« レパートリー復活P | トップページ | 曲を仕上げる(ゲーム感覚 de メトロノーム) »

レッスン(7回目)

【現在の進捗】
課題曲#1(きらきら星変奏曲byモーツァルト):譜読み開始から12週目/レッスン7回目
課題曲#2(アラベスク#1byドビュッシー):譜読み開始から6週目/レッスン6回目

今日はレッスンに行ってきました。

sun総評
きらきら星は仕上げに入りますので、とのことでした。
ということで、秘儀「ゲーム感覚 de メトロノーム」(←たった今、思いつきで命名)を伝授頂きました。
これは、今日の記事に埋め込んでしまうのはもったいないので、後日別記事にします。
アラベスクは相変わらず右手左手がバラバラな部分が多いので、これを揃えるようにとのこと。
テンポが急に遅くなったりする部分があるので、それも遅くならないように意識するように、とのことでした。
細かい指摘事項については、後述。

karaoke本日の独り言
先週「早く合格しようぜお化け」の憑き物が落ちてから、合格しよう!という気がなくなったせいか、のんびりと弾くことが出来た気がします。とはいいつつ、やっぱり先生の前で弾いた後は、滝汗なんですけどね~。(きっと先生にとっては、きらきら星shineがイライラ星annoyに聞こえているに違いない・・。)
そして、きらきら星はいよいよ仕上げモードに入ります、とのことだったのですが、そういえば、何週間か前にも同じようなことをおっしゃっていませんでしたか、先生sign02
もしや、その後、全く成長が見られないぽりぃさんに先生は業を煮やし、遂に奥義の巻物をお与えになったのですね・・・sign01
ではなくて、きっと小学校一年生の教科書を出してきてくださったのですね。物覚えの悪い大人ですみません・・
というわけで、今週もきらきら星とアラベスクです。
それにしても、毎日毎日、きらきら星ばかり弾いているぽりぃさん。おかげで、今のぽりぃさんの頭の中は、満天の星空で~~すshineshine。おそらく、13等星くらいまでは肉眼で見えてると思います。

cafe本日の雑談(←最近、これを書くのが楽しみになっている)
きらきら星の仕上げの話の中で、先生がタイマーのようなものを持ち出しました。
ぽ:それ何ですか?前から気になってたんですけど。
先:メトロノームですよ。(→こんなの) Sq70_4
Spm320_4 ぽ:へぇ~~、今のってこんななんですねー。私が使ってたのってねじまきで「チーンbell」とか鳴るやつでしたよ(→こんなの)


先:私もそれ使ってましたよ~

(ぽ:先生、若く見えるけど、ひょっとして同世代??でも、少なくとも4,5歳は若そうだけど、とりあえず親近感up
先:これ、持ち歩きに便利なんですよ。
ぽ:も、持ち歩きsign03sign02
(ぽ:メトロノームを持ち歩くって、一体何の為に????電車の中やレストランでメトロノーム使ってる人なんて見たことないぞ!?新手の万歩計か!?)
先:外のスタジオでレッスンするときに持っていくんですよ。
ぽ:あっっ・・、そ、そういうわけでしたか。あはは~~・・

そして、メトロノームを使用することの重要性についての真面目な話となり、

先:私もちゃんと使うようになったのは、大人になってからでして。子供の頃は何でも速く弾きたくなっちゃってhappy01
ぽ:私なんて、今でもそうですよ。
(ぽ:先生、ここはツッコミどころですよっ!ほらほらっ!)
先:・・・・・・・・・
(ぽ:せんせ~い、私を一人にしないでくださぁ~~い・・shock

レッスンが終わった後、レッスンの最中からずっと気になっていた、どこからともなく低音で鳴り響いてくる、ずんちゃかずんちゃか音について、

ぽ:これって、上の階からですか?
先:いや、お隣さんです。私もピアノをガンガン弾くので、止めて下さいとはいえないんですけど、レッスンの途中はやめてほしいな、って思うことがあるんですよ。小さい子とか気が散っちゃうんでね。
(ぽ:イタタッ、レッスンの最初からずっと気になってたんですけど、私・・・)

今日は先生との雑談を通して、ぽりぃさんは限りなくおこちゃまレベルchickだということがわかりました。
でも、大人になって夢中になれるものを見つけると、「童心に帰る」って言うじゃないですか?それですよ、それ。ね。coldsweats01

