« 生涯現役 | トップページ | ドン・ジョバンニ »

レッスン(20回目) -- 攻略:月光③(最終回)&ショパンノク#16(その2)

【現在の進捗】
課題曲#1(ソナタ[月光]byベートーベン):譜読み開始から14週目/レッスン10回目
課題曲#2(ノクターン#16byショパン):譜読み開始から3週目/レッスン2回目

今日はレッスンに行ってきました。

sun今日もショパン(ノクターン#16)から・・・
ズバリ、今週も殆ど進んでおりません。
1週間でまともに弾けるようになったのが、たったの4小節。(ええっ???)
言い訳としては、ここ↓の攻略に3日要しました。
Ex2
途中、何度、発狂しかかったことか・・。
しかし、努力の甲斐あってか、先生からは
「違和感ないですよー。テンポを上げればキレイに聞こえてくると思います」
との評。
今週の私の努力はその一言で報われました~。
先生、ありがとう!!(←堀内孝雄風に。わかるかなぁ・・?)

その他は、「これがショパンかぁ~・・」と思える、
曲の感情的、内面的な表現方法についてのレッスン。
やはり、ロマン派は古典とは全然違いますね。本当に勉強になります。

詳しくは、後述の攻略シリーズをご覧下さいませ・・・

ちなみに、先生はこの曲をたったの2週間で習得されてました。
しかも、とっても美しい・・さすが、先生。ますます尊敬デス・・lovely

moon3月光の顛末やいかに・・・?
タイトルでおわかりかと思いますが、月光3楽章の正規のレッスンは、

今回をもって打ち切り

と致しました。(←くれぐれも合格じゃないですよ。)

一応、今日も弾いたのですが、先週と同じコメントでしたね・・・。

そして、これからは自主錬の道へ。
先生にも私の月光への思い(←これで終わりにするのは納得いかない)を伝え、
3回に1回くらいの割合で不定期で見てもらうことで了解してもらいました。

「おうちで練習を続けるのなら」ということの注意点をもって、
月光③の攻略シリーズも、今回で終了とさせて頂きます。
(近いうちに、無謀を承知で"現状報告"音源をアップしてみようと思います。乞うご期待(?))

そして、次回からの正規課題曲は、前回の予告通り、

メンデルスゾーン「ロンド・カプリチョーソ」(通称?:ロンカプ)

です。
新曲にうつるときは、いつものことながら、なんかわくわくしますよねnote

では、攻略:月光③(最終回)、行きます。(ついでにショパンの攻略も)

-=-=-=-=-=-=-=-♪=♪=♪=♪=♪=♪=♪=♪-=-=-=-=-=-=-=-=-

wrench攻略:月光③(最終回)

といっても、目新しいものはありません。
何度言ってもわからないannoy部分を再度注意されただけですが、
多分、この部分は誰もが
「弾きにくっ・・・sweat02」と思う部分じゃないでしょーか・・。(←無理やり?)

(1)47-48, 53-56小節目(142-143,149-151小節目も同様)47
・とにかくここはスラーをしっかりつけること。
○印の音を敢えて持続させる。それにより、スラーで弾いているように聞こえる。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-♪=♪=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

ここからは・・・pencil攻略?ショパンノクタン#16(その2)

レッスン時間の8割がショパンでした。というわけで、濃いです。

(1)1小節目
1
・べダルは1音目を弾く前から踏んでおく。
弾いてから踏むのとでは 、響き方が格段に違う。(よく響かせた方がキレイ。)

(2)1-6小節目
16
・テンポの揺らし方や、フレーズが変わるときの溜め方について注意する。
テンポの揺らしは、遅くしたら、必ず直後にもとの速さに戻すこと
そうでないと、遅いままダラダラになってしまって、かえってかっこ悪い。

(3)7小節目
7
・ここの8連符は均等に散らすこと。(できれば)

(4)12小節目
12
・最後の「ミ」の音は、左手は押さえなくてもよい
(左は、次の小節の準備に入る方がよい)

(5)13-16小節目
13
・ここは、テンポは揺らさない。
ただ、次の17小節目からの盛り上がりを意識して、
前へ前へ進むイメージで弾いていく。

(6)17-19小節目
17
・17,18小節目はしっかりとcresc.
対照的に、19小節目はPを強調すること。

(7)22-26小節目
22
・22小節目のGの音は響かせること
・24から25小節目はたっぷりと間をとって、25小節目の左の1音目はどっしりと。
・26小節目の最初の2音はテンポ通りに。速くなりすぎない

