« レッスン(9回目) | トップページ | 速く弾ける・・・!!~きらきら星変奏曲~ »

散財・・か?

Variation_for_piano こんなものを買ってしまいました。正確に言うと、ずいぶん前にネットで注文したものが、やっと今日届きました!

ベーレンライター版
モーツァルト:Variations For Piano

(ピアノのための変奏曲集、とでも言うのかな。)

以前、レッスンのときに、先生が「原典版」なる楽譜を見せてくださいました。
原典版とは、可能な限り忠実に作曲家の意図を再現することを目的とした、楽譜の版のこと(by Wiki)で、ピアノをちゃんとやってる方は、「原典版」がバイブルのようなのです。
そこで、なんでも欲しがるぽりぃさんは、まだ全くそんな域には達していないのをわかっていながらも、買ってしまいましたぁ~~scissors

原典版というより、どの版の楽譜が世界の演奏家達(要は、玄人さんたち)に一番愛されているかというのは、作曲家ごとに違いがあり、例えば

  • バッハ=ウィーン原典版
  • ベートーヴェン=ヘンレ版
  • ショパン=パデレフスキー版、もしくはナショナル・エディション(エキエル版)

と相場が決まっているようです。(すみません、これは受け売り入ってます。)
そこで、モーツァルトさんは?というと、このベーレンライター版なのだそうです。最もモーツァルトの自筆譜に正しく近い楽譜と言われているらしいです。
う~ん、なんだかモーツァルトさんの気持ちに近づいた感じlovely
(超ド素人のくせに、こういうのを手に入れて、ピアノがうまくなった気になってる人の典型ですね。)

そこで、今ぽりぃさんが使用中の楽譜(Marurice Hinsonさん編)とじっくり見比べて見ました。そうすると、びみょ~に違うんですよね。例えばこんな感じ↓

Hikaku_2

(いきなり訂正:これは”点線スラー”ではなくて、”点線タイ”ですね)

先生曰く、○○編集版とは、その編集者が独自に原曲を解釈して、実際に弾く人がより弾きやすいように書き直したものなのだそうです。なので、編集者の感性によって楽譜の内容も微妙に違ってくるわけですね。
と、ここで大変なことに気がついてしまいました。このベーレンライター版、なんと、運指が皆無。こりゃ使いづらい・・。
で、結論。やっぱり散財でした。(飾り物にしておこう。)

|

« レッスン(9回目) | トップページ | 速く弾ける・・・!!~きらきら星変奏曲~ »

その他ひとりごつ。」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

原典版って全く運指が載ってないんですねぇ~wobbly
知らなかったです・・・
もしかして強弱も全部白紙なんですか??
いよいよぽりぃさんも玄人の仲間入りですねhappy01good

投稿: ポチ☆ | 2008年6月18日 (水) 22時45分

ポチ☆さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
原典版って、私もマジマジと見たのは今回が初めてなので、全ての原典版がここまでシンプルなのかはわかりませんが、少なくともこの楽譜については、運指表記は何もありませんでした。強弱記号もお情け程度でした。(これじゃ、弾けないよ~~crying
>いよいよぽりぃさんも玄人の仲間入りですね
それは全くもって違いますよ~~~。(全否定です。)まだまだ超超ド素人でーす。

投稿: ぽりぃ | 2008年6月18日 (水) 22時49分

ぽりぃさん、こんばんは!

モーツァルト・ベーレンライター版、とっても楽譜っぽくてカッコイイですね。
赤い表紙が素敵だわ~  でも、運指が無いってのが残念ですね。
どう弾いていいかわかりませんもの(笑) 

作曲家によって、いろんな版があるんですね。ショパンのパデレフスキー版を最近知ったばかりだったんですよ。
楽譜屋さんで見つけて、中身をパラって見てから、すぐに棚に戻しました(笑)
弾けないcoldsweats01 ふふふ

投稿: ひろ | 2008年6月18日 (水) 22時59分

ぽりぃさんこんばんは。
楽譜を見るのって音楽をする人にとっては至福のときですよね~~~~~。
それにしてもこういう楽譜があるんですね。
子どものころピアノを習っていたときは運指なんて全然目もくれず弾いていたのですが、それでもなんとかなっていたのですが、今は「あれれれれれ?指が足りない~~」と騒いで私が持っている楽譜と先生の楽譜で使いやすい運指を使うようにしています。

楽譜といえばこの前ベトソナの全音のアルバムをみていて安いのと高いのがあるのですが、高いほうのベトソナはなんだか不思議な手書きみたいな楽譜で、私は「こんなの買う気にはなれない」諦めました。

そういえば時間がなくて挫折したのですがバッハを歌う会で購入したバッハのマタイ受難曲だったかの楽譜はこのベーレンライター版であることに今気づきました。
バッハは難しくて歌えなかったのです<涙。

投稿: のぞみ | 2008年6月18日 (水) 23時17分

ひろさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます!
「○○版持ってます」ってなんだかカッコイイ響きがありますよね~smile
(そんな単純な動機で買ってしまいました、この楽譜・・)
でも、やっぱりこういうのって玄人さん向けなんだな~、と思いました。だって、シロウトには指使い指示がないと弾けませんよ~~annoy
ショパンのパデレフスキー版とやらも、ゲットするのはまだまだ先、ということにしておきますcoldsweats01
(興味本位で手に入れても、今回と同じ憂き目にあうこと間違いなしですので・・)

投稿: ぽりぃ | 2008年6月18日 (水) 23時29分

のぞみさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます!
そうなんですよ~、楽譜って見ているだけでもなんだか幸せな気分になってきますよね~lovely。いつかは、こんな曲が弾けたらな~、と妄想の世界に5秒でトリップairplaneしてしまいます・・coldsweats01
運指は私も子供の頃はどうしてたかな、と今頃になって考えるようになりました。三つ子の魂百まで(←格言好きな私)というように、今、かなりいろいろと注意されていることからも、おそらく幼少期も変わらず、我流で弾いてたのだと想像します。こういうのは幼少期に徹底的に矯正しないとダメだったのでしょうかね・・?
手書きの楽譜は、確か、敢えてそういうの(作曲家の手書き譜のコピー)も売ってたりするそうですね。それのことでしょうか?もしそうなら、ベートーベンは乱筆で有名だったそうですから、それは普通の人にはきっと演奏用ではなく観賞用としての使い道しかないでしょうねcoldsweats01
ベーレンライターはバッハの楽譜も出しているんですね。(そりゃ、そうか・・sweat02

投稿: ぽりぃ | 2008年6月19日 (木) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッスン(9回目) | トップページ | 速く弾ける・・・!!~きらきら星変奏曲~ »