« たまには映画の話をば。~4分間のピアニスト~ | トップページ | 数字で見る速度記号 »

最後のレッスン

これ、私の話ではありません。

よく拝見させて頂いていた方のブログに、
最近こんなエントリーがあがりました。
「なぬぃっ!!???」
と急いで記事を読み進めると、
とりまく環境の変化により、レッスンを中止せざるを得なくなった
といった主旨の説明がありました。

よくよく考えれば、大人のピアノは大半の方が趣味で弾いているもの。
今から音大を目指したり、ピアノで生計をたてよう、
と考えている人は皆無に近い、と言っても過言ではないでしょう。
それぞれが、本業を持っていて、その合間に時間を割いている、
というのが現状ではないでしょうか。

ピアノという趣味は、負担が大きいのが現実です。
少しでも上達したいという目的があれば、
練習は毎日しなくてはならないし、レッスンにだって通わなくてはなりません。
時間的負担経済的負担、ですね。)

そういった生活の中で、あるとき突然、
ピアノより優先しなくてはならない事情
というものが出てきても、なんらおかしくはない筈です。

例えば、結婚(またはその逆も?)や出産、転勤、転職。
または、持っている仕事が半端なく忙しくなったり、
家族が要介護、という状態になることもあるでしょう。

どんなにピアノが好きで、これからもずっと続けていきたい、
という情熱があっても、それに抗えない状況に直面した場合、
ピアノを辞める、という辛い選択をしなくてはならないのも、
大人のピアノならではの現実なのかもしれませんね・・・weep

今回はちょっと、ブルーdownなエントリーになってしまいました。スミマセン・・。

あ、でも、その方は、
レッスンはとりあえず最後だけど、独学ではピアノは続けたい
と綴ってらしたので、影ながら勝手に応援させて頂くことに致しました。

ガンバレ~good

|

« たまには映画の話をば。~4分間のピアニスト~ | トップページ | 数字で見る速度記号 »

その他ひとりごつ。」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。おはようございます。
そうですね。ピアノって意外と時間がかかる趣味だと思います。私は他にお花も習っているけれど、お花はお稽古の時間と家に帰っていけなおす時間くらいであとは水をかえるくらいでそんなに毎日練習することもないです。その他手芸だってやりたくなければやらなくてもいいし~~~。(キットはたまっていくけれど・・・)
だから私も異動と親の病気、そして自分の病気などによってピアノを辞めることは生じるかなと思います。
もともとずっとしたいと思っていたけれどなかなかはじめられなくてなぜピアノを再開したかというと、
私の場合は、
「絶対に結婚はありえない」
ってわかったから、末永くピアノをつづけられそうで再開したんですよね。でもよく考えたら結婚以外でもピアノをやめる理由っていっぱいあるのですよね~~~。
なんか、結論の出ないコメントになったけれど、
それはそれで一時期でも楽しくピアノをやれたらそれでいいのかもしれませんね。

だからこそ、私はいつまでやれるかわからないから、好きな曲をやりたいといつも思っています。

投稿: のぞみ | 2008年8月24日 (日) 21時42分

のぞみさん、こんばんは!
そうそう、ピアノを辞めざるを得なくなってしまう条件に、
「自分が怪我をしたり、病気になってしまう」ということもあったなぁ、
なんて、のぞみさんのコメントを拝見して思いました。
ピアニストは包丁を持たない、なんて聞いたことがありますが、
今の私がそれをしたら、「家事放棄」→「三行半」です!
「毎日練習しなくてはならない=拘束される」と考えるのではなく、
「毎日の規則的な生活リズムをつくってくれるもの」と考えればいいのかな?
そうすれば、長く続けれられそうですよね。(外的要因がなければ・・)
でも、自分でこの記事を書いていて思いましたが、好きな曲、やりたい曲は
そう思ったときに、始めた方がいいのかもしれませんね。
「いつか弾くぞ」と言っていても、その"いつか"が永遠に来ない可能性だって、
なくはない、と思ってしまいました。
(あ~、また、ブルーdownな内容になってしまいました、ゴメンナサイ・・)

投稿: ぽりぃ | 2008年8月24日 (日) 22時17分

ぽりぃさん、こんばんは~

こちらは、急に涼しくなりましたよ。雨降りが
多いです。いよいよ秋突入のようです・・

いろんな事情でピアノを断念せざるをえない方々
がいらっしゃる・・・weep
私、贅沢してるって思います。金銭的な事ではない
のですが、今のところ独り身ですし、家の事も、
そんなにしませんし、やりたい事をやれるという
のは、本当に贅沢だなぁ、と思うわけです。
だって、したくてもできない、できなくなった
という方々もいらっしゃるんですから。今の
生活に感謝しないといけませんよね・・・・・

