« レッスン(11回目) | トップページ | レッスンこぼれ話(プロが演奏する自分の課題曲の音源を聴くべきか否か) »

レッスンこぼれ話(腱鞘炎)

先週の週末から右の薬指の付け根部分に軽い違和感を感じるようになり(詳しくはココ、昨日のレッスンでそのことについて先生に聞いてみました。
先生は症状について詳しく聞かれ(まるで本当のお医者さんのように)、

「かくかくしかじかで、思うように右手の薬指が動きません」
と言ったら、間髪いれずに
「それは、腱鞘炎かもしれません!痛みを感じたら、無理しないでしばらくピアノを休憩して下さい。
とおっしゃいました。
(ひょぇ~~~、もっともっと譜読みしたいよ~~~shock
という欲求は置いといて・・・・

今まで、腱鞘炎とはまるで無縁だった私。とりあえず、WebDoctorというサイトで調べてみると・・

腱鞘炎は腱を包む腱鞘の炎症です。毎日の動作で擦れあうことで一時的な腫れがおきますが通常は短期間に回復します。しかし、繰り返すうちに小さな古傷が積み重なって痛みや腫れとして発症します。進行すると、一度曲げると引っかかったまま痛くて伸ばせない状態になります

なるほど~。
さらに、別のサイトでは、

ピアノを弾きすぎたり、無理のある手つきでピアノを弾いていると腱鞘炎を起こすことがあります。

ふむふむ。
さらにさらに。

腱鞘炎は中高年に多く発症します。これは、中高年になって腱が損傷を受けやすくなるためです

むむっ!!!
ここまで言われてしまったら、私のプチ負傷は腱鞘炎(軽)と考えてもよさそうです。

話は戻ると、先生曰く、

「腱鞘炎かな?と思ったら、しばらくは無理せず指を休めるのがよい」

のだそうです。昔はスポ根マンガよろしく、
「痛いだなんて、弱音吐くんじゃないっ!練習!練習!」
という星一徹バリの指導方法をとる先生もいたそうですが、現代では全くもってナンセンス。

まずは、休憩japanesetea

だそうです。

先生のお知り合いでも、無理を続けていたら右腕のみならず、肩から肩甲骨までわずかでも動かすと激痛が走るところまで重症になった方がいたとか・・(その方のピアノ人生がその後どうなったかまではお聞きしませんでしたが・・)
さらに、まだ痛みを感じるのはいい方で、知らない間に重度の腱鞘炎になっていて、ある日突然ピアノが弾けなくなったお友達もいたとか・・。
腱鞘炎は、決して甘くみてはいけない病気(怪我)だということがよくわかりました。

では、最後に予防策など。
先生曰く、「お風呂などで意識して手や指をマッサージすること」だそうです。
他は、このサイト(→ココ)がわかりやすかったです。

ということで、腱鞘炎には気をつけましょう!
(特に再開してまもない大人の皆様(!?)。まだ指の筋力が衰えたままの状態なので、特に要注意なんだそうデス。)

|

« レッスン(11回目) | トップページ | レッスンこぼれ話(プロが演奏する自分の課題曲の音源を聴くべきか否か) »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンこぼれ話」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。腱鞘炎はなったことないけれど、うちの母とか家事でなったりしているのでピアノを弾きすぎたらなるというより年齢的になりやすくなってくるのではと思います。

私の場合はベートーベンを弾いているときよりこうやってパソコンを扱っているときにマウスを扱う右の親指が痛いことがあります。ピアノで痛めているのかどうなのかわからないけれど、かなりぎくっとします。
腱鞘炎の注射は痛いらしいし。なんだか「ピアノの弾きすぎでなりました」とか恥ずかしくて他人様にいえないし・・・・・。
それ以上に「ネットのやりすぎでなりました」とかもっと恥ずかしいかも~~~~~<笑。

自分のブログにも書いたけれど、ピアノをはじめてすっごく指が敏感になってちょっと何かあったときに掌をひねったりしただけでびっくりするような痛みが走ることがあります。こわいです・・・・・。

全くの余談ですが、私は腰が痛いとか思ったことすらなかったのに、整骨院に行ったら、「腰がはってますね~~~」って腰をマッサージされて、それ以降、なぜか腰が常に鈍痛なのです。いままで自覚されない痛みがあったのかどうかわからないけれど、寝た子を起こされた感じです。

投稿: のぞみ | 2008年7月 3日 (木) 22時52分

ぽりぃさん、こんばんは!

腱鞘炎って、こわいですね。
ひどくなると、ピアノ弾けなくなりそう!
ぽりぃさんも、しばらくはピアノお休み
ですね。お大事にしてください・・・paper

投稿: ひろ | 2008年7月 3日 (木) 23時55分

のぞみさん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます!
のぞみさんもおっしゃっている通り、腱鞘炎は、ピアノに限らず、赤ちゃんを毎日抱えあげたりしなくてはならない子育て中の人とかにも発症するらしいですね。(大人、かつ女性に多い症例らしいです。)
キーボードワークでも起こるらしいので、のぞみさんも右の親指があまりに
痛むようだったら、少し様子を見て下さいね。(のぞみさんもベートーベンを譜読みなさっている途中ですし。って、私と違ってちゃんと脱力されていると思うので、それとは関係ないかな?)
腰は腕より厄介そうじゃないですか?本当に腰をやってしまうと、起き上がれないって
いいますもんね。生活の全てに影響してきそう(ピアノどころの話じゃない!?)なので、
腰だけは本当にお気をつけ下さいね!

投稿: ぽりぃ | 2008年7月 4日 (金) 00時29分

ひろさん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます!
ご心配ありがとうございます。おかげさまで、もうだいぶ痛みは収まりましたよ~(ホッhappy01
ところで、ヴァイオリンでも腱鞘炎になったりするんですか?
ヴァイオリンの場合は、左手が酷使されそうですけど、ひろさんなら無謀なことなどされないと思いますので、大丈夫かな・・?
でも、私みたいなことにならないように気をつけて下さいね!

投稿: ぽりぃ | 2008年7月 4日 (金) 00時30分

先生のお友達の話恐いですね~coldsweats02

お風呂で手や指をマッサージする方法、早速試してみました♪

あと紹介してあるサイトも勉強になりましたhappy01

投稿: ポチ☆ | 2008年7月 4日 (金) 01時09分

ポチ☆さん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
いやいや、腱鞘炎について調べたり、人に聞いたりしたのは、本当にポチ☆さんにご忠告を頂いたからですよ~~!改めてありがとうございました!
でないと、私の性格的に、「そのうち直るだろう」と軽く見て、ろくに調べず、人にも聞かず、気がついたら「重症!!??」なんてことになっていた可能性大です。
本当にありがとうございました。
ポチ☆さんも、今は大丈夫なようですが、再発しないように気をつけて下さいね!

投稿: ぽりぃ | 2008年7月 4日 (金) 02時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッスン(11回目) | トップページ | レッスンこぼれ話(プロが演奏する自分の課題曲の音源を聴くべきか否か) »