« いつも間違える部分を克服する | トップページ | レッスン(9回目) »

河合小市 in NY ~あのピアノの正体~

今更なのですが、実は私は

Statue_of_liberty

Empire_state_building_2

← こんなものや、
        

      こんなものや、→

Thenakedcowboy

← こんなもの(人?)

がある街に住んでいます
(期間限定ですけどね。ちなみにこの人、真冬でもこの格好。HPもあります→
ココ。)

その街の真ん中にある、とある老舗ホテルの片隅に、街の喧騒などまるで無関係であるかのように、ぽつねんと置き去りにされていた一台のピアノ。
あの日からずっと気になっていました。「一体、あなたは誰・・?」

どうしても気になってしまい、夜も眠れない毎日。(←これはちょっと嘘。)
あのピアノと再会したい一心で、再びそのホテルを訪れました。
なにしろ、まさに「日の当たらない場所」に置かれているあのピアノ。
近づくのも容易ではありません。
あたりをきょろきょろしながら、その場所に行くと・・・・、ありました!!
ちゃんとあの日と同じ場所に、同じようにひっそりとたたずんでいました。

この街の、しかも老舗ホテルのピアノです。年代物のスタンウェイかな、それともヨーロッパもの?(ベヒシュタイン、とかベーゼンドルファーとか・・?)
辺りに人がいないのを確かめて、恐る恐る蓋を開けてみると・・・

Kkawai

     「K.KAWAI」

ケー・カワイ!!?? (とりあえず頭の"K"は置いといて)な、なんとっ、これは、日本の河合楽器製作所のピアノじゃないですかsign03
こんなところで日本製のピアノにお目にかかれるとはsign03違った意味で感動ですsign03
(しかもYAMAHAじゃないところに微妙に感動度up。)
どうみても老齢のこのK.KAWAIピアノ。これまで数え切れないほどのパーティーシーンを彩ってきたのでしょう。
もうだいぶお疲れのようですが、転んでもタダでは起きない不屈の大和魂で、これからもこの国の人々の心に響く美しい音楽を奏で続けて欲しいと、切に願うぽりぃさんでありました。

追記
ちなみに、KAWAIの前についてる”K”。
私は初めて見たのですが、河合楽器の創設者、河合小市さんの"小市"のKらしいです。"Designed by Koichi"ってことらしいです。今でもKAWAIのグランドのRXシリーズなどには"K.KAWAI"と刻印されてるそうです。ちなみに、"S.KAWAI"というのもあります。

|

« いつも間違える部分を克服する | トップページ | レッスン(9回目) »

その他ひとりごつ。」カテゴリの記事

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、こんばんは!

発表会、無事に終わりました!
応援ありがとうございました~
ネットの向こう側ってUSAだったのですね。
びっくりしましたよ(笑)
でっきり日本にお住いだとばかり思って
いましたので・・NY一度も行った事ない
ので興味ありありです。だから英語も堪能
なのですね、納得ですぅ。ああ・・私も少し
英語勉強しなくてはダメだと思いました。
私のいとこもバージニアとノースカロライナ、に住んでますよ。かなり田舎の方です。
そして英語しかしゃべれないので、会話や
メールのやりとりは本当に苦労してます。
言いたいこと沢山あっても説明できなかったり、はがゆい思いばかり(悲)

このピアノ、以前ブログに書かれていた
あのピアノさんですか?
しかも「KAWAI」!!なんだか嬉しいです!
だって、老舗のホテルに日本のピアノが
置いてあるなんて・・しかも初めて見ました。「K.KAWAI」小市さんのKなんですね~
 かなり感動ですぅ。
ぽりぃさんの気になっていた事が、わかり
良かったです。できれば弾いてもらいたい
ですね。

投稿: ひろ | 2008年6月14日 (土) 23時07分

ひろさん、こんばんは。
発表会が終わってお疲れのはずなのに、コメントありがとうございます!
カワイのピアノの衝撃をお伝えするには、やはりここがどこかもお伝えした方が、衝撃度がupになると思って・・。
バージニアとノースカロライナにご親戚がいらっしゃるんですね。私は行ったことはありませんが、歴史の浅いアメリカの中では比較的古い町並みの残るいい街だと聞いています。
ちなみに、私はひろさんのご親戚とは違い、ほぼ日本語オンリーです。(だって純粋日本人ですもの・・coldsweats01)英語は本当にちょっっっっとだけです。
(自分の語学の才能のなさを日々実感してます。shock
それにしても、このピアノ、もうちょっと大事に扱ってあげて欲しいな、と思います。(日本製とわかって、情が移りましたweep

投稿: ぽりぃ | 2008年6月14日 (土) 23時23分

私もびっくりしました。海の向こうにお住まいなんですね。海の向こうとこうやってふつうにコミュニケーションがとれるってすごいですね。しかも、日本語と私たちにはピアノという共通言語があってそれもまたすっごいことですね~~~~~~~。
なんて思いました。

ところでピアノのレッスンは英語なんですか??
なんか右側に載っている(トップページの)楽譜がみたことないなと思ったら海の向こうの楽譜だったのですね。

まったくの余談ですが転んでもただでは起きない不屈の大和魂、私にはないなあ。
いつも転んでばかりです。
現代人には大和魂はないのかなあ。って思います<笑。

投稿: のぞみ | 2008年6月14日 (土) 23時47分

のぞみさん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます。
そうなんです、実は日本とは昼夜真逆の土地で暮らしているのです。(これまで、「この人、変な時間に記事更新してるなぁ~」とか「変な時間にコメントしてるなぁ~、何時まで起きてるんだろう??」と感じられたことがあったかもしれませんが、そういうわけですcoldsweats01
レッスンは、「当然!」日本人の先生ですよ~。英語だったらレッスン以外のところで神経磨り減りそうですから・・sweat02
楽譜は、ご指摘の通り英語版です。というか、日本語の楽譜は手に入れたくても簡単には手に入らないので必然の結果なのですcoldsweats01
でも、楽譜って、解説などはどこの国の言葉で書かれていようとも、音符の部分は万国共通。「音楽は世界共通の言葉だ」と言われる意味を身をもって実感しています。(でも、やっぱり全音の楽譜とか、たまにすごく欲しくなります・・)
それから、今更で申し訳ないのですが、のぞみさんのブログ、私の「お気に入りブログ」リストに追加させて頂いてもよろしいですか・・?

