« 河合小市 in NY ~あのピアノの正体~ | トップページ | 散財・・か? »

レッスン(9回目)

【現在の進捗】
課題曲#1(きらきら星変奏曲byモーツァルト):譜読み開始から14週目/レッスン9回目
課題曲#2(アラベスク#1byドビュッシー):譜読み開始から8週目/レッスン8回目

今日はレッスンに行ってきました。
(今週からレッスンの時間を45分→60分に変更しました。)

sun総評
きらきら星変奏曲は「だいぶ完成度があがってきました」とのことでした。
やっぱりメトロノーム作戦の効果は絶大です!
アラベスクも少しテンポを落として、「とにかく止まらない、間違えない」を念頭に、例によって弾き去ったところ、「曲として流れてきていますね。その速さでも十分ですよ」との評を頂きました。
「2曲とももうすぐですね。」だそうです。というわけで、来週も引き続きこの2曲との戦いです。

karaoke本日の独り言
今日は正直言って、きらきら星変奏曲には、かなり気合を入れていきました。(気合十分!押忍!)なぜなら、メトロノーム作戦が徐々に効果をあげつつあり、今週は114まで上げて行けたからです。(「この速度ならもう完璧!」くらいの妙な自信も)
しかし、蓋を開ければ、止まりはしなかったものの、ミスタッチあり、雑な演奏ありで、結局再レッスン。
まぁ、正直、がっっくし・・weep、ですわ・・。(あれだけミスれば当然の結果なのですが・・)

でも、はた、と思いとどまりました。
一体、何のために月謝まで払ってレッスンを受けているのだろうか、と。
中途半端な出来だろうがなんだろうが、とにかく誰かから「OK」をもらって、「OK」と言われたことで、その曲を「レパートリー」のひとつに加え、「私、こ~んなにたくさんレパートリーがあるんで~~~すscissors」と自慢することなのだろうか?(と言っても誰に・・?)
楽譜に書かれている音符通りに鍵盤を叩くだけなら、独学でもやろうと思えばできるわけで、敢えてレッスンに通っている理由とは・・・。

それは、今日、先生がレッスン中に何気なくおっしゃっていた言葉にヒントがありました。
「曲としての完成度をあげる」ということなのではないかと。
では、「曲の完成度」って、何なのだろう・・?
私が思うに、「止まらない、間違えない」というのは当然のことで、楽譜に書かれている強弱記号や発想記号を正しく解釈・表現して、その曲を「自分の音楽にしてしまう」、ということなのではないでしょうか。(即ち、こんな感じ。→ココYou Tubeに飛びます。)
このFazil Sayさん、きらきら星変奏曲を、完全に自分の音楽にしてしまっています。引き込まれますよねぇ~・・・confident
ここまで自分の音楽にできたら、初めて「合格(=レパートリー)」になるのではないかと、ぽりぃさんは考えます。
というわけで、私は、先生を酔わせてしまうまで弾き込むことにしましたっ!
先生、泥酔してもしりませんよ?winebottlebeerbar

ここからは「本日の漫才トーク」&「本日の指摘事項」

cafe本日の漫才トーク("本日の雑談"から改名しました。)
独り言でも触れたように、今日は気合十分で臨んだぽりぃさん。どちらかと言えば、気分が高揚していた、と言った方が正しいかもしれません。Pianobench_2
レッスン前に椅子の高さを調節していた時(先生のところの椅子は→こんなの。 )、なんかいつもと様子が違うな、と気付いた瞬間、

先:それ、高さ上がってます。
ぽ:(はっっcoldsweats02)やっぱりそうでしたかー。なんかおかしいな~、なんて思ってたんですけど・・あはは~・・coldsweats01(テンション一気にdown

気を取り直し、きらきら星変奏曲にとりかかる時、

ぽ:今日は114まであげてきました!
先:すご~~~い!!
ぽ:あ、そうですか??(一瞬、固まる。)
(ぽ:それは、純粋に誉めてくれたのだろうか、それとも、「え~、ちょっと背伸びしすぎなのと違う~??まぁ、今から弾いてもらえばわかるわね。」という意図が隠されているのだろうか・・。)