(8)27-30小節目
27
・この部分は、ただただ「淡々と」弾く。13-16小節目とは違う。
(左手が登って下るフレーズなので、前に進む感じはなくていい。)

今週はこんなところです。
それにしても、ショパンは(も?)、奥が深い!
そして、難しい~~~~shock

cafeレッスン後・・・
前回、小山実稚恵さんのノクターン#16を私のipodにコピーさせて頂いたお礼に、
私の手持ちのルービンシュタインのノクターン集を先生に貸して差し上げました。
そこでルービンシュタインの話題に。
先生によると、
「Wikipediaで読んだんですけどね、この人、演奏会前の飛行機の中で初めて見た楽譜を暗記してその演奏会で弾いちゃったんだそうですよー。」
だそうです。
これが実話なら、こういうのが天才と言うのでしょうねー。と思いました。
私が「努力しても身につかない能力ですね」と言うと、先生もすかさず、

「いや、まさにその通りです。」

”努力に勝る天才なし”というのは、やはり凡才の負け惜しみ格言ですかのぅ・・。

|

« 生涯現役 | トップページ | ドン・ジョバンニ »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。おはようございます。
私はそのノクターンがどのノクターンなのかわからないので、月③みたいにイメージがわかないのですが、テンポをゆらしてもいいということは、かなりやっぱりロマン派なのですね~~~~。
私は実はロマン派が苦手なのですよね。なので、とっても勉強になります。
ノクターンは難しいので私が弾くのはまだまだ後々のことになりそうですが、綺麗な曲が多いですよね~~~。

それとメンデルスゾーンのロンカプ。いつか弾きたい曲に挙げている人も多いですよね。
だけど、私はこれもまた聴いたことがありません。
楽譜はたぶん持っていると思うのですが・・・(名曲集とかに入っていた)。

新しい曲をするのって嬉しくてわくわくしますよね。
知っている曲でもいいけれど、先生のお薦めの自分があまり知らなかったような曲だと、また楽しみなんですよね。ぽりぃさんは歌う曲が多いですね。

投稿: のぞみ | 2008年9月30日 (火) 21時15分

のぞみさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
>どのノクターンなのかわからないので
そうなのです、私も音源を聞くまで知りませんでしたし、
聞いても、全然頭に入ってこないくらい、ぼや~っ、とした曲なのです。
でも、聞けば聞くほど
「本当はすごいキレイな曲なんじゃないか」と思えるようになりました。
ノクターンは難しいんですか?
やっぱり、私にはまたまた背伸びだったかな~・・・・。
>先生のお薦めの自分があまり知らなかったような曲だと、
>また楽しみなんですよね
そうなんですよねー。先生のお奨めだと、先生の気合の入れ方も
違ってきますし、レッスンの内容も濃くなるかと。
今回はそれを期待しましたcoldsweats01

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 1日 (水) 01時32分

ぽりぃさん、こんにちは。

ロンドカプリチオーソ、youtubeで聴いてみました。
前半は穏やかな感じですが、後半は軽やかで、聞いていてとても楽しい曲なんですね。
初めて聴きましたが、結構好きな曲です。
先生のオススメ曲となれば、レッスンもかなり充実したものになりそうですよねー。
その分、要求レベルが高かったりしますが。

ノクターン、左手、ややこしそうですねぇ。
私は、こういう左手のアルペジオ的な、指くぐりをしないと弾けないフレーズがとても苦手です。
ノクターン、どの曲も綺麗なので、そのうち弾いてみたいのですが、
たいてい、この指くぐりありの左手フレーズが入っていて、
さらに私の苦手とする「きっちり拍で割り切れない右手と左手(左手3音に右手10音とか)」があるので
きっと苦戦するだろうなぁ。。。

月光もお疲れ様でした。
新曲の譜読みもあると、なかなか自主練は大変そうですが、
音源アップも楽しみにしています☆

投稿: ももりん | 2008年10月 1日 (水) 10時23分

ショパンの最初の1音を弾く前からペダルを踏む方法、そんな方法があるんですね~sign02
ぽりぃさんの先生のレッスンっていつも本格的で、内容濃いですねhappy01
それから、月光3の音源楽しみにしてますnote