投稿: ぽりぃ | 2008年6月15日 (日) 00時19分

こんばんは。私の方こそ宵っ張りの朝寝坊でいつも真夜中に起きているので意外と生活時間がぽりぃさんと一致しているかもしれません<笑。あまりに朝まで起きているので、NHKのラジオ深夜便がお友だちになっていました<笑。そっちでも聴けますか?
楽譜は万国共通ってすごいですね。この前ブラスの卒業式のときにある先生が言っていたけれど、私もその例としてブラスの生徒につたえよう(ブラスの副顧問をしている。高校の教員です)と思いました。うーんメモメモ。
お気に入りブログ、いいですよ。
私も今までやってなかったけれど、ぽりぃさんのブログをお気に入りにいれていいですか?初です。

ところでぽりぃさんは一日に何時間くらいピアノ弾いていますか?

投稿: のぞみ | 2008年6月16日 (月) 00時15分

のぞみさん、いつもコメントありがとうございます!
NHKのラジオ深夜便は残念ながら、こちらでは聞いたことはありません・・でも、インターネットが発達している今なら、調べていないだけで何らか聞ける手段はあると思います。(そういった意味では、You Tubeは日本のTV番組を見るには非常に使えるツールです。日々、大変お世話になってますcoldsweats01
のぞみさんは教員をなさっているのですよね。人に何かを教えられるのって、すごいことだと思います。尊敬です!私の思いつき(?)が何かのお役に立てるのなら、それはとても光栄です。
私のピアノの練習時間ですが、日にもよりますが、平日はよくて1~2時間、土日は3~4時間くらいです。ピアノを再開してからピアノの練習が最優先の生活スタイルに変わってしまいました。
>私も今までやってなかったけれど、ぽりぃさんのブログをお気に入りにいれていいですか?初です。
初だなんて、これもまた光栄です!ぜひ宜しくお願い致します!

投稿: ぽりぃ | 2008年6月16日 (月) 10時02分

こんにちは!
そっかー。NYにお住まいなんですね。
前の航空ショーのお話から、フロリダかな?って思ってました(勝手に・・sun)。しかも、お仕事されてるのですよね。すごーい!eyeご主人と一緒に?(←単なる好奇心からの質問ですから無視してください・・・)
私も昔、半年ほど滞在してたことがありますが、英語嫌いで勉強してなかったので、通じないわからないでさんざんでした。日本に帰ってから勉強しましたワ。

それにしても、老舗ホテルにあったのがカワイのピアノだったとはびっくりですね。意外と世界的なブランド???
日本車と一緒で安くて性能と燃費がいいとか(^^;燃費は関係ないか・・・

投稿: Nepian | 2008年6月16日 (月) 15時19分

Nepianさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます!
NepianさんもNYに滞在されていたことがあるのですねっ!それは感激ですっ!いつ頃のことかはコメントからはわかりませんが、ひょっとしたら、どこかですれ違っていたかもしれませんね??(世界は意外に狭かったりしますし。)
まさか、日本製のピアノにお目にかかれるとは思っていなかったので、ピアノの蓋を開けたときには、がっかりというより、本当に衝撃sign03でした。
Nepianさんのおっしゃる通り、日本製は愛される何かがあるのかもしれません。(何十年前のシロモノ家電のように、とにかく頑丈、みたいな・・coldsweats01。ピアノは家電じゃない?)
仕事は夫とは別の職場ですよ~。(一緒って、なんかイヤじゃないですか?昼も夜も顔を合わすなんてねぇ~?そんなことないですかね・・。)ちなみに、私も英語は大嫌いです~shock

投稿: ぽりぃ | 2008年6月17日 (火) 01時35分

あ、すみません。言葉足らずでしたsweat01。NYに住んでいたのはなく、アメリカに、という意味です。私がいたのはボストンから車or電車で小一時間の田舎町。15年以上前の話です。1ドル=140円台でした。

でも、そのホテルの方はKAWAIのピアノが日本製だって知ってるのかしら・・・知らない可能性大、かもhappy02

投稿: Nepian | 2008年6月18日 (水) 21時17分

Nepianさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます!
>私がいたのはボストンから車or電車で小一時間の田舎町
そうでしたか~。すみません、私も早とちりでしたねcoldsweats01
でもそのあたりも緑がきれいでいいところではありませんでしたか?(滞在されていたのが冬だったらスミマセン・・)
ホテルの人は、たぶん日本製のピアノだとは知らないのではないでしょうか・・。YAMAHAならともかく、KAWAIを知っていたらそのホテルマンとは何の躊躇もなく日本語で会話させて頂きますよ~。

投稿: ぽりぃ | 2008年6月18日 (水) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつも間違える部分を克服する | トップページ | レッスン(9回目) »