今、できなくなってしまったとしても、また
いつか再開できる、そう信じたいし、そう願います。
そして、その方が再びレッスンに戻れますようにshine

投稿: ひろ | 2008年8月24日 (日) 23時23分

ひろさん、こんばんは!
日本は涼しい、というか寒いと感じられる方もいるようですね。
急激な温度の変化で、風邪を引いたりしないようにしてくださいね。
さて、ピアノやヴァイオリンなど、楽器を習うことができるのって、
ひろさんのおっしゃるとおり、恵まれている、ということになるのでしょうね。
だから、今この瞬間を有意義なものにしないと、なんて思いますよねー。
>そして、その方が再びレッスンに戻れますように
私もそう願っています。ひろさんの思いも届きますように・・confident

投稿: ぽりぃ | 2008年8月24日 (日) 23時49分

その方、また状況が変わって近いうちに再開できると良いですね。
ポチ☆の通ってる教室にもレッスン中断された方がいます。前の方が妊婦さんだったんですが、つい最近(4ヶ月を過ぎた位?)で一旦、レッスン中断されました。帰り際に先生が『生まれたら絶対連絡してね~!!がんばってね!!』ってお別れの挨拶してたから、レッスンを中断ではなくて辞められたのかもしれません。先生から聞いたんですが、その妊婦さんは結婚して新居から教室まで車で1時間ほどかかる所から毎週レッスンに通われてたそうです。
往復2時間もかけて通うほどピアノが好きなんだなって思ってたので、私も見送る側としては寂しい気持ちになりました。
わたしもいつかは出産するかもしれないし、そんな状況になるかもしれないって思ったら、他人事ではありませんでした。
こんなに好きなピアノも簡単に辞めてしまうのかもしれません・・
そう考えるとぽりぃさんが言われるように、『いつかではなくて今』っていう気持ちでいなくちゃダメですね!
余談ですが、今の先生も既婚で子無しなんですが、いつか懐妊されることだってありえるんですよね!めでたい事ではあるけど、そういう不可抗力では仕方ないし・・・

投稿: ポチ☆ | 2008年8月25日 (月) 13時08分

ポチ☆さん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
そっか~、ポチ☆さんのコメントを拝見して、
先生の都合でもレッスンを中断しなくてはならなくなることもありえるんだよなぁ~、
と思いました。
出産→子育て期間のピアノの中断は仕方がないのかもしれませんね。
他の方のブログを拝見していても、
・子育てが一段落したので再開、とか
・子供と一緒に習い始めた
という方も結構多いな、と感じています。
でも、自分がそういう状況に遭遇したときでも、一旦はやめてしまっても、
なるべく早く再開できればいいわけですよね。
>その方、また状況が変わって近いうちに再開できると良いですね。
私もそう思っています。ポチ☆さんの願いも通じるといいです!happy01

投稿: ぽりぃ | 2008年8月25日 (月) 22時24分

なるほど。
辞める理由も様々ですね。

僕も6月に実に不本意な理由で前の教室を去りました。
ましてやその直後そこの教室のHPに障害が起こり、僕に濡れ衣を着せられるなど散々です。

でもピアノを弾きたい!という気持ちに変わりはなく、それがあってこそ今の先生についてレッスンが受けられているのだと、今は思えます。

投稿: ISHI-chan | 2008年8月26日 (火) 09時48分

ISHI-chanさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
ISHI-chanさんも、「やむを得ずレッスン中断」のご経験者なのですね。
しかも、つい最近のことのようですが、もう大丈夫ですか?
そんな嫌な思いをされたのにも拘らず、
ISHI-chanさんがピアノを続けていらっしゃることは
世の中の大人ピアニストにとって、大変励みになることだと思います!
(ISHI-chanさんのピアノへの情熱が伝わって参りました。
さすが、熱情弾き!・・・つまらなくて、スミマセン・・down
私にもこの先、どういう事件(?)に遭遇するかは全くわかりませんが、
ピアノへの情熱と弾ける環境がある限り、ISHI-chanさんのように
ずっとピアノを続けて行こうと思っています。

投稿: ぽりぃ | 2008年8月26日 (火) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513690/42255454

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のレッスン:

« たまには映画の話をば。~4分間のピアニスト~ | トップページ | 数字で見る速度記号 »