投稿: ポチ☆ | 2008年10月 1日 (水) 10時56分

ももりんさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
ロンドカプリチョーソ、聴いて頂いたのですね!
私も実は、先生に紹介されて初めて知った曲です。
ゆったりとした部分もあり、軽快な部分もあり、
オクターブあり、アルペジオありで、確かに非常に勉強になりそうです。
ノクターンは、かなりややこしいです・・・
同じ音形が、あまり出てこないので、なかなか指も覚えてくれず、
とにかく楽譜にかじりつきですよ(笑)
移動の幅も大きいので鍵盤→楽譜→鍵盤→楽譜と見ていると、
目が回ってきます(ぐるぐるぐるぐる・・・・wobbly
>「きっちり拍で割り切れない右手と左手」
ももりんさんも、これが苦手なのですか??
私も大の苦手なのです、こういうの・・。(仲間がいてうれしいです!なんて)
だから敢えて挑んでみました。これから逃げていたら
幻想即興曲も一生弾けないなぁ・・・などど思って・・。
月光はまだまだ続けますよ~。
(音源、ですねぇ~・・・・がんばりますcoldsweats01

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 1日 (水) 11時21分

ポチ☆さん、こんにちは!
>最初の1音を弾く前からペダルを踏む方法
私も初めて知りましたよ~。
ペダルって、弾いてから踏むものばかりと思っていました。
これも、人から教わらないと一生知らないことですよねー。
月光の音源、がんばって録ります。(何分になるのか怖いです・・)

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 1日 (水) 11時22分

こんばんは。

月光、お疲れ様でした(音源、まってま~す)

ノクターン大変そうですね(-_-;)
4枚目の画像なんて・・・私が譜読みを苦戦しているワルツの部分に少し似てるぅ( ̄Д ̄;;

譜読み大変じゃなかったですか?
私は弾く以前の譜読みの所で挫折しかかってますcrying

投稿: ゆうこ | 2008年10月 2日 (木) 00時19分

ゆううこさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
月光は、終わったのではなくて、「打ち切り」ですよ~・・。
でも3ヶ月間、やっぱり疲れましたぁ~・・。
して、ノクターンはというと、まだ譜読み終わってません・・
(ほんとに、進まないんですよ~~。バッハっぽいの、ほんとに苦手です・・)
挫折寸前ですが、なんとか持ちこたえてます。
ゆうこさんも、ショパン攻略に向けて一緒にがんばりしょう!

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 2日 (木) 01時56分

こんにちは!
月光3は、お休みになるのですね。ちょびっと残念だけど、もう教わる所がないくらい、速度を除けばきっちり弾けている、というのがぽりぃさんらしくてすごいなぁと思います。

私も悲愴3はレッスン「中断」中です。弾けない箇所はどうにも弾けず、あとは技術が追いついてくるのを待つしかない、ということで。
でも、別の曲をやると、別の技術が身について、また戻った時に弾きやすくなることも多い。
大人のピアノ学習者は人生の残り時間が足りない(汗)ですから、次々と新曲を譜読みして「ある程度まで弾ける曲」のストックを増やさないとネ!
世の中にはピアノ曲がたくさーんありますもの。
次はロンド・カップリッチョ?、頑張ってください!

投稿: Nepian | 2008年10月 2日 (木) 11時18分

Nepianさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
月光3は「教わるところがない」というよりは、
「これ以上教えてもムダ」っぽい感が漂っています(泣)
Nepianさんのおっしゃるとおり、
あとは技術がついてくるのを待つ状態なのでしょうね。
これって、一朝一夕には身につかないですものね~・・weep
(20年もピアノを弾いてなかったら、当たり前の現象ですよね?ね?)
>別の曲をやると、別の技術が身について、また戻った時に弾きやすくなることも多い
心強い、お言葉です!
私もそれを信じてます!なので、違う曲に移行しても月光は引き続き弾いていきたいと思っています。
>大人のピアノ学習者は人生の残り時間が足りない(汗)ですから、
>次々と新曲を譜読みして「ある程度まで弾ける曲」のストックを増やさないとネ!
いや~、まさにこれもおっしゃる通り!
「ある程度まで」弾ける曲、これがミソですね!
ロンド・カプリッチョ?もある程度弾ける仕上がりまで持っていけるようにがんばります!

投稿: ぽりぃ | 2008年10月 2日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/42641711

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン(20回目) -- 攻略:月光③(最終回)&ショパンノク#16(その2):

« 生涯現役 | トップページ | ドン・ジョバンニ »