では、ここからは今日の指摘事項です。

●きらきら星変奏曲
(1)Var9:219~224、235~240小節目の左手は四分音符分伸ばし、227~232小節目のスタッカートと対比させること
(2)Var12:289小節目、他の右手の32分音符の最後の2音はいい加減に弾かない。次の小節の最初の音(四分音符)と合わせて3音をハッキリと弾くイメージで
(3)Var12:297~304小節目の両手の32分音符は、各小節の真ん中の1拍は軽く。鍵盤を触る感覚で。
(4)Var12:316,318小節目の右手の最後の1拍分(32分音符)は軽く浮かせていくイメージ。
(5)Var12:317,319小節目の左手の上の音はきちんと聴いて、それに右手を合わせていくイメージで。

●アラベスク#1
(1)6,8小節目の右手の入り方に注意。一呼吸置いて入ると合わせやすい。(今は右手左手がバラバラになっている)
(2)19~25小節目はテンポが落ちないように
(3)50小節目の最後の2拍(rit以降)はfのままでpにしない。pは次の小節から。
(4)66小節目の右手の下の音、(ファ)は全音符。最後まで鍵盤を押し続けること。
(5)66小節目は最後まで同じテンポ。(途中でritしない)ritは67小節目から。
(6)89~94小節目はテンポが落ちないように。(2)の指摘とと同じ
(7)103~105小節目はいきなり早くならない。左手を聴きながら、右手を合わせていくイメージ。

|

« レパートリー復活P | トップページ | 曲を仕上げる(ゲーム感覚 de メトロノーム) »

ピアノ」カテゴリの記事

レッスンに行ってきました」カテゴリの記事

コメント

私は絶対音感もないしリズムもちゃんと刻めないのでハノンをメトロノームにあわせてひいています。あんな簡単なものでも速度が揺れてしまう。スケールもメトロノームに合わせると自分がどこがよわいかすぐにわかってしまいます。
バッハはおそろしくて試したことがない。
です。

投稿: のぞみ | 2008年6月 3日 (火) 23時41分

こんばんは!

先生の前で弾くと汗でますよね!
私もヴァイオリンのレッスンで汗かき
ます(笑)家で練習したときより弾けなく
なったりもします。

タイマーみたいなメトロノーム、初めて
見ました~ 面白いですね。
でも、カチカチ(チーン)してる方が
メトロノームっぽい気がします(笑)

レッスン中の騒音(ずんちゃか)私も
すごく気になります って事は私も
お子様のようですネ・・・
ヴァイオリンのレッスン部屋の隣で他の
楽器のレッスンもしてるんですね、ギター
とかベースとか。けっこう響くから
リズムとか音程が崩れたりします。
やはり気になりますよ~!

でも、ぽりぃさんは「おこちゃま」じゃ
ないです。だって、レッスン記を簡潔に
明確に書いてらっしゃる、毎回拝読する
たびに、聡明な方なんだわ って思います。
それに、楽しいお話もありますし。
素敵なブログです・・・

投稿: ひろ | 2008年6月 4日 (水) 00時18分

のぞみさん、再びコメントありがとうございます!
普段からメトロノームを使われているんですね。その癖がついている、ってことだけでも素晴らしいことだと思います。
メトロノームって、実は私は大嫌いです・・
「好きに弾かせてくれ~~」っていつも思ってしまうんですよね~。
(機械になんか、支配されるもんか~!みたいな・・ちょっとおおげさ・・?)
でも、このシロモノが世に普及しているということは、やっぱりみんなが必要としている、ということなんですよねー。
その事実を素直に受け入れなくては、なんて思ってます。
私もバッハでメトロノームを試した記憶はありませんが、考えると末恐ろしくなりますshock

投稿: ぽりぃ | 2008年6月 4日 (水) 02時06分

ひろさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます!
>毎回拝読するたびに、聡明な方なんだわ って思います。
だなんて、そんな照れるじゃないですかぁ~~sweat02coldsweats01sweat02coldsweats01
でも、それは「ぽりぃ」の実物をご存知ないからですねー。ということは、このイメージを保つためには、実物はお見せできませんねsecret
私はひろさんのブログ大好きですよ~。何しろ、と~~っても、かわいいですし、「あ~、今日は何を書いてらっしゃるのかな?」と毎日お邪魔したくなる魅力があります。
ということで、これからも常連として遊びに行かせて頂きますので、よろしくお願いします。(m(._.)m)
ところで、タイマーみたいなメトロノーム、ひろさんもお初ですか?やっぱりメトロノームは「チーンbell」って音がしてはじめてメトロノームですよねhappy01(勝手なイメージかもしれませんが)
レッスン中の雑音は、確かに子供じゃなくても、やっぱり気になりますよね。特にベースの音は響いてくるのでリズムが乱れる気がしてすごく気になります。
なんてことに文句を言えるほどの腕じゃないんですけどねcoldsweats01

投稿: ぽりぃ | 2008年6月 4日 (水) 02時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レパートリー復活P | トップページ | 曲を仕上げる(ゲーム感覚 de メトロノーム) »