« 悩ましきかな、月光③ | トップページ | レッスン(20回目) -- 攻略:月光③(最終回)&ショパンノク#16(その2) »

生涯現役

ほそぼそとではありますが、相変わらずコンサートには足を運んでいます。
9月に入ると、こちらは本格的なコンサートシーズンが始まるので、
今月はあちこちでオープニング・ガラが開催されます。
実は、友人に誘われ、今週も1つコンサートに行ってきました。

オーケストラは、New York Asian Symphony Orchestraという、
アジア圏出身の若手演奏家たちからなる、とてもエネルギッシュなオケ。
そして、指揮はYamada Atushiさんという、日本人の方。

プログラムは、ベートーベンづくしです。

  ・交響曲第3番(エロイカ)
  ・ピアノ協奏曲第5番(皇帝)

このピアノ協奏曲の5番は、ずっと前から生で聴いてみたかった曲なので、
とても楽しみにして行ってきました。(ちなみに、ピアノはスタンウェイ。)

そしてピアニストさんが登場すると、ビックリ!!!
なんと、おじいちゃんです。
ベートーベンの演奏も、なんだかとても柔らかくて、
あんなに心地よいベートーベンは初めてでした。
(それでも、激しかった1楽章、3楽章では、演奏途中で、倒れちゃいやしないかと、
逆にひやひやしましたよ~・・coldsweats02

アンコールでは、ショパンのノクターン(遺作)を披露して下さいました。
演奏者の年齢がそうさせるのでしょうか、
とても深みのある演奏で、よかったですね~(しみじみ)

そして、家に帰ってもう一度ピアニストさんのプロフィールを拝見して、
さらにオドロキの事実が!

なんと、あのおじいちゃんピアニスト、

87歳だったのです!!


(16歳の頃にあのナチスから迫害を受けアメリカに逃れてきたという、
大変なご経験をされている方でもありました。)

87歳にして、ベートーベンのピアノ協奏曲を暗譜かつほぼノーミスで弾き通すとは!
いやはや、完全に参りました!
もう一度、ブラボ~~~~!!

それにしても、ここまでの高齢になっても尚、現役でいられるのは、
ピアノを愛する心heart01が、そうさせているのでしょうね。

素敵なおじいちゃんピアニストに勇気をもらった、そんな気がした夜でした。

追:ちなみに、このコンサート無料だったのですよ~。

|

« 悩ましきかな、月光③ | トップページ | レッスン(20回目) -- 攻略:月光③(最終回)&ショパンノク#16(その2) »

その他ひとりごつ。」カテゴリの記事

オペラ・コンサート」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、おはようございます~。

87歳で現役、しかもピアノ協奏曲を弾ききるとは!!
プロの方というのは、本当に我々が想像できないような努力を重ねていらっしゃるのでしょうねぇ。
アンコールのノクターンも、きっと、そのお年ならではの、味のある演奏だったことと思います。

そんな素敵なコンサートが無料だとは!!

私が最後にクラシックのコンサートに行ったのは、もう10年以上前です。
当時は、父親が仕事の関係で、よく招待券をもらってきていたので、
家族で聴きに行っていたのですが、
協奏曲や交響曲は第2楽章でよく寝てしまっていました。
なんてもったいないことをしたんだろう・・・
当時もピアノを習っていたはずなのに、さほど興味がなかったようです。

そろそろNYでは芸術の秋(?)シーズンですね。
いろいろなコンサートを楽しんでくださいね~

投稿: ももりん | 2008年9月28日 (日) 08時56分

ももりんさん、こんにちは!
早速のコメントありがとうございます!
>我々が想像できないような努力を重ねていらっしゃるのでしょうねぇ。
いやはや、本当にその通りだと思います。
さすがに、本来ならば速いテンポであるところも、少しゆっくりめでは
ありましたが、今の私でもあの演奏はとてもとても不可能だということを考えると
相当、日々の努力を積んでいらっしゃるのだろうな、と思いました。
プロとはそういう人たちのことを言うのだな、と改めて実感しましたよ。
>いろいろなコンサートを楽しんでくださいね~
ありがとうございます!
確かにこちらはそういう機会には、とても恵まれていると思います。
いろいろな人がNYで一旗上げようと集まっていますから、
無料でもいいからいろいろな人に聴いて欲しい、見て欲しい、
そして拾って欲しい(?)というアーティストがたくさんます。
聴く側にとっては、本当にありがたいことです。
(いつも恩恵に預かる側ですけどねcoldsweats01
ももりんさんも機会があったら、ぜひ生の音楽も聴いてみてくださいね。
CDとは違った臨場感が味わえて、感動もひとしおです!
(私も大人になってから、そのよさを実感した次第ですsweat02

