青汁だと言っているわけではなくて・・

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 9日 (木) 10時08分

ぽりぃさんこんにちは~(続けて・・・)
ロンド・カプリチオーソ、先日体験レッスンに行ったのですが、先生にどうですか?と勧められました。
私も聴いたことないんですが、ぽりぃさんの記事&皆さんのコメ読んでると、無言歌集のかわいらしい世界とはまた違った魅力がありそうな曲ですね~
聴いてみたいなぁ~。音源up、待ってますね(笑
新しい曲を教えてくださって、ありがとうございます!

投稿: Poco | 2008年10月10日 (金) 20時19分

pocoさん、再びコメントありがとうございます!
pocoさんも先生にロンカプを勧められたのですか?
ぜひ、機会があったら挑戦してみてくださいな!
私も、弾けば弾くほどこの曲の魅力にとりつかれています。
(譜読みもしやすいしcoldsweats01
メンデルスゾーンもいいじゃない、なんて改めて思いなおしているところです。
その機会は多分ないとは思いますが、舞台で弾くには
聞き栄えのするので、この曲はいいかもなぁ、なんて勝手に考えてますbleah

投稿: ぽりぃ | 2008年10月10日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/42713259

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン(21回目) -- 攻略:ロンカプ(その1):

« 音源です。~月光3楽章~(β版) | トップページ | NY流ストレス発散法 »