小心者のぽりぃさん、一瞬頭をよぎってしまった悪魔の囁きのせいでか、初回テイクはVar1の3小節目(時間にして15秒くらいですかね。)で見事玉砕・・・・。「すみません・・」と謝って、2ndテイクと相成りました・・。(あの気合よ、いずこへ・・・)

やっとの思いで、きらきら星変奏曲を弾き終えたぽりぃさん。実は、先週、指使いを変えてまで集中的な指導があったのは、最後の8小節。毎週間違っていたこの鬼門の部分を、今週は(自分なりに)完璧に弾くことができました。

(ぽ:やったーーーーーーっっ!!ついに、ついに、ノーミスで弾き終えましたよっ!先生、ちゃんと聞いててくれましたか??この部分、何か一言お願いしますよっ!)
先:う~ん、だいぶ完成度があがってきましたねーー。先週よりよくなりましたねnote
ぽ:ありがとうございます~happy01
(ぽ:で、特にどのあたりでしょう?やっぱり、あの部分ですよね?)
先:で、ちょっと気になったのは、・・(と、おもむろに譜面をめくる先生。)
(ぽ:せ、せんせい・・。それは無情というものです・・)

アラベスクのお手本を弾いて下さっているとき、珍しく左手が回っていなかった先生。

先:あ~~~~っannoy
先生にしては、これまた珍しく微妙に取り乱し気味。
ぽ:先生、落ち着いて!
と、言おうかと思ったけど、そんなこと言った瞬間、
先:それは、貴方ですannoyannoy
と、速攻で突っ込まれそうだったので、やめときました。

メトロノーム作戦の話になり、

ぽ:あれ、本当に目からウロコでした!しかも、かなり楽しみながらやってますよ~notes
先:でっしょ~~~~??
(ぽ:タ、タメ口ですか!?でも、タメ口歓迎です。ありがとうございます。)

きらきら星変奏曲の仕上げの話の中で、

先:そろそろ仕上がりますかね?
ぽ:ええ、そろそろ・・・
先:はい・・、そろそろね・・・・
(ぽ:な、なんだろう、この微妙なプレッシャー感は・・・)

というわけで、今週も楽しくレッスンさせて頂きました。先生、いつもありがとうございます!

[本日の指摘事項]
●きらきら星変奏曲
(1)Var1:37~39小節目:各小節とも、高音部に向かって流れるように。一音一音ブチブチ切れないこと。右手の1と2の指の間はリラックスして柔らかく
(2)Var10:244~247,251~255,260~263小節目:右手の和音になるところはアルペジオにならない。中指の方が小指より長いのでそうなってしまうのは仕方がないが、敢えて、小指を意識して聞かせるようにする。(和音の部分ははたく感じで鍵盤を叩くとよい)
(3)Var12:315小節目と316小節目の間は一息つく感じで、315小節目の最後の左の16分音符はおろそかにせず、ちゃんと弾くこと。

●アラベスク
(1)1,2小節目や17,18小節目のは1小節にスラーがついているので、流れるようにひと纏まりにすること
(2)19~26小節目の左手は親指が「ガン!」と鳴らないこと。小指の際立たせる。
(3)47小節目の左手の最後の音(ミ)は消え入るように。(ガツンと弾かない)
(4)62小節目の左手の最後の音(ミ)はその直前の下のミの音を同じ大きさの音で。次のisolutoへの序章というイメージ
(5)67小節目の最初の音は、66小節目からのつながりの一部とみなす。いきなりpにならない。
(6)66小節目はペダルを踏み変えなくてもいい。
(7)95~99小節目の指がえ、指くぐりはスムーズに。「指変えてます!」というのがわからないように。
(8)42,58小節目の右手の最後の音は、テヌートだけど、音はすぼめる。(fで弾かない。)
(9)106-107小節目の間は休符が入ったように聞こえない程度のゆっくりさで。(今は休符が入っているように聞こえる。)

|

« 河合小市 in NY ~あのピアノの正体~ | トップページ | 散財・・か? »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事

コメント

ぽりぃさん、こんばんは!