投稿: ぽりぃ | 2008年9月28日 (日) 10時59分

86才ですか!!
私もおばあちゃんになってもピアノを弾き続けたいって思います。
それにしても86才でベートーベンを弾けるなんて本当にすごいですね!!
手先が動くのもすごいですし、楽譜を読むのも大変なんだろうなって思います・・・
涙ぐましい努力を微塵も感じさせなくサラッと弾いてしまうところがさらに格好良いですねshine

投稿: ポチ☆ | 2008年9月28日 (日) 13時00分

あ、間違えました87才ですね!!
本当にすごいなぁぁshine

投稿: ポチ☆ | 2008年9月28日 (日) 13時02分

87歳ってすごいですね。87まではいかなくとも70までピアノが続けられたらかなりいろいろと弾けるはずですよね。
すごいなあ。もちろんそのおじいちゃまも私くらいの年齢のころはばりばりだった筈なので、
私が高齢になったころはどうかというと想像しても怖くなるくらいですが・・・・・。
できるだけ続けたいですが住宅事情などなどがありできるかどうかわかりません。

いいなあ。生の音楽を聴きに行くキカイはほとんどありません。そしてめちゃくちゃ高い。私は最近まであまり生の演奏がいいと思ったことがありませんでしたが、近頃耳が鍛えられている(はず)なので、耳を試す意味でも行ってみたい気がします。

投稿: のぞみ | 2008年9月28日 (日) 13時23分

ぽりぃさん、こんばんは!

こちらは、なんだか急に肌寒くなりましたよ。
明日は、もっと寒くなるようです。しかもmistです・・・

またコンサートに行かれたのですね~羨ましいわnote 芸術の秋を堪能されてますねsign01 
しかし、おじいちゃまピアニスト、87歳、驚き
です。生涯現役かぁ~confident素晴らしい
です。私も、まだまだ頑張れるって勇気をいただけ
たような気がしますup ずっとピアノが弾けたらいいなぁと思っています・・・・・

投稿: ひろ | 2008年9月28日 (日) 18時37分

ポチ☆さん、こんにちは!
そうなんですよ~、
少しテンポは落ちてましたけど、87歳(←86歳じゃないですよ~bleah)でも、
あれだけ指が動いているのは、本当にすごかったです。
ベートーベンもショパンも本当に「サラっ」と弾いていました。
謙虚さがにじみ出ていて、本当に素敵なおじいさんでしたよ。
まだまだずっと弾き続けていってほしいな、と思いました。

投稿: ぽりぃ | 2008年9月28日 (日) 23時07分

のぞみさん、こんにちは!
87歳ってオドロキですよね~。
私も今の自分の年齢から逆算してしまいましたよ~。
そして、自分も87歳まで弾き続けたら、ひょっとして大成するんとちゃう!?
なんて、おバカな考えもアタマをよぎりましたが、
自分の今の年齢までの努力の度合いも全然違うでしょうしね、
一瞬で我に帰りました(笑)
生の音楽は、いいですよー。
でも、吹奏楽も生の音楽じゃないですか?

投稿: ぽりぃ | 2008年9月28日 (日) 23時09分

ひろさん、こんにちは!
日本ももうだいぶ涼しくなっているのですね。
もう10月手前ですもんねー。風邪とか引かないようにしてくださいね。
こちらももうすっかり秋mapleです。
公園の木々はまだ緑色をしていますが、
あと2週間もしたら色が変わってくると思います。
それからは、長い冬が始まります・・(どよ~~ん・・・)
さて、87歳のおじいちゃんピアニストには本当に驚きでした。
ピアノって、生涯の趣味にできるんだな~、と思って、
勇気付けられましたよ~。
>ずっとピアノが弾けたらいいなぁと思っています・・・
続けましょう、続けましょう!応援してますよ~good

投稿: ぽりぃ | 2008年9月28日 (日) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/42606048

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯現役:

« 悩ましきかな、月光③ | トップページ | レッスン(20回目) -- 攻略:月光③(最終回)&ショパンノク#16(その2) »