« ピアノブログ徘徊記(続編) | トップページ | レッスン(16回目) -- 攻略:月光③(その4) »

サマーコンサートに行ってきました③

またまたコンサートに行ってきてしまいました。
(身内から白い目eyeで見られていますが、お構いなしです。)

今回もピアノコンチェルトものです。
プログラムはこんな感じ。

  • Mozart: Sonata in A minor, K.310
  • Chopin: Barcarolle in F-sharp major, Op. 60
    (以上、Pre-Concert Piano Recital)
  • Mozart:Serenade for Winds in C minor, K.388
  • Beethoven:Piano Concerto No. 3 in c minor, Op. 37
  • Mozart:Symphony No.39 in E-flat major, K.543

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

Pre-ConcertリサイタルのピアニストはInon Barnatan氏。
イスラエル出身の方なんですねー。
ユダヤ系に寛容なこの街らしい人選です。

彼のモーツァルトもとても心地よいものでした。
3楽章のPrestoの指の動きは、すさまじかったです。
あの速さで、よくあれだけ正確に打鍵できるなぁ~、
と彼の手元に視線が釘付けでした。
鍵盤に覆いかぶさるようなスタイルで弾いていたのが印象的です。

一方、2曲目のショパンは、モーツァルトとは変わって、
背筋をピンと伸ばし、かつとても情感豊かに弾いていました。

特筆すべきは、モーツァルトとショパンで、
手の形に歴然とした違いがあったことです。
モーツァルトは手を丸め、指を立てて
一方、ショパンは手を広げて、指を寝かせていました。

作品の時代により、弾き方(手の形)が変わるというのを
目の当たりにしました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

続いて、ベートーベンのピアノ協奏曲第3番。
ベートーベンのピアノ協奏曲も一度生で聴いてみたかったので、いい機会でした。

ピアニストはMihaela Ursuleasa氏。
ルーマニア出身の女性ピアニストです。(HPはココ可愛らしい方なのデスheart01
いや、もう、一言でスバリ、圧巻でした!!

小柄な彼女からは想像できない、パワー溢れるベートーベンに、
完膚なきまでに打ちのめされました!!
まさに、"全身で"弾いていました!

おそらく、手も小さいであろうに、あれだけのパッセージ、和音の連続を、
こともなげに弾いてました。
フォルテ部分は、全身のパワーを鍵盤にぶつけているかのようで、
ピアノを使ったスポーツを見ているようでもありました。
渾身の演奏、いや、鬼気迫る演奏、とはこのことを言うのでしょうか。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

演奏終了後は、拍手がなりやまず、当然、スタンディングオベーションです。
正直言って、「女性のベートーベンかぁ。」なんて、
あまり期待をしていなかったのですが、(何様のつもりでしょ?)
今までの私の常識を完全に覆されましたよ。
いや~、女性でベートーベンをあそこまで弾けるとは、羨ましい限りです・・。

興奮冷めやらぬ私は、帰宅して、すぐに月光③を弾いてみたのではありますが、
あまりのへっぽこ度に、テンション激downです・・。
(って、当たり前デス!身の程わきまえろって?)

彼女の演奏、もう一度聴きたいなぁ~・・・・・

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

その他のプログラムも、もちろんgoodでした。
Wind Serenadeも初めて聴いたのですが、あの手のものは、
大ホールではなくて、小さなホールで聴くほうがいいですね。

交響曲も迫力があっていいですね。長調で明るい曲だったし。
モーツァルトの交響曲はオケが少なくても、ちゃんとそれなりに聞こえるのがよいです。
チャイコフスキーとかになると、オケの数はそれなりに多くないと、
聴き栄えがしませんけどね。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今回はすっかり長くなってしまいました。
ここまで読んでくださった方、どうもありがとうございました。

これにて、今年の夏のコンサートはおしまいです。
来月からはいよいよ、オペラ、クラシックコンサートのシーズンが始まります!
う~ん、今から楽しみです~notes

|

« ピアノブログ徘徊記(続編) | トップページ | レッスン(16回目) -- 攻略:月光③(その4) »

オペラ・コンサート」カテゴリの記事

コメント

いつもコンサートはひとりで出掛けられるんですか?!お友達と?!ぽりぃ夫様と?!
ポチ☆も生ピアノ聴きたくてコンサートとか行ってみたいんですけど、ひとりで聴きに行く勇気がないんですよね~。
マナーとかも知らないし・・・
めちゃくちゃ敷居が高いんですが、ぽりぃさんの日記読んでたらやっぱり行ってみたいって思いますconfident
映画とかコンサートとかひとりで行ける人は大人って感じで格好良いですねheart02

投稿: ポチ☆ | 2008年9月 1日 (月) 21時02分

ぽりぃさん・・・・・・・・・

先ほどメールさせていただきましたが、私、お詫びを
しなくてはいけませんですですですweep
早く気づけっpunchってかんじですよね・・・
ドヨ~~~んdownです。

投稿: ひろ | 2008年9月 1日 (月) 22時22分

ポチ☆さん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。
コンサート、自分でも行き過ぎだなぁ、と反省してるのですが、
止められないのです~・・。
行くのは一人だったり、旦那と一緒だったり、友達を誘ったり、
いろいろですよー。
でも、マイナーな演目は一人で行くことが多いです。
それに、お一人様の方が確実にいい席で観れるので、
お一人様も結構気に入ってます。
でも、お一人様は多分こっちにいるからできることで、
日本では、やっぱり、ちょっと恥ずかしいかも・・・。
マナーは、とにかく「静かに」聞いてればいい、ってだけですよ。
(心配無用です!)
ポチ☆さんも、機会があったら、是非生の音楽を聴いてみて下さいな。
感動すること、間違いなしです!

投稿: ぽりぃ | 2008年9月 1日 (月) 22時26分

ひろさん、こんばんは!
>私、お詫びをしなくてはいけませんですですです
いえいえいえいえ、そんな気になさらないで~
私もしばらくチェックしないことなんて、ざらですから・・coldsweats01
後で、拝見しますね~、
わざわざありがとうございます!

投稿: ぽりぃ | 2008年9月 1日 (月) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/42227416

この記事へのトラックバック一覧です: サマーコンサートに行ってきました③:

« ピアノブログ徘徊記(続編) | トップページ | レッスン(16回目) -- 攻略:月光③(その4) »