レッスン、60分にされたのですね。けっこう、あっという間に終わってしまう
かんじですか?それとも長く感じますか?
私のヴァイオリンは月2回、45分のレッスンです。でも、あっとう間に終わって
しまいます・・・

きらきら星、テンポ114まで上げて弾けるようになられたなんて、メトロノーム作戦の
成果大です! やっぱり「流れ」も大切なんですよね。

ぽりぃさんが仰るように、独学で弾こうと思えば弾けますが、表現や細かい部分については、レッスンを受けないと理解できなかったり、わからないところが多くありますね。
それは、今私自身が痛切に感じているところでもあります。ここは、どんなかんじで弾けばいいのか? どうしたら弾きやすいか、
テクニックだけではなく、先生の発する言葉に中にも、たくさん教えられる事がありますから。私も、きちんとしたレッスンを受けたいと思っています・・・

それにしても、毎回の漫才トーク? とても
楽しませていただいてますよっ!(笑)

投稿: ひろ | 2008年6月17日 (火) 21時32分

ひろさんへ。
いつもコメントありがとうございます!
レッスン時間を60分に変更しましたが、それでもとても短く感じます。45分なんて、本当にあっという間でした。本当はもう少し長くてもいいんだけど・・、なんて思っていますが、たぶん集中力が続きません・・coldsweats01
レッスンは本当にいろいろと勉強になりますよねー。素人の感覚と、ちゃんと音楽の勉強をしている人の感覚って、全く違うな~、といつも思い知らされます。ちょっとした雑談の中にも、勉強になる言葉がたくさんあり、それだけでも、月謝を払う価値があると思ってます。(漫才トークばかりじゃないんですよ~。)
漫才トーク、気に入って頂けてうれしいです。次回から気合が入るなぁ~~up。(目的が変わってきそうな予感・・)

投稿: ぽりぃ | 2008年6月17日 (火) 22時46分

曲の完成度の件、ポチ☆も同感ですflair
おまけで貰った合格なんていらないですよねcoldsweats01
残念な事にポチ☆が今習ってる先生は甘いのですぐに次々進んで行きますが、以前の先生はノーミスで弾けるようになろうが、ほぼ暗譜できるぐらい弾き込んでも、全く妥協がありませんでしたdown
でも、それぐらい厳しいほうが『どこがダメなの?どうすれば良くなる?』って常に自分で考えて次回のレッスンに臨めて結果的に自分の身に付くんですよねdash
なので、ぽりぃさん、アラベスク&きらきらがんばってくださいhappy01note


投稿: ポチ☆ | 2008年6月18日 (水) 23時01分

ポチ☆さん、再びコメントありがとうございます!
「合格」となる基準って、難しいですよねー。ポチ☆さんのおっしゃるように、先生にもよるのだと思います。自分は「もういいででしょ~」と思っていても、妥協しない先生ならいつままでもNG。逆に、「えっ?こんなんで合格??」ってこともあるでしょうし、先生によるところも大きいですよね。
(ペーパーテストみたいに数値化できればわかりやすくていいんでしょうけど、ゲージュツは概してそういうものじゃないですしね・・sweat02
でも、私もやっぱり妥協しない先生の方が、自分でもいろいろと勉強できるので、その方がいいのかな~、って思います。
でも、早く合格して、新しい曲やりたいよ~~、と思うときもよくあるんですけどねー(何しろ、飽きっぽい性格なので・・)
>アラベスク&きらきらがんばってください
ありがとうございます!がんばります!

投稿: ぽりぃ | 2008年6月19日 (木) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河合小市 in NY ~あのピアノの正体~ | トップページ | 散財・・か? »