« オペラに行ってきました | トップページ | レッスン(3回目) »

YAMAHA YDP-S30

今日は私の愛用機をご紹介します。

Yamahaydps30_2[機種] YAMAHA YDP-S30
[鍵盤] グレートハンマースタンダード(GHS)88鍵
[ペダル] 3本 (ダンパー、ソフト、ソステヌート)
[音源]AWMステレオサンプリング

ヤマハのクラビノーバ(CLP, CVP)シリーズに比べると、価格もお手頃(10万以下)で、いわゆるエントリーモデルです。YDPシリーズの中でも最もエントリーモデルというものあって、細部の作りはやっぱり「チープ感」が否めない(なんと、べダルがプラスティック製!)のだけど、先代の61鍵キーボードから比較すると、ずっと生ピアノに近づいているので、今のところ満足してます。Simple is bestってことで・・。

[気に入っている点]
・GHSだけあって、鍵盤のタッチが生ピアノに近いこと。若干重いかなぁ~(今の電子P技術ってすごいね!)
・ペダルが3本ついてること(プラスティック製だけど踏んでるときには見えないから)
・付録でついてきた、楽譜が意外によかった(有名曲が50曲もオリジナルのまま入っていた!)
・もちろんヘッドホン端子付き(電子Pの一番の魅力だよね。夜中でもガンガン弾けるのだ!)
・フタを閉じると物置になる(!?)

とりあえず、今はこんな感じで満足しながら日々弾いてます。とはいえ、やっぱり電子Pはされど電子P。生ピアノと比較すると微妙感で劣るのは必至。いずれは物足りなくなってしまうのかなぁ・・・。そのときは、ダンナ様に頭をさげて、実家から生ピアノ(もちろんアプライト)を取り寄せるしかないのですかねー。

余談ですが、先週のレッスンの後、「電子Pは微妙感が出なくてダメダメ!」と思ったのだけど、そこはマスターボリュームを上げることでとりあえず対応可でした。今までマスターボリュームを小さくしすぎていたので、とにかく「ガンガン」鍵盤を叩いていた為、先生のGPではPも全てffになっていたようでした。マスターボリュームを上げて、鍵盤を優しく叩いたら、Pの音が出ました。(気がします。)
というわけで、これからはこの方法でPの音出しを練習しようと思います。

明日は、レッスン3回目。楽しみです!

|

« オペラに行ってきました | トップページ | レッスン(3回目) »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オペラに行ってきました | トップページ | レッスン(